ツルゴアXXX

ARTICLE PAGE

28 2013

七人のマッハ!!!!!!!

七人のマッハ!!!!!!!
【原題】เกิดมาลุย 2004年【タイ】


デューは麻薬売買を取り締まる国家特殊部隊に所属する刑事。その正義感と格闘技と射撃の腕前を認められた彼は、国家特殊部隊の隊長リーダムロンとともに、東南アジア最大の麻薬王ヤン将軍を逮捕するための囮捜査官に任命される。2人はドラッグ・ディーラーになりすまし、ヤン将軍の組織との接触に成功する。
が、逮捕寸前のところで、ヤン将軍に正体を見破られてしまう……壮絶な大追跡の末、デューはヤン将軍をなんとか逮捕する。が、その代償はあまりにも大きかった……
この逮捕劇でリーダムロン隊長が命を落としてしまったのだ。刑事として生きる目標を失ったデューは失意の日々を過ごしていた。そんなデューの姿を見たタイ・テコンドーの金メダリストでもある妹のニュイは、彼を励まそうとスポーツ・チャンピオンの一団と共にする、タイ最北部の一体にある小さな国境沿いの村ファトンへの慰問に同行するよう、デューを誘う。
かくして2人はナショナル・スポーツ協会のグループと共に、ファトンへの慰問に出発。このメンバーの中には選手団のリーダー的存在で伝説のサッカー選手タク、器械体操のチャンピオンでもあるトゥクタ)、ラグビー選手ナイト、セパタクローのスター選手ジョーといったタイ王国の誇るトップ・アスリートたちがいた。彼らの訪問を村人たちは心から歓迎した。この穏やかな田園地方でのひと時はデューの傷ついた心を癒していった……
そのとき! 反乱軍のリーダー、ローファイ率いる武装ゲリラ舞台が村を急襲。無抵抗な村人たちを無差別に虐殺しだした。銃火器で武装したゲリラ兵の前に、武器を持たないアスリートたちは何もなす術がなく、村民とともに捕らえられてしまった……ファトンの村を占拠したローファイはこの模様をタイ政府に向けて放送し、犯行声明を送った。
「24時間以内にヤン将軍を釈放すること、さもなければ、ファトンの村人全員が死ぬこととなる。」
ローファイは自分の意志を示すために、村長をカメラの前で殺害してみせる。さらにローファイは切り札として、密かに保有していた核ミサイルをタイの首都バンコクに向け発射するようにプログラムする。この事実が、デューの中で眠っていた正義感を呼び覚ました。「この国を助けられるのは今ここにいる俺たちしかない!」
奪われたものを奪い返すために、アスリートたちは反撃の狼煙をあげた。村人も続く。いまやアスリートたちの鍛えぬかれた技は最強の武器と化し、ゲリラ兵たちを次々と蹴散らしてゆく。
果たして彼らの勇気と闘志は、村人たちを救えるのか?!
そして、バンコクに向けてプログラムされている核ミサイルの発射を阻止することができるのか。

ストーリーは超単純明快。
『刑事である主人公、デューはトップ・アスリートの一団ととある辺境の村に地方慰問に来ていた。しかし、その村が突如テロリスト集団に占拠されてしまったため、トップ・アスリートの面々とデューが反撃を仕掛ける…』という内容。
前作『マッハ!!!!!!!!』と同じく、『CGなし、ワイヤーなし、スタントなし』という凄まじくガチなアクションを売りにしています。
ぶっちゃけホントにストーリーはシンプルなので、とにかく迫力のあるアクションシーンを楽しむのがこの作品の最大のメインだと思います。
テロリストの手による虐殺シーンに尺が割かれていたりするのはちょっとマイナス。正直な話前作が良すぎたってのもありますね。

関連記事

0 Comments

Leave a comment