ツルゴアXXX

ARTICLE PAGE

04 2015

双海亜美/真美 設定メモ

亜美真美大島

【コミュ】
・二人とも大相撲を見るのが好き
(無印「前座」)

亜美「前座って……他のアイドルの前に、歌うの?」
P「そうだ。しっかり歌って、会場の雰囲気、盛り上げてきてくれよな」
真美「つまりー、真美は『じゅーりょー』なんだね?」
P「え? 『じゅーりょー』って……『重量』か? 重さと前座に、なんのつながりが……」
真美「ちがうよ~。そっちじゃなくて~、相撲取りのじゅーりょーだよ~」
P「あ、『十両』の方か。でも、どうして真美が、十両なんだ?」
真美「だって、横綱が出てくる前に、お相撲取るんでしょ? だから!」
P「まあ、言われてみれば、そんな感じかな。へー、真美は、相撲なんか見るのか?」
亜美「亜美も、見るよ! んとね、学校が終わってから、家に帰って、ふたりでお部屋で見るの!」
P「高尚な趣味だなあ」
亜美「こーしょー? 兄ちゃん、こーしょーって、どういう意味? 亜美、わからないよ……」
真美「真美達、ただおもしろいから、見てるだけだよ。夕方って、他にいい番組、やってないし」


・マンションに住んでいる
(無印「ある日の風景2」)

・亜美と真美に歌を教えてくれたのは、かつて二人が通っていた『かるがも幼稚園』のアケミ先生という人物
(無印「ある日の風景3」、OFA真美「EXエピソード2 #3」)

※無印「ある日の風景3」より

亜美「はい、兄ちゃん!もう、目、開けていいよ!」
P「ここは……、どこだ? 取材の帰りに、寄りたかったところって、この場所か?」
真美「うんっ! さて、ここはいったい、なんていうところでしょ~? ヒントは『なんとか園』!」
P「幼稚園?」
真美「そうっ! ここは~、真美たちが通ってた、『かるがも幼稚園』!」
亜美「亜美たちはね。ここにいるアケミ先生に、はじめて、歌、教えてもらったのっ!」
P「へー。じゃあ、その先生が、基本を、たたき込んでくれたわけだ」
亜美「基本かどうかは、わからないけど……。あの頃の亜美たちは、歌い方、メチャクチャで~」
真美「でも、おもしろいから、そのままでいいって。だから、お遊戯会とかも、好きにやっちゃった」
P「そうか。ふたりは、小さい頃から……」
P「困ったチャン、だったんだな」
真美「あっ、その言い方、アケミ先生に、そっくりだ~!」
亜美「先生も、よく言ってたよね。『今度は、なにをしたの、双子の困ったチャン』って!」


ちなみにOFAの真美EXエピソードにて久々の登場。歌のことでスランプに陥っていた真美を救うという重要な役どころ。

・料理は不得意で、掃除もニガテ。ただし団子とふかしイモといったごく簡単な料理は(見た目は悪いが)ちゃんと作れる
(無印「TV出演」「冬の仕事」、OFA亜美「ふれあい」、ミリマス「真美親愛度400」)

・亜美と真美はTVアニメ『ヤキニクマン』の大ファン
(無印「レコーディング(主題歌)」、SP「お忍びショッピング」「単発ドラマ撮影」、雑誌記者との約束、OFAふれあい亜美「EXエピソード3 #4クリア」、OFA朝のイベント真美「EXエピソード3 #2クリア」)
「THE IDOLM@STER MASTER LIVE 01」では真美が歌う「おはよう!!朝ご飯 Rem@ster-A」のゲストボーカルとしてヤキニクマンが登場(CV:串田アキラ)。
「Eternal Prism 01」では3rdシーズンまで放送が続いていることが判明し、OFAではとうとう放送が終了してしまったと描写されている。
(が、実は半年後に新シーズンが始まるというオチ)

ヤキニクマン
そしてアニマス7話ではとうとうその外見が明らかに
「アンパンマン」や「たこやきマントマン」的なイメージのヒーローだった


2015y05m17d_103001962.jpg
が、同話エンディングでのヒーローショーでのヤキニクマンのデザインは頭身が高く戦隊ヒーローっぽい
スーツアクターの人がデカすぎる

※OFAふれあい「EXエピソード3 #4クリア」よりノーマルコミュ

P「でも、DVDがある。寂しくなったら、DVDで見返せばいい」
亜美「え~!?でも、亜美のおこづかいじゃ、ぜんぶ買えないし……あっ!もしかして、兄ちゃんがプレゼントしてくれるの!?」
P「そ、そう……だな。アイドルの仕事をがんばってくれるなら、それぐらいは……」
亜美「ホント~!?ありがと、兄ちゃん~!!全50巻でコンプだから、よろよろー♪」
P「ご、50……!?」
P「(さっきまでの泣き顔がウソのような、満面の笑顔。今さら撤回は……できそうにないか)」


・サンタの存在を信じている。小2の時にサンタを待ち伏せして正体が父親であることを知ったが、その後Pとの会話で『父親は複数いるサンタの一人である』と解釈した
(無印「12月の仕事」)

・亜美と真美は歌の得意なパートが少し違う
(無印「C・レコーディング(CD)」)
※ただしゲームには特に反映されていない。

真美「で、亜美。レコーディングで、どっちのパート、歌う? 上? 下?」
亜美「ん~、多分、亜美が上、歌った方がいいよね。真美は下、歌って!」
真美「わかった! 真美もね、それがいいかなーって思ってたんだ! OKだよね、兄ちゃん?」
P「どっちでも、同じ気がするけど?」
亜美「んっふっふ~、そんなこと、ないよ~。最近、亜美と真美、得意な部分が少しちがってきたの」
P「へー、そうなのか。やってるうちに、自然と個性が出てきたのかもしれないな」
真美「もしかしたら、真美たち、そのうち、顔までちがってきちゃうのかなあ」
亜美「そしたら、ビックリだよねっ。ねえ、兄ちゃん。亜美たち、別の顔になった方がいいと思う?」
P「いいけど、すこし、さびしいな。そうなったら、これまで通り、二人一役はできなくなるし」
亜美「だよね~。でも、それはそれで、おもしろいかもっ。これまで、できなかった事もできるし」
真美「さびしがること、ないよ! 別の顔になっても、真美も亜美も、ずっと兄ちゃんと一緒だよっ!」
P(言いながら、俺の手を握り、ブンブンと振り回している。この関係は、変えずにいきたいな)


図らずも2での外見変化や単独デビューの伏線になっちゃっているコミュでもある。

そして、ミリシタのヒミツ①では亜美が「高いパートが得意」、真美が「低いパートが得意」と設定された。
・亜美と真美は算数のテストの点が悪い
(SP「F・チャンス1」)

・二人は同じクラスに配置されている模様
(SP「F・チャンス1」、THE IDOLM@STER2巻)
リアルでは双子はクラス分けの際に別々になるものらしいが、亜美と真美は小学校も中学校も同じクラス。
ただ学校側が要望を聞くという例も割とあるみたいなので、亜美と真美が同じクラスになることを強く希望したのかもしれない。

中学校での亜美と真美

・亜美と真美はブログを運営している。真美のブログには「今日の真美ルール」という人気コーナーがあるとのこと
(2「タイアップのお仕事」、OFA「真美の雑誌のお仕事」、OFA「ふれあいランクC、思い出3.3」)

・2で別々にアイドル活動を始めたのは、亜美と真美、どちらの方がモテるのかを決める『モテ対決』を行うため
(2「待ち伏せ再び」)

・亜美はエコが趣味
(2プロフィール、OFA「やよいランクC以上、亜美と真美プロデュース中ふれあい」、ミリマス「あいさつ」)

エコとは一体
2で追加された趣味でありながら作中で触れられることはほぼ皆無な謎設定
ミリマスのセリフを見る限り、本人もエコが何かよく分かっていない模様


Screenshot_2015-05-22-17-29-58.png
……だったのだが、2015年の誕生日セリフや、悩み相談コミュではエコの意味を理解していた

※ミリマス「悩み相談」より

亜美「あのね兄ちゃん、亜美、いつもエコのこと気にしてるんだ~。んで、なんかメチャイケなリサイタルのやり方ってないかな~、兄ちゃん!」

リサイクルのアイディアを伝える⇒亜美「おお~っ!それは亜美も考えたコトなかったっぽい!今度試してみるよ、兄ちゃん!やっぱ兄ちゃんは頼りになるね!んっふっふ~♪」

リサイタルのアイディアを伝える⇒「兄ちゃん、何言ってるの?亜美がききたかったのは、エコのやり方だよ~!もー、プロのデューサーとして、しっかりしてよね!」


OFA唯一のエコ設定拾いコミュ
OFAでも申し訳程度に触れられたコミュが1個だけ

・母親も亜美と真美に混ざってゲームをすることがある
(OFA「ふれあいEXエピソード1 #3クリア」)

・真美は発声練習の際「真美むめも」というオリジナルのフレーズを使う。当初は亜美が真美に言い放った意味不明な悪口だったのだが、いつの間にか真美のフレーズになった
(SP「F・チャンス1」、2「ユニットステータスドン引き」「すごい地方TVのお仕事 」、OFA「ふれあいランクC、思い出3.2」)

真ー美むーめもー!
仲直りした後に真美が実は気に入ったこのフレーズを亜美から譲ってもらったとか?

・外食の時は父親の趣味でコウモリ料理を出す店や刺身を丸かじりする店など癖のある料理店によく連れて行かれる
(OFAやよい「EXエピソード3 #3クリア」)

【関連書籍】
・アケマス時代は亜美が姉で真美が妹という設定。また、「ゲームボーイアドバンス」という趣味があった
公式プロフィール、プラチナアルバム、キャラクターマスター)

当初の姉妹設定
ゲームボーイアドバンス設定が消えたのは時代遅れだとか移植先がXbox360だからだとか推察ができるが、
亜美と真美の姉妹設定が入れ替わった理由は不明

・父親から「笑いが人を元気にする」と聞かされ、笑顔で皆を元気づけるためにアイドルを志願した
(プラチナアルバム)

・父親は医者であり、当時患者だった母親に遊歩道で突然プロポーズして結婚したというエピソードがある。また、現在は母親も病院で働いている
(プラチナアルバム、NO Make!第11話)
※無印時代は母親は専業主婦だった(無印「ある日の風景1」)

・ギャラは母親が管理しており、亜美と真美にはこづかいという形で支給されている
(プラチナアルバム)

・クラスの友達と仲良く話していると、シン君という男の子がよくちょっかいをかけてくる
(キャラクターマスター)

あ、でもね、男子の中にはイヤなヤツもいるの。女子が仲良く話してると、必ずイヤガラセしてくるんだ~。
「おい、双海亜美ー!おまえ、アイドルになるって本当かよ?笑っちゃうよな~」
ほら来た!いま来たシン君は、乱暴だし、すぐ悪口言うから超キラわれてんの。
「ホントだよ~。でもシン君にはカンケーないもんね。バイバーイ!」
亜美に言い返されても、シン君、ゼンゼンめげてないみたい。
「おまえみたいにウルサイやつが、アイドルなんか、絶対ムリ!真美の方がまだマシだよ」

***

今日は真美と超じゅーよー国家ひみつミーティングだよっ!話す内容はー、今日のシン君についてっ。
「ねー、真美。シン君てぢつは真美のことすきなんじゃないのかなぁ~?んっふっふ~」
「真美、ヤダよ!あんなお子様!それに、シン君は亜美が好きだと思うよ。んっふっふ~」
「えー!亜美もヤダよ!あんなお子様!亜美、どうせならもっと大人の兄ちゃんがいーな」
「そうだね、真美もナイスミドリの兄ちゃんがいい!ナイスヤングだと、もっといいー!」


【CD】
・雪歩も認めるほどの穴掘りの才能を持っている
(双海亜美/真美バースデーCD)

雪歩「プロデューサー大変ですぅ!」
P「雪歩までどうしたぁ!?」
雪歩「亜美ちゃんと真美ちゃんの穴掘りの才能はスゴイですぅ!」
P「そんな才能見出さないでくれ!亜美も真美も、それから雪歩も!アイドルなんだぞ?穴掘りの才能とかいらないから!」
亜美「兄ちゃんたいへ~ん!」
P「また亜美かぁ…どうした?」
亜美「恐竜の骨が出てきたぁ!」
P「えええええええっ!?」
真美「兄ちゃんたいへ~ん!」
P「真美も恐竜か!?」
真美「ううん、大判小判がざっくざく出てきた!」
P「ななななにぃ、埋蔵金かぁ!?」
真美「あとねー、なんか、黒い油も出てきたよ」
P「石油!?」
真美「あとねあとね、古い町の跡みたいなのも出てきたよー」
雪歩「遺跡!?すごい…すごいよ二人とも!」


・1stVision時代では双子での活動が「公然の秘密」という設定になっている事もある
(MASTER SPECIAL 02)

真美「だってりっちゃん、真美が出てきたらギャー!って言うでしょ?」
律子「真美が出てきたらって…ギャー!」
真美「ほらやっぱり」
律子「あ…当たり前でしょ!アンタ達なんでナチュラルに二人でしゃべってんのよー!」
亜美「いや~みんなをびっくりさせるにはバッチリだなーって思って」
律子「だからぁ、びっくりさせるだけではダメってさっきも言ったでしょー!最近アンタ達が双子な事バレバレな気もするけど…バレたら色々マズいのよー!」


・真美は「メタ発言」を繰り出すことがある
(MASTER ARTIST 2 -FIRST SEASON- 08)

※「MASTER ARTIST 2 -FIRST SEASON- 08」より

雪歩「うううっ…真美ちゃん、いきなりハードルが高すぎるよぉ~…超人気アイドルとか言われても、わたし、全然人気のない地味地味アイドルだよぉ~…」
真美「ええーそうかなぁ?ゆきぴょん、ケッコー人気あるって思うんだけどー?ほら!アイマスモバイルの人も、『壁紙とかはゆきぴょんのヤツの売り上げが高い!』って言ってたしー!」
雪歩「真美ちゃぁん!?いきなりメタな発言をしないでよぉー!」

***

真美「ゆきぴょん…ホントにごめんね?真美、あとでどんな願いでも聞いてあげるから許してぇ!」
雪歩「あの…ほんとにどんな願いごとでもいいの?」
真美「へっ…?まさかゆきぴょん…前から少しそのケがあるんじゃないかなって思ってたけど…まさか公式で真美のカラダをーっ!?」
雪歩「えええーっ!?ヘ、ヘンな誤解しないでよぉー!」


第4の壁を破壊しまくる真美。

【その他】
・亜美は、真美とケンカして一人になりたくなった時は押入れにこもる
(無印メール「ヒッキ→中」)

亜美でぃっす!
今、このメェル、おしいれン中でうってンYO。。。
真美とケンカして、ひとりンなりたいトキは、いつもおしいれにヒッキ→すンの。
だって真美、亜美が言お→としたコト、ど→じに言うんだもん。ホント真美のマネっこ!cho→ウザい!
メチャイカ<コ:彡ってるカラ、あと5分は、ゼッタイ仲直りしてやんないんだ→→→!!


・真美の好きな花はラフレシア。理由は「ちょーデカくて虫とか食っちゃう」のが強くてカッコイイと思っているため
(ハプニング☆ロケ)

ラフレシア大好き真美
※ただしラフレシアは食虫植物ではない。真美が勘違いしているのか制作スタッフが勘違いしたのか

・真美は左利き
(ファミスタオンライン、デレマス、OFA出迎えムービー)
左利き設定は恐らくシンデレラガールズで初めて設定されたと思われる。
この設定を踏まえ、ファミスタでは左投げ左打ちの選手として登場した。

左利き真美

2015y06m19d_102610674.jpg

2015y05m04d_174528817.jpg
しかしアニマスでは右利きであるかのように描かれている

・真美のほうがやや声が低い
(わう*アニ HOTレビュー2009年12月22日回)
それまでは特に亜美と真美で演技を変えることはしていなかったが、ファンの「真美のほうが声が低く聞こえる」という意見を受けて演じ分けるようになったとのこと。

・出身地は「東京都」
(ミリシタ「プロフィール」)
    
関連記事