ツルゴアXXX

ARTICLE PAGE

05 2015

高槻やよい 設定メモ

やよい9月の仕事

【コミュ】
・パン喰い競争では負けたことが無いのが自慢。また、『芸能人運動会』という番組の様々な競技で好成績を収めている他、Pとの草野球でホームランを打ったりしている。また、ビーチバレー対決ではやよいがボールを軽く打っただけで逆転した。しかしアニマスでは運動が苦手な設定になっている
(無印「10月の仕事」、L4U!、スロマス「ドキッ!アイドルだらけの水泳大会」)

運動神経バツグンなやよい
ゲームではプロデュース開始時点で既に体力や運動神経が高いやよいだが、
アニマスではアイドル活動を通して少しづつ体力が付いていったという描写がなされていた

またOFAでランクC以上、真プロデュース中に発生する夜のイベントでは毎日の家事のお陰で自然に体力が付いたと説明されている。

自然にまっちょちょん

・気が置けない関係の相手にはイタズラっぽい行動を取ることもある。また、春香に対してはわりと毒のある発言もする
(無印「E・ミーティング」、MASTER ARTIST 01、MASTER ARTIST 02、MASTER SPECIAL 01、Vocal Collection 02)

2015y04m05d_100941728.jpg

※例としてMA01より一部引用

春香「今回は、ボウルを抱えたままこけてどんがらがっしゃーん!とか、料理用温度計をバキィ!とか、そういうのは絶対!ありませんから!」
ζ*'ヮ')ζ「え゛え゛っ!?そんなこと言っちゃって大丈夫なんですか!?今まではそういうのばっかりだった気がしますけど、ホントに、春香さんにそんなことできるんですかー!?」
春香「う、うう…わたしって信用ないんだなー…」

***

ζ*'ヮ')ζ「転ばない春香さんなんて、納豆のない朝ごはんみたいなものかなーって!えへへー」
春香「あー…そっかぁ!転んでこそ天海春香ってことね!じゃあわたし、これからも今までどおり、1日に5回以上転ぶおもしろアイドルとして頑張るよ!ふふふっ!…あれ、なんか、自分の言葉にいま深くキズついた気もするんだけど…」

***

春香「ああっそうだ!3日前から書き始めた、わたしのポエムを読んでいくとか!」
ζ*'ヮ')ζ「うー…そんなことしたら、CDが売れなくなるかもしれませんよー?」
春香「ううっ…反論できない…」

***

春香「じゃーあー、(クッキーの)焼き上がりを待つあいだ、しばらくおしゃべりしてよっか!」
ζ*'ヮ')ζ「あっ、それなら大丈夫です!こんな事もあろうかと、できあがったものがこちらに用意してありまーす!えっへへー」
春香「ええっ!?いくらなんでも、それはないでしょー!」
ζ*'ヮ')ζ「はわっ!春香さん怒らないでくださいー!」
春香「待ちなさい!やよいー!こらっ!」
ζ*'ヮ')ζ「ご、ごめんなさいー!やりすぎちゃったかもー!」


SPの仕事終了後の会話によると、やよいは春香のことをお姉さんのように思っているとのこと。

P「そうか。やよいにとって、春香は、お姉さんみたいな存在なんだな」
やよい「はい! 春香さんはやさしいから、私、春香さんのことが大好きでーす!」


・母親はかなり弱気で心配症な性格。夫にもいつも「すみません」と謝っている
(無印「ある日の風景2」)

・絵を描くのが得意…と本人は思っている。周囲によると『すさまじい』絵とのこと
(無印「C・雑誌取材」)

・肌が弱く、うっかり日焼けすると後で大変なことになってしまう
(無印「夏の仕事」)

・高槻家は元々貧乏な模様。やよいの両親は「余裕がないから」という理由で式は挙げておらず、新婚旅行も行っていない
(無印「6月の仕事」、SP「C・チャンス1」)

・毎日はお風呂に入っていない?高槻家では「おフロの日」というものを設けている模様
(無印、SPストーリー「2週目夜」、L4U!アイドラ「やよいのバースデー」)

アイドラ・やよいのバースデー

※SP活動2週目夜の会話より

P「おつかれさま。初仕事もやったし、大変だったもんな。家に帰って、ゆっくり……」
P「フロに入ると、いいよ」
やよい「あ、はい……。でも、今日はたしか、おフロの日じゃ、なかったような気が……」
P「ん? 汗かいた時は、なるべく入るようにした方がいいぞ」
やよい「そ、そ、そうですよねっ。帰ったら、相談してみますっ。それじゃあ、またー!」
P「(なんか、すこし様子がヘンだな。なに、あわててるんだろ? ……ま、いいか)」


・献血はやよいの「やってみたいことリスト」の4位にランクインしている行為
(L4U!アイドラ「オフスケッチ やよい」)
「お菓子がもらえるから」とかそういう理由ではなく、純粋に人の役に立ちたいからだとか。

・やよいの髪の色は生まれつき
(SP「E・チャンス2」)

チャンス2Eランく

※やよいの父親の髪色が遺伝した可能性もある(アニマス7話DVD版)

やよ太郎の修正された髪の色
やよい父の髪の色はDVDでわざわざ修正された

・あずさのような大人の女性に憧れている
(SP「イメージチェンジ」)

あずささんのモノマネをするやよい

ちなみに無印ランクB「雑誌取材」でやよいを子供扱いする選択肢を選ぶと、子供扱いに不満を漏らすやよいが見られる。

やよい「あ、あの~、プロデューサー。記者さんってー、みんな私より年上ですよね?
その人達にとって……、私って、どんな風に映るんでしょう?」
P「娘かなあ」
やよい「あ……、年からいえば、それくらい?それでみんな、あんなに、笑ってくれるのかなあ?」
P「だと思う」
やよい「ちょっと、フクザツ~。もっとオトナ扱いしてほしいかも……」
P「(すこし、すねてるけど……、まあ、現実は、こうだろうな)」


・商店街のお姉さんがくれたお古の教科書を使っている
(SP「F・チャンス2」)

・非常に視力がいい
(SP「ライバルオーディション」、ラムネ色 青春 ボーナスドラマ)

目が逢う瞬間やよい曲コメント
あまり関係はないが、「目が逢う瞬間」を新曲に設定した時のやよいのコメントは秀逸

・高槻家は貧乏ではあるが、本来やよいが働かなければならないほど切迫しているわけではない模様
(2「初遭遇」)

やよい「当たりですっ!私、お姉ちゃんだから、アイドルのお仕事で、家族みんなを助けられたらなって思います」
P「そうか、それは……責任重大だな」
やよい「うー、働かないと食べていけないわけじゃありません。そこまでビンボーじゃ……。そんな風に見えますか?」
P「い、いや、そういうわけじゃないよ!そうか!家族を助けたいって言っただけだもんな」
P「(別に、やよいが家族を養っているわけではないのか。ちょっと大げさに受け取りすぎたようだ……)」


ただし、無印ランクE・雑誌取材(期待の新人)やランクE・ランクアップ時の会話では給食費が払えないほど切迫しているかのように描かれていたので、2と無印では経済事情が異なっているのかもしれない。

・なぞなぞが得意
(2「もっと地方TVのお仕事」)

・電子レンジが必要なときは隣のおばさんの家に借りに行っている
(2「もっと地方TVのお仕事」)

・DSを除き、アイドルの中で唯一携帯電話を持っていない
(無印、2)

・トップアイドルになってからは、神社で500円お賽銭ができるようになった
(スロマス「エクストラストーリーイベント」)

・髪が太く、くせっ毛なのが少しコンプレックス
(OFA「ふれあいランクC、思い出3.4」)

髪質を気にするやよい

※ちなみにこの髪質は母親からの遺伝(無印「営業(レコード店頭)」)
タッチコミュで髪をタッチすると、遺伝であることが判明する。

やよい「か、髪も~、ぬれてます?」
P「すこしな。やよいの髪、けっこう硬いんだな」
やよい「あ、はい……。お母さんに似て、ちょっと、ごわごわかも」


・父親に教えられ、小さい頃からサンタクロースや変身ヒロインの存在を信じていなかった。しかし弟達はやよいがプレゼントを渡す役をしているため信じている
(OFA「ふれあいランクA、思い出4.5」)

・人通りの少ない歩道でぼーっとしている事がある
(OFA「やよいEXエピソード2クリア後仕事後のイベント」)

CVynRGCVEAAuq61.jpg
わざわざ口で「ぼーっ…」と言っているやよい

【関連書籍】
・小学校の時、近所の空き地で開かれた町内のお祭りで皆の前で歌った時の感動が忘れられなかったことから、アイドルの道を目指し始めた
(プラチナアルバム、無印「ある日の風景4」)
家計を支えるためというのもアイドル活動の理由の一つではあるが、根っこはやはり「アイドルに憧れているから」というのが大きいのだろう。

・恋愛ドラマに興味はないが、恋愛自体には興味がある
(プラチナアルバム)

・やよいがアイドル活動をしている時は妹のかすみが弟たちの面倒を見ている。それが原因でかすみと喧嘩になったこともある
(キャラクターマスター)
詳細はこちらで⇒【アイマスネタ覚書:高槻かすみについて】

【CD】
・食べ物が少ない時は、弟たちや父親を優先して食べさせていた。この出来事はトラウマになっている模様
(MASTER LIVE 03)

やよい「浩司、かすみ…お姉ちゃんはいいから、二人はお腹いっぱい食べて…」
小鳥「ほわあああ!?なんだか幼少時のトラウマ体験っぽいものを口走っているじゃない!?」

~中略~

やよい「へへ…お父さん。わたしはいいから、お父さん食べてよ…だって、明日も朝早いんだし…」


このトークパートではやよいはしゃべり続けているが、小鳥たちの声が大きく被っているため非常に聞き取りづらく、はっきり分かるのは上記のセリフぐらい。

・普段着ている服は手作り。本人としては身の回りにあるもので精一杯オシャレをしているつもりらしい
(MASTER ARTIST 02)

・べろちょろには『隠し財産』が入っている
(MASTER ARTIST 02、SP「お忍びショッピング」)
※MA02での隠し財産の総額は165円だった。

・やよいのポシェット『べろちょろ』は春香と春香の母親の手作り。やよいが10年間使い込んでいたカエルのポシェットを作りなおしたもの
所属アイドルバースデーシリーズVol.3 カエルのポシェット、天海春香バースデーCD)

・高槻家に車はない
(Eternal Prism 02、アニマス7話)

・やよいにとってメロンは入院した時にしか食べられない幻の果物
(ファミソン8bit 01)

・虫が平気
(ANIM@TION MASTER 03)

小鳥「わわわわ、私も虫は苦手なのぉ~っ!」
伊織「そんなこと言ってる場合じゃないでしょ、アンタのほうが歳上なんだから、こういう時は頑張りなさいよぉー!」
小鳥「年上でも、苦手なものはあるのよぉ~!」
伊織「なななな、何言ってるのよしっかりしなさいよ年上でしょ~!?」
小鳥「そ、そんな、そんな私、ム…」
やよい「もーしょーがないですねー…はい!…えへへ、うちにはエサはないから、外で頑張ってねー!」


虫を殺そうとせず、外に逃してあげているあたりに優しさを感じる。

【その他】
・重度の高所恐怖症。だが食べ物で釣ると我慢できる
(ハプニング☆ロケ、L4U!アイドラ「プリマシリーズやよい」、アニマス6話)

ダウンロード

・やよい家では毎年クリスマスに「ケーキに見えるごちそう」を食べている
(アイマスチャンネル『ギャラリー』でのコメント 2013/12/24まで)

ケーキに見えるごちそう

・妹のかすみの年齢は9歳
(ミリマス「次世代アイドル!?高槻かすみ」)

・オセロが趣味と記載されているが、本人によれば家族の中で1番強いだけであって特別得意なわけではないとのこと。OFAでは「近所では3本の指に入るぐらい強い」らしい(ただし戦ったPによるとごく普通の強さ)
(プロフィール、無印メール「オセロ」、OFA「ふれあいランクE、思い出1.2」)

・野球が趣味ではあるが、これは弟たちとする野球ゴッコの事を指しており専門用語などには詳しくない。ちなみに弟たちの将来の夢はプロ野球選手
(プロフィール、無印メール「ブルペン?」「将来のユメ」、L4U「オフスケッチ」)
※その割に普段の会話や言い間違いネタなどで野球用語が混ざることはちょくちょくある(無印「ラジオ(ゲスト出演)」「1月の仕事」、SPストーリー、ミリマス「合同フェス終了時」など)。

一年のK

・ミリマスでは野球ゴッコではなく「草野球」となっている
(ミリマス「あいさつ」)

・自分のファッションよりも弟たちに似合う服を探す方が好き
(無印メール「女の子の雑誌☆」)

・現在住んでいる家は借家
(無印、SP「プレゼント対応」、OFAメール「私の夢」)

・べろちょろには魂が宿っている?
(ヴァイスシュヴァルツ「庶民派アイドルやよい」)

ヴァイスシュヴァルツ庶民派アイドルやよい

・出身地は「埼玉県」
(ミリシタ「プロフィール」)
    
関連記事