ツルゴアXXX

ARTICLE PAGE

09 2013

CUBE

CUBE1997CUBE
【原題】CUBE 1997年【カナダ】


立方体(キューブ)で構成された数々の罠が張り巡らされている謎の迷宮にいつの間にか放り込まれていたクエンティン(警官)、ハロウェー(女医)、レグ(女学生)、レン(脱獄のプロ)、ワース(建築設計士)、サガン(精神障害者)の6人。
彼らは部屋にある正方形のハッチ式扉の奥に記載されている各部屋固有の『部屋番号』をヒントに安全な部屋を特定して脱出を試みる…という『ソリッドシチュエーションホラー』のはしりとされる作品。

迷宮の雰囲気、終始張りつめた緊張感、冷や汗が出るスリル満点のシーン、部屋番号の謎など、先が気になってとにかく目が離せない。
スプラッタなシーンもあるにはあるのですが、それ以上に極限状態に置かれた人間が取ろうとする行動のほうが見ていて恐ろしかったです。
希望を見せたかと思いきや、次のシーンで絶望に落とし、次の展開が全然予想できない。

ただストーリー要素はかなり薄いです。
何故6人が閉じ込められたのかとか、この迷宮を作ったのは何者で、どういう目的があって迷宮が作られたのかという設定面の解説は一切無し。
(後に作られた続編シリーズで語られる)
エンディングも後味が悪い上にあっさり目。
あくまで彼ら6人の脱出劇を楽しむのがメインですね。
実は数字の謎解きにミスがあったりする(※リンク先ネタバレ注意)みたいですが、多少の荒さは充分許容できるぐらい、確かに面白い映画でした。

関連記事

0 Comments

Leave a comment