ツルゴアXXX

ARTICLE PAGE

11 2015

ジュマンジ

ジュマンジ予告編ジュマンジ
【原題】Jumanji 1995年【米】


1869年、深夜の森で2人の少年が大きな木箱を地中深くに埋めた……
1969年、製靴工場を営むニューハンプシャーの名家パリッシュ家の12歳になる一人息子アランは気の弱い少年で、厳格な父サムにいつも叱られていた。ある日、彼は工事現場の土中から、大きな木箱を掘り出す。それは「ジュマンジ」と書かれたゲーム盤で、アランはガールフレンドのサラとプレイをする。
ところが、このゲームは投げたダイスの目に応じた結果が実際に起こるのだった。アランはサラの目前で、ゲーム盤の中のジャングルの世界へと吸い込まれて消えてしまった。
それから26年後、アラン一家が住んでいた屋敷に、伯母ノーラに連れられたジュディとピーターの幼い姉妹が住むことになった。彼らは屋根裏部屋で「ジュマンジ」を発見してプレイしてしまい、吸血蚊、猿、そしてライオンを出現させてしまった。
そこへ、ピーターの出した目のおかげで26年ぶりに生還し、38歳になっていたアランも現れる。アランは元の世界に帰還できた事に狂喜乱舞するが、工場は倒産し、両親も既に数年前に他界していた。アランは姉妹と共にゲームを終了させて悪夢を終わらせようと決意、頑に拒むサラを無理やり参加させてゲームを再開した。
彼らの出す目により、屋敷中が人食い植物が覆い尽くすジャングルになり、アランを獲物と定めて執拗に追う英国人ハンターのヴァン・ペルトが現れたり、挙げ句にはゾウやサイ、シマウマといった動物たちが現れて大暴走をはじめ、街はパニックとなってしまう!

童話作家クリス・ヴァン・オールズバーグの同名絵本を大幅に脚色して映画化した、ファンタスティックなSFXアドベンチャー作品。
ゲーム内で起こったことが現実にも反映されてしまうという一見するとパニックホラーのような設定な映画で、ライオンが出現したり、巨大な虫が襲い掛かってきたり気持ちの悪い蜘蛛が大量に出てきたりするのですが、内容的にはパニック、冒険、友情、家族愛、コメディといった様々な要素がバランス良く詰め込まれている楽しい娯楽作品です。
どちらかと言えばファミリー映画かも。
幼少時に異世界に閉じ込められて26年間も孤独なサバイバル生活を送る羽目になったアランの境遇はゾッとしないけどな!
運よく帰還したら見事に浦島太郎状態で両親も他界しているというのは悲しすぎる。

当時はまだCG全盛期というわけではなく、ゲームによって出現する動物や怪物はやや作り物感はあるのですが、観客をハラハラさせるに足る造形にはなっていると思います。ただサルの造形がリアルっぽくないのは意図的らしい。
命にかかわる危機に直面しても、途中でゲームを中断することは出来ない。
次から次へとやってくる危機に主人公たちがどう立ち向かっていくのか……というのを見ているだけでもワクワクさせられる一作。
あとこの作品エンディングがまた良いんだ!最後の最後のシーンはホラー映画のお約束のようなアレだけど。

ちなみに、アランを執拗に狙い続けるハンターのヴァン・ペルト役は何故かアランの父親役と同じ人(ジョナサン・ハイド)が演じています。気付かなかった……
さらに映画公開後の1996年にはアニメも制作されてたり。日本では放映されていませんけどね。
【Jumanji (TV series)】



 
関連記事

0 Comments

Leave a comment