ツルゴアXXX

ARTICLE PAGE

29 2015

ブライアン・マイケル・ベンディス&マルコ・ジュルジェヴィッチ他/ニューアベンジャーズ:シージ

ニューアベンジャーズシージ表紙 ニューアベンジャーズシージリバーシブル表紙
『“何でだ?なぜヒーローを続けてんだ?”
 自由の戦士だからか?真の自由ってなんだよ。わかんねぇだろ。
 とても動機とは呼べねぇさ。
 それは大義名分でただの言葉だ。意味なんざねぇ。
 しゃあ何が動機か。最近やっとわかった。
 世界を駆けずり回って地球を守るのに必死こいても大概な人生にしろ…
 求めてるモンは割と凡庸なのよ。
 勝ちたいだけさ。下らねぇ戦争を…終わらせたい。
 平和な世の中を満喫してぇのさ。一人の自由な人間として。
 だからな、決めてんだ。もしまた同じ事がもう一度起きようと…
 必ず勝つ』

THE WORLD IS BROKEN, AND THE AVENGERS NEED TO FIX IT

善と悪の最終決戦、「シージ」の戦いの裏で繰り広げられた知られざる物語の数々。
ノーマン・オズボーンに激しい怒りを燃やすローニン。
奇跡の復活を遂げたスティーブ・ロジャース。
そして、“宿敵”たるフッドとの決着戦。
「ブレイクアウト」「セントリー」「コレクティブ」「シビル・ウォー」「レボリューション」「トラスト」「シークレット・インベージョン」「ダークレイン」「パワーロス」
ニューアベンジャーズの結成から連綿と続いてきた大いなる物語に、今、終止符が打たれる。

ニューアベンジャーズシリーズを締めくくる完結編『ニューアベンジャーズ:シージ』、満を持して登場!


◆収録作品

2009年11月:Dark Reign: The List - Avengers
2010年02月:New Avengers Annual #3
2010年03月:New Avengers #61
2010年04月:New Avengers #62
2010年05月:New Avengers #63
2010年06月:New Avengers #64
2010年06月:New Avengers Finale


◆関連作品過去記事
【ニューアベンジャーズ:ブレイクアウト】
【ニューアベンジャーズ:セントリー】
【X-MEN/アベンジャーズ ハウス・オブ・M】
【ニューアベンジャーズ:コレクティブ】
【キャプテン・アメリカ:ウィンター・ソルジャー】
【シビル・ウォー】
【アイアンマン:シビル・ウォー】
【ニューアベンジャーズ:シビル・ウォー】
【デス・オブ・キャプテン・アメリカ:デス・オブ・ドリーム&バーデン・オブ・ドリーム】
【ニューアベンジャーズ:レボリューション】
【マイティ・アベンジャーズ:ウルトロン・イニシアティブ】
【ワールド・ウォー・ハルク】
【ニューアベンジャーズ:トラスト】
【マイティ・アベンジャーズ:ベノム・ボム】
【シークレット・インベージョン】
【ニューアベンジャーズ:シークレット・インベージョン】
【マイティ・アベンジャーズ:シークレット・インベージョン】
【ダークアベンジャーズ:アセンブル】
【ニューアベンジャーズ:ダークレイン】
【キャプテン・アメリカ:ロード・トゥ・リボーン】
【ダークアベンジャーズ:モレキュールマン】
【ニューアベンジャーズ:パワーロス】
【キャプテン・アメリカ:リボーン】
【シージ】
【ダークアベンジャーズ:シージ】

◆JUST AVENGED!
邦訳版ニューアベンジャーズシリーズ、とうとう完訳!!
ここまで長かった……!第1巻となるブレイクアウトからこの最終巻まで一体いくら使ったのかはあんまり勘定したくない。

最終巻となる本書『ニューアベンジャーズ:シージ』は「ダークレイン」展開中のエピソードや増刊号であるアニュアル1話、そしてクロスオーバーイベント『シージ』のタイインと最終話である『New Avengers Finale』を収録。
タイインといってもセントリーとの戦いはシージ本編や『ダークアベンジャーズ:シージ』でさんざん掘り下げられたので、こちらではフッドと彼が率いるフッズ・ギャングとの決着がメインとなっています。
それと、シージ本編ではあっさり気味な絵だった「復活したスティーブとの対面」も本書できっちりと描かれてますよ!

フッズ・ギャングとの決戦

ニューアベンジャーズのシージタイインは、フッドがロキから受け取った魔石『ノルンの石』の効力で、ひと山いくらのB級ビラン達が超強化されて襲いかかるという内容。
シージ本編では殆ど出番が無かった分、こちらでフッド絡みの話が展開されてたんですねー。

マンドリルグリフィンリビング・レーザーといったマイナービランがスティーブとキャプテン・アメリカ(バッキー)、スパイダーマンとスパイダーウーマンを苦しめていくという光景はあまりに貴重。
そしてやられ方もB級扱いに恥じない感じのソレでした。
成り上がりを夢見て必死に底辺であがいているビラン達の会話とか、せっかく強化されても油断が原因であっさり敗北する描写とかがどうも見ていて切ない。
フッズ・ギャングの雇用条件に不満を漏らすグリフィンとか妙にリアル。

最後のエピソード『New Avengers Finale』は、隙を見て逃走したフッドとマダム・マスクをアベンジャーズが追跡し、「ラフト脱獄事件」で脱走したビランの最後の一人と対峙するという内容。
第1話という超序盤で描かれた事件もこの最終回でようやく解決します。「ラフトから脱走したビラン達の逮捕」はニューアベンジャーズ初期の活動目的でもありましたしね。
こういう最終話が第1話とリンクしている展開は大好物やで……!

◆PICK UP キャラクター ルーク・ケイジ
シージカバーのルーク・ケイジ「娘に公園デビューもさせてぇのさ…だから行くしかねぇ」

このニューアベンジャーズシリーズで僕はすっかりルーク・ケイジファンになりました。
というかニューアベンジャーズを読んでルークを好きにならない人は居ないんじゃないだろうか?

ラフトの脱獄事件の戦いに参加したことがキッカケでスティーブから直々にスカウトを受け、生まれてくる子供のために新生アベンジャーズに参加。しかしその後起こった『シビル・ウォー』の結果アベンジャーズは登録法支持派と反対派で分裂してしまい、ルークは反対派で構成された“違法”なチーム、シークレット・アベンジャーズのリーダーとして戦っていくことになってしまいました。
この出来事の少し前に娘のダニエルが生まれたばかりだというのに犯罪者として追われる身となってしまい、妻ジェシカを匿いながら終わりの見えない戦いに身を投じる羽目になったルーク。
家族ができた幸せをしっかり噛みしめる暇も無いままここまで命がけの戦いを続けており、なんというか不憫にもほどがあります。

そんな彼が本作でのハッピーエンドでようやく報われる事になるのだから、ここまで読み続けてきた感激もひとしお。
「ニューアベンジャーズの主人公は実質ルーク・ケイジ」だったと言っても過言ではないハズ!

◆感想
ニューアベンジャーズ大団円

ありがとうアベンジャーズ!!(ディスク・ウォーズ予告風に)
本書でとうとう完結というのもあって、もうヒーローたちのやりとり一つ一つが素晴らしい。
『シビル・ウォー』以降、ヒーローが虐げられたりビランに遅れを取る展開が続いてきただけに、本作でのハッピーエンドの感激も非常に大きいです。

邦訳『ニューアベンジャーズ』は読み続けて損はしないシリーズですし、昔のシリーズ物の邦訳のように刊行を途中で取りやめることなく発売され続けてきたので、これでようやく安心して人に薦められるぞ!
本作はマーベルの中心タイトルであり、ストーリーを追うにはクロスオーバーイベントの邦訳もある程度抑えなきゃいけないので財布がもの凄く軽くはなるのですけども(小声)。

ちなみに、本書で完結したニューアベンジャーズシリーズですが、あくまで完訳したのは第1シリーズであり、最終話以降はヒーローの復権が果たされたストーリーライン『ヒロイック・エイジ』(ダークレインと同じようなキャンペーンタイトル)に突入して、同じくベンディス脚本による第2シリーズがすぐさまスタートしていました。
【New Avengers Vol 2 (2010-2012)】

そして現在はジョナサン・ヒックマン脚本による第3シリーズが連載中!
【New Avengers Vol 3】

ニューアベンジャーズ完訳後のヴィレッジは一気に時間を飛ばしてのクロスオーバーイベント『AVENGERS VS X-MEN』や『AGE OF ULTRON』、そして『ヤング・マーベル』や『アベンジャーズ:エンドレス・ウォータイム』といった単発タイトルをリリースしていくようなのですが、その内しばらくしたらニューアベンジャーズの新シリーズも邦訳してくれないかな……?

まあそれは置いといて、約4年かけて一つのシリーズを最後まで訳しきったのは邦訳アメコミの歴史に残る偉業だと思う!
3巻目の『コレクティブ』から4巻目の『ニューアベンジャーズ:シビル・ウォー』を出すまでは1年もの間隔が空き、「シリーズ刊行打ち切っちゃったの……?」とヒヤリとさせられた事が今では懐かしい。
とにかくヴィレッジブックスさん、お疲れ様でした!!
関連記事

6 Comments

ban  

お世話になります。

マーベル系のアメコミにハマリ、アメコミに関するの紹介記事を探しているうちにこのサイトに辿り着きました。
以来、邦訳版のアメコミを購入する際、いつも参考にさせていただいております。

『ニューアベンジャーズ:シージ』、私も購入しました。
大円団を迎えて非常に感動しましたが、ブレイクアウトからの本シリーズを通してひとつだけ気になることが。

それというのも他でもない、謎のヒーロー、セントリーの件なのですが、「○○○○○の暗黒面が○○○なのではなく、○○○の中に芽生えた僅かな良心が○○○○○だった」という衝撃の事実が発覚したのは、いつの時点のことなのでしょうか?

私はてっきり、『ダークアベンジャーズ:シージ』か、この『ニューアベンジャーズ:シージ』でそのシーンが描かれているのだろうと期待していたので肩透かしを食らった気がしてモヤモヤが晴れません。
もしご存知であれば是非ともお教えください。

2015/04/03 (Fri) 00:26 | EDIT | REPLY |   

michael  

>>banさん
2chマーベルスレからの引用ですが、纏めるとこういう事みたいです。ダークアベンジャーズ#13の会話や描写はちょっと分かりにくいな…!
重大なネタバレなので未読の人は逃げてね!






















【マーベル】Marvel Comics総合25【マーヴル】より

70 : 名無しさん@お腹いっぱい。[] 投稿日:2015/03/03(火) 21:49:49.29 ID:FcrfwubK.net [1/1回]
ダーアベ:シージを読んだんだけど、ヴォイドの正体とかセントリーとの
関係とかがよく分からなかった。
結局ヴォイドは大昔から存在していた邪神みたいなもので、ヤク中の
ボブ・レイノルズが盗んだ血清の副作用でヴォイドと精神的に融合した
姿がセントリー、であってる?

71 : 名無しさん@お腹いっぱい。[sage] 投稿日:2015/03/03(火) 21:56:48.71 ID:JE3meYb2.net [2/2回]
全然違う
元々ヴォイドこそが麻薬中毒者ボブ・レイノルズ本人だったんだけど、血清呑んだ副作用で出てきたのがセントリーの人格
で、ボブのカミさんはDVで疲れ果ててたところにセントリーが出てきて、
「スーパーヒーローの妻」という地位に目がくらんで真相に口を噤んでたわけ

72 : 名無しさん@お腹いっぱい。[sage] 投稿日:2015/03/03(火) 22:22:14.67 ID:OJGnvyBp.net [1/1回]
モーセのシーン見る限り、ヴォイド(のようなもの)は昔から存在したみたいだし
血清飲む前のボブはタダのヤク中だったかと

ヤク中が血清を飲んだ影響でヴォイドと融合。そいつを教授がセントリーとしてでっち上げた
ボブ(ヴォイド)も虚栄心が満たされるからヒーローをやっていた
って事じゃないかね

73 : 名無しさん@お腹いっぱい。[sage] 投稿日:2015/03/03(火) 23:16:43.26 ID:fN5I2L8p.net [1/1回]
なんか、いろいろ後付されてワケわかんないことになってるんだな

ミニシリーズだけの存在でいてくれたほうがよかったような気がする

74 : 名無しさん@お腹いっぱい。[sage] 投稿日:2015/03/03(火) 23:23:40.75 ID:biryJsZc.net [1/1回]
原書派でもかなりわかりづれえよな
重要なパーツが小出しで散ってるから

75 : 名無しさん@お腹いっぱい。[sage] 投稿日:2015/03/03(火) 23:35:30.25 ID:lVh+MYmT.net [1/1回]
解説だと第2のキャプテンアメリカを生み出す計画の副産物であんなバケモノが
出てしまったけど

76 : 名無しさん@お腹いっぱい。[sage] 投稿日:2015/03/04(水) 00:05:27.91 ID:hM5aFo9/.net [1/2回]
セントリーに関しては、いろんな説を出してわざと正体を不明にして読者を煙に巻いてる感じ

77 : 名無しさん@お腹いっぱい。[sage] 投稿日:2015/03/04(水) 01:12:54.60 ID:4+yRmG1x.net [1/1回]
ジョーカーの誕生秘話的な?

78 : 名無しさん@お腹いっぱい。[sage] 投稿日:2015/03/04(水) 01:16:32.90 ID:Cuk0aOFx.net [1/1回]
単にライター間の設定のすり合わせができていなかっただけかと

82 : 名無しさん@お腹いっぱい。[sage] 投稿日:2015/03/04(水) 13:25:31.50 ID:hM5aFo9/.net [2/2回]
セントリーの生みの親のポール・ジェンキンスも、ミニシリーズで何度も
オリジンをひっくり返して混乱させてるし、ベンディス共々わざとでしょ

83 : 名無しさん@お腹いっぱい。[sage] 投稿日:2015/03/04(水) 15:41:16.44 ID:+2VuT5HI.net [1/1回]
セントリーはそういう出自があやふやな所も含めてスーパーヒーローに程遠い野郎だって事なんじゃないかな…多分

84 : 名無しさん@お腹いっぱい。[sage] 投稿日:2015/03/04(水) 15:44:21.74 ID:Xlkg78HP.net [1/2回]
それが正解だろうな

2015/04/03 (Fri) 19:05 | EDIT | REPLY |   

ban  

なるほど、そういう事だったんですね。

ヴィレッジブックスから通販限定で「ユートピア」が出版されるようですが、そちらにもどうやらセントリーが絡んでいるらしいので、もしや…と思ったのですが。

ある意味、ウルヴァリンに通じるものがありますね。
もっとも、ウルヴァリンは自分自身に記憶がなくて、セントリーの場合は自分以外の人間に彼の記憶がないわけですが。

非常に参考になりました。ありがとうございます。

2015/04/03 (Fri) 19:43 | EDIT | REPLY |   

No Name  

No title

すいません… 質問なのですがニューアベンジャーズのシリーズを何冊か持っていて、4月から大学に入るのでバイトなどで少しお金が入るので、このシリーズを無くなる前に に買ってしまおうと思うのですがタイトルがニューアベンジャーズ〇〇となっているもの以外にハウスオブM、シビルウォー、シークレットインベーション、シージも買おうと思っています。これだけでもかなりの額になるのですが、マイティーアベンジャーズやダークアベンジャーズも買わないと読んでいても内容がわからなくなりますか?
解説(薄い紙)が付いているので大丈夫ですか?
もしこの質問を見たら、ご指導お願いします。 長文で申し訳ありません。

2017/01/06 (Fri) 23:26 | EDIT | REPLY |   

michael  

>>No Nameさん
マイティーアベンジャーズやダークアベンジャーズ絡みのネタが出る時でも解説冊子で多少はフォローされている(詳細な解説は避けられていますが)ので、ニューアベンジャーズとクロスオーバー関係だけを読む形でも大丈夫だと思いますよ!

2017/01/07 (Sat) 22:14 | EDIT | REPLY |   

No Name  

ご回答ありがとうございます

ご回答ありがとうございました‼︎‼︎
本屋から無くなる前に買いにいきます!

いつもこのブログを参考にしてアメコミ選びをしています!これからもよろしくお願いします。!

2017/01/10 (Tue) 12:00 | EDIT | REPLY |   

Leave a comment