ツルゴアXXX

ARTICLE PAGE

29 2015

ダスティン・グエン&デレク・フライドルフス/バットマン:リル・ゴッサム 2

リルゴッサム2巻表紙
♫ アーカムでの12日目、愛しのプリンちゃんがくれたのは…
銃を撃つデッドショット12人…遊んでるペンギン11人…
…飛び跳ねるクリーパー10人…リーグ・オブ・アサシンズ9人…
…突然変異するマンバット8人…泥棒するサイレン7人…
…腐ってくアル・グール6人…難しいなぞなぞ5問…
丸石のコブルポット4個…ホタルファイヤーフライ3匹…
トゥーフェイスのコイン…
…そして恩赦状1枚 ♪♬

“リル・ゴッサム”仲間たちにまた会える!

バットマン、ロビン、ナイトウィング、オラクルたちいつものバット・ファミリーに加えて、今回はアクアマン、ブラックキャナリー、ホーク&ダブ、フラッシュといったキャラクターも登場!
ジョーカー、トゥーフェイス、クレイフェイス等々おなじみのヴィランから、ヒーローたちは楽しいひと時を守れるのか!?
独立記念日、サンドイッチの日、そしてコミックコンベンション……今度の舞台は東京湾も登場するぞ!


◆収録作品

2013年12月:Batman: Li'l Gotham #7
2014年01月:Batman: Li'l Gotham #8
2014年02月:Batman: Li'l Gotham #9
2014年03月:Batman: Li'l Gotham #10
2014年04月:Batman: Li'l Gotham #11
2014年05月:Batman: Li'l Gotham #12
デジタルコミック版#13-24と同内容。


◆関連作品過去記事
【バットマン:リル・ゴッサム 1】

◆As the year closes.
幸せなバットマンアース
幸せな世界

おなじみのキャラクター達がキュートなデザインになった、ほんわかほのぼのでコミカルな世界観のバットマン、『バットマン:リル・ゴッサム』の2巻が早くも発売!
こんなにサクッとリルゴが最終話まで完訳されて嬉しい限りです。

様々な祝日をテーマにしたエピソードが展開される本作、この2巻で取り上げられた祝日は以下の通り。例によって祝日ってわけでも無い物が混じってますがそれはご愛嬌。

7月4日:独立記念日
5月1日:労働者の日
11月1日:諸聖人の日
夏:サマータイム
11月3日:サンドイッチの日
12月25日:クリスマス


この他にも日本の旧暦の名称である水無月、8月のバカンスや落ち葉の季節(秋)など、祝日以外をテーマにしたエピソードもちらほらあります。
コミコンに行く回なんかもうカオスの一言。なんでゴッサムでそんなイベントが開催されているんだ。

『水無月』をテーマにした回は、日本の東京湾に怪獣が突如2匹出現、アクアマンと協力し、バットマン型ロボット「バタリオン」に搭乗して戦うという、当時『パシフィック・リム』が大盛り上がりしていたのに便乗したかのようなハチャメチャなストーリー。
ロボットを操縦してすっかりゴキゲンなダミアンが見どころです。

Batman_Lil_Gotham_Vol_1_7_Textless.jpg
カバーアートも何だかそれっぽい

『労働者の日』回はゴッサムヴィラン御用達の女大工、カーペンターを主役にした一編。
彼女がたまには仕事を休んでずっと先延ばしにしていたペットの犬小屋づくりに取り掛かろうとするお話なんですが、バットマンが次から次へとヴィランを倒してしまうために、色んな悪人からの修繕依頼の電話が鳴りまくる羽目になっちゃうという……
ハッシュがカーペンターに電話をかける下りは特にコントのような流れで思わず吹き出してしまいました。
というかカーペンターもそうなんですが、この2巻は妙にマイナーなバットマンキャラが数多く起用されていて結構新鮮です。

アニメ版バットマンバージョンで登場のヴィラン、クロック・キング(テンプル・フュゲット)、ケチャップやマスタードといった調味料を発射して戦う冗談のような戦闘スタイルのヴィラン、コンディメント・キング、並行世界のバットマンが集まる回ではゼブラ・バットマンなんてバージョンのバットマンまで登場しててもうネタがてんこ盛り。

もちろんネタ要素だけではなく、1巻に続いて心温まるエピソードも多いです。
秋が深まり、様々な植物が枯れてしまいすっかりダウナーなポイズン・アイビーを元気づけるため、ハーレイ・クインやキャットウーマン、そしてジョーカーがあの手この手で元気づけようとする回や、
久々にダミアンの母タリアの家、つまりラーズ・アル・グールの本拠地に遊びに行くという本編じゃまずありえない回
ダミアンがウェイン家のアルバムをアルフレッドと一緒に読んでバットファミリーの過去を振り返るという最終話など、クスリと笑えたりほろりと来る多種多様なエピソードが実に豊富で堪らない……!

◆感想
サメよけスプレーネタ
サメ避けスプレー!
『オリジナルムービー』ネタなど小ネタも豊富

面白かった!!
普段のバットマン本編がもう心を折りに来る勢いでシリアスなのもあってか、ページを読み進めるたびに心がどんどん癒やされていきました。
リル化してもゴッサムが犯罪都市なのはそのままなのに、人死にが出ないだけでここまでほんわかな空間になるなんてね!このアースは幸せな世界すぎる……
1巻もこの2巻もホント面白かったんで、これで完結というのは正直寂しいです。何かしらリルゴに新しい展開が来ることを期待したいところ。

あとこのリルゴシリーズはジョーカー大好きハーレイ・クインが毎回毎回ホント可愛いので、ハーレイファンにも強くオススメしたい!
個人的には『マッド・ラブ』に並ぶレベルのハーレイ萌えな邦訳だと思う。

ハーレイのヒロイン力
本作のジョーカーは本編とは違いキチガイ度は超低く、
むしろ気のいい兄ちゃんとして描かれている

ちなみに本作はグラント・モリソンの『The Multiversity Guidebook』によるとリルゴもDCマルチバースに組み込まれており、アース42に分類されているとの事。いつの間にかしっかり設定が作られてて驚き……!
【Earth 42】

そういやリルゴ、最後の最後までカレンダーマンが活躍しなかったのはちょっと意外でした(1巻のシンコ・デ・マヨ回にちらっと登場したぐらい)
『祝日や記念日などに拘って犯罪を行う』このヴィランはリルゴのコンセプトにピッタリなので、もっとスポットが当たると思ってたんですけどね~。
 
関連記事

3 Comments

bannki  

もしかしたらマイナーキャラ扱いなのかもしれませんが、アズラエルが2回も出てきたのが嬉しかったです。

2015/06/03 (Wed) 15:04 | EDIT | REPLY |   

michael  

>>bannkiさん
リルゴのアズラエルは「バットマンが一時期代役を頼んでいた」方みたいなんで中の人はジャン君っぽいですね。マイケル・レーン版のコスを着たりしてますが。
ダミアンと顔を合わせてたりするのは地味に貴重な絵面かも?

2015/06/03 (Wed) 21:08 | EDIT | REPLY |   

No Name  

邦訳だとコミックのマン・オブ・スティールぐらいでしか見れないマグパイが出てきてあまりのマイナーさに驚いたけど、メジャーヴィランを出さない縛りをしてたらしいBeware the Batmanに出てたんですね…
ダミアンと割りといい感じだったりする山城さんがクッソ可愛かった。でも、本編では既婚者で子供も居たような気がするんですが、それは……まぁ別アースだからいいのか。

2015/06/04 (Thu) 00:57 | EDIT | REPLY |   

Leave a comment