ツルゴアXXX

ARTICLE PAGE

16 2014

アイマスネタ覚書:765PRO ALLSTARSの変遷

765プロに所属するアイドルたち全員で構成されたユニット『765PRO ALLSTARS』
ただこのユニット名は時代によって表記や定義がよく変わる。はっきり言うとブレまくっている。
ここではこのユニット名がその時々によってどのように変化していったかを、ざっくりとではあるが紹介していく。

■2006年3月22日発売『THE IDOLM@STER MASTERPIECE 04』
「THE IDOLM@STER (GAME VERSION)」を765プロ全員で歌っているがユニット名は無し。

■2006年12月20日発売『THE IDOLM@STER MASTERWORK 00』
新たに美希が参入し、「THE IDOLM@STER (GAME VERSION)」を『IM@S ALLSTARS』というユニット名で歌っている。

■2007年10月24日発売『THE IDOLM@STER MASTER ARTIST FINALE』
ゲーム『ビューティフル塊魂』にも提供された楽曲「団結」を『IM@S ALLSTARS』名義で収録。
また、小鳥さんも一緒に歌う全員版の「i」ではユニット名が『IM@S ALLSTARS+』となっている。

■2010年6月23日発売『THE IDOLM@STER BEST OF 765+876=!! VOL.03』
響、貴音を加えて全員で歌う「L・O・B・M」にて『IM@S ALLSTARS++』というユニット名が用いられる。
さらに876プロアイドルも一緒に歌う「THE IDOLM@STER (GAME VERSION)」では『IM@S ALLSTARS1641』という特別ユニットが誕生した。

■2010年9月22日発売『THE IDOLM@STER MASTER ARTIST 2 Prologue』
『2ndVision』の設定に合わせて新規に作りなおされた「団結2010」を『IM@S 765PRO ALLSTARS』というユニット名で歌っている。

■2011年2月9日発売『THE IDOLM@STER 2 「The world is all one !!」』
「The world is all one !! (M@STER VERSION)」を『765PRO ALLSTARS』というユニット名で歌っている。
ここでようやく全員で構成された時のユニット名が『765PRO ALLSTARS』で固定される。

■2011年10月5日発売『THE IDOLM@STER ANIM@TION MASTER 03』
876プロも加えて全員で歌う「GO MY WAY!」が収録されるが、ユニット名が『IM@S ALLSTARS1641』ではなく『765+876PRO ALLSTARS』に変更される。

■2012年11月28日発売『ら♪ら♪ら♪わんだぁらんど』
ぷちどる達を加えた特別ユニット『765PRO ALLSTARS featuring ぷちどる』で「ら♪ら♪ら♪わんだぁらんど」を歌っている。

■2013年4月24日発売『THE IDOLM@STER LIVE THE@TER PERFORMANCE 01』
新曲「Thank You!」を新規に追加されたアイドル達と一緒に『765 MILLIONSTARS』というユニット名で全員で歌っている。
ちなみに従来の765プロアイドルだけで歌うバージョンではユニット名は『765PRO ALLSTARS』のまま。

■2013年9月18日発売『THE IDOLM@STER 765PRO ALLSTARS+ GRE@TEST BEST! -THE IDOLM@STER HISTORY-』
旧曲再収録に際し、『IM@S ALLSTARS+』『IM@S ALLSTARS++』『IM@S 765PRO ALLSTARS』といった旧来のユニット名もそのまま使われている。

■おまけ…2005年8月4日発売『太鼓の達人 とびっきり!アニメスペシャル』
765プロアイドル全員で「THE IDOLM@STER」を『アイドルマスターズ』というユニット名で歌っている。
最古のユニット名はアイマスではなく太鼓の達人シリーズで披露されていたという意外な事実。
【太鼓の達人 とびっきり!アニメスペシャル | アーティストコメント&サントラ情報】

アイドルマスターズ太鼓の達人とびっきりアニメスペシャル
妙にモテモテな春香さん

余談だが、太鼓の達人シリーズに収録されているアイマス曲は「Do-Dai」や「エージェント夜を往く」、「魔法をかけて!」などの全員版が聴ける貴重なゲームだったりする。

   
関連記事

0 Comments

Leave a comment