ツルゴアXXX

ARTICLE PAGE

30 2014

40男のバージンロード

40男のバージンロード予告編40男のバージンロード
【原題】I Love You, Man 2009年【米】


恋人ゾーイとの結婚も決まり、順風満帆に思われたピーター。しかし、彼の周囲は女友達ばかりで結婚式で花婿付添人“ベストマン”を頼めるような男友達……親友が居なかったことに気付く。
そこで愚直にも親友探しを始めたピーターだったが、なかなか思うようにはいかない。そんなある日、陽気な男シドニーと出会い、2人はすぐに意気投合、男同士のバカ騒ぎで盛り上がるようになるのだが……

***

結婚式を間近に控えた主人公が親友作りに悪戦苦闘しつつ、大切な何かを見つけ出していく姿をユーモラスに描いたコメディ映画。日本ではビデオスルーですが、向こうでは2009年度全米興収TOP15入りという高成績を記録したヒット作です。
わりといい年してから友人作りに必死になるという発想は、日常ではありがちだけど映画の題材としては地味に新鮮。

主人公のピーターはいいヤツなんだけど実に草食系タイプの男性で、下世話なジョークが飛ばせないタイプの人間。
女性受けする性格であり、本人もこれまで男同士でつるんで来なかった事を気にしていなかったんだけど、結婚式を間近にして恋人ゾーイの女友達の「男友達が一人もいない彼氏ってどうなのよ」という会話を聞いてしまい、ようやく問題意識が芽生えるわけなんですね。
で、友人作りの活動を開始し色々手を尽くしてみるのだけど、男同士のノリというのがイマイチよく分かっていないせいで上手くいかない。

……のだけれどある日、ピーターとは正反対の性格をした自由人な投資家・シドニーという男と知り合い、音楽の趣味が合ったのをキッカケに意気投合。ゾーイと過ごす時間を減らしてまで共に遊ぶようになっちゃいます。
ゾーイはそんなピーターに半ば呆れ顔。勿論ピーターが彼女に抱く気持ちは変わっていません。ただシドニーと子供のようにつるむのが楽しいだけなんです。
シドニーのおかげでピーターの日常はエキサイティングな物に変わり充実していくのですが、ピーターとゾーイは結婚を間近に控えているのもあり、それが後に彼らの間で問題になり始めちゃって……

ぶっちゃけストーリーはそこまで大きな驚きがあるわけではないんですが、こういう映画は会話のウィットさやテンポを楽しむものなんで充分満足。脇役も個性的なんだけどやっぱりシドニーが一番いいキャラしてる。
結構下ネタが多いんで多少は人を選ぶかもしれませんが、終始笑えるだけでなくピーターの悩みも丁寧に描いており、ラストではほっこりできる作品です。良いブロマンス映画なんでオススメ!

ちょっとした小ネタですが、この映画には1977年のテレビドラマ『超人ハルク』でハルクを演じたルー・フェリグノが本人役で登場します。劇中でハルクネタもちょくちょく盛り込まれるのでアメコミファンはニヤリとするかも。

関連記事

0 Comments

Leave a comment