ツルゴアXXX

ARTICLE PAGE

26 2014

ディスク・ウォーズ:アベンジャーズ 第35話「黒いスパイダーマン」 新規登場キャラまとめ

ニューヨークでは犯罪者と闘うスパイダーマンの行動が以前より過激になったと悪評を買っていた。
次元ホール発生装置を開発中のトニーを手伝うアキラとジェシカを残し、ヒカル、クリスそしてエドがその真相を確かめるべくニューヨークへ向かった。
現地で市民の不安や恐怖の声を聞いたヒカルたちはスパイダーマンを捜し出す。
だが、その姿は黒と白の不気味なコスチュームに覆われた不気味なものだった…。


デイリー・ビューグルのJ・ジョナ・ジェイムソン編集長大歓喜なエピソード。
ディスク・ウォーズ世界のスパイディは市民に広く受け入れられているヒーローだったのに、この事件のせいで評価がすっかり真逆になっちゃったよ!貴重なピーター幸せアースかと思ったのに!

35話ではディスクウォーズ世界でもピーターはデイリー・ビューグルでバイトしていた事が判明したり、ブラック・ウィドウが30話登場時よりもやや美人になっていたり、ウェブスイングを用いた戦闘シーンが派手に描かれていたりで見どころの多いエピソードでした。
しかしスパイダーマンの自警活動が過激になったと作中であれだけ取り上げられてたのに懲りずに銀行強盗を繰り返す悪人の肝っ玉は凄い。


今週のスパイディ見てこの実況動画思い出した
◆過去記事
【ディスク・ウォーズ:アベンジャーズ 第1話「最強の勇者たち!」 新規登場キャラまとめ】
【ディスク・ウォーズ:アベンジャーズ 第2話「ヒーロー全滅!?」 新規登場キャラまとめ】
【ディスク・ウォーズ:アベンジャーズ 第4話「助っ人ホークアイ」 新規登場キャラまとめ】
【ディスク・ウォーズ:アベンジャーズ 第6話「ハルク大暴走!!」 新規登場キャラまとめ】
【ディスク・ウォーズ:アベンジャーズ 第9話「消えたスパイダーマン」 新規登場キャラまとめ】
【ディスク・ウォーズ:アベンジャーズ 第10話「対決!銀色のサムライ」 新規登場キャラまとめ】
【ディスク・ウォーズ:アベンジャーズ 第11話「トニーからのプレゼント」 新規登場キャラまとめ】
【ディスク・ウォーズ:アベンジャーズ 第12話「無敵連発!ジャガーノート」 新規登場キャラまとめ】
【ディスク・ウォーズ:アベンジャーズ 第13話「重力上等!グラビトン」 新規登場キャラまとめ】
【ディスク・ウォーズ:アベンジャーズ 第15話「城の秘宝をさがし出せ」 新規登場キャラまとめ】
【ディスク・ウォーズ:アベンジャーズ 第16話「制御不能の野獣たち」 新規登場キャラまとめ】
【ディスク・ウォーズ:アベンジャーズ 第17話「その男、ウルヴァリン」 新規登場キャラまとめ】
【ディスク・ウォーズ:アベンジャーズ 第18話「ミュータント少女覚醒」 新規登場キャラまとめ】
【ディスク・ウォーズ:アベンジャーズ 第19話「奪われたヒーローたち」 新規登場キャラまとめ】
【ディスク・ウォーズ:アベンジャーズ 第20話「危うし!ウルヴァリン」 新規登場キャラまとめ】
【ディスク・ウォーズ:アベンジャーズ 第21話「X-MEN!ロキ城へ」 新規登場キャラまとめ】
【ディスク・ウォーズ:アベンジャーズ 第23話「新たなる赤い恐怖」 新規登場キャラまとめ】
【ディスク・ウォーズ:アベンジャーズ 第24話「銀河のガーディアンズ」 新規登場キャラまとめ】
【ディスク・ウォーズ:アベンジャーズ 第27話「禁断のヒーロー登場?」 新規登場キャラまとめ】
【ディスク・ウォーズ:アベンジャーズ 第28話「地球破壊計画」 新規登場キャラまとめ】
【ディスク・ウォーズ:アベンジャーズ 第29話「国王ブラックパンサー」 新規登場キャラまとめ】
【ディスク・ウォーズ:アベンジャーズ 第30話「クリス 決断の時」 新規登場キャラまとめ】
【ディスク・ウォーズ:アベンジャーズ 第31話「エドひとりの潜入計画」 新規登場キャラまとめ】
【ディスク・ウォーズ:アベンジャーズ 第34話「新人アベンジャーズ?」 新規登場キャラまとめ】

◆ブラックスパイダーマン
ディスクウォーズブラックスパイダーマン本名:ピーター・ベンジャミン・パーカー
初出:1984年05月『Amazing Spider-Man #252』
CV:川田紳司

1984年のマーベルのクロスオーバーエピソード『シークレットウォーズ』にて、スパイダーマンが宇宙空間で発見し持ち帰ったコスチューム。
ウェブシューター無しで糸が出せたり、全能力がパワーアップするなど完全に上位互換のコスチュームだったものの、着ている間は何故か粗暴な性格に変化する副作用があった。

当初ピーターは、この黒いエイリアン・コスチュームは自分の意志に反応して自由に変形する便利なアイテムだと思い込んでいたのだが、ヒーローチーム『ファンタスティック・フォー』のリード・リチャーズに検査してもらった結果、実はこのコスチュームは自我を持った生物、エイリアン共生体の『シンビオート』だったことが判明。
共生体との関係に不安を覚えたピーターは、このコスチュームと決別することを選択するのだった。
しかしこの共生体を破棄したことが、新たなヴィラン『ヴェノム』を生み出すきっかけとなってしまう。
ちなみにその後ピーターはクライムファイターである女性、ブラックキャットから手作りのブラック・コスチュームをプレゼントされ、暫くの間このコスチュームを着用してスパイダーマンとして活動していた。

本作ではシールドの管理下においていた宇宙生命体『ヴェノム』が何者かに盗まれ、スパイダーマンが寄生されてしまったという設定で登場。

◆ヴェノム
ディスクウォーズヴェノム本名:エドワード・チャールズ・アラン・ブロックなど
初出:1986年09月『Web of Spider-Man #18』

※左の画像は36話登場時のもの。
超人的な力とスピード、そして蜘蛛の糸のような物を放ったり様々な物体の表面に吸着して移動できる能力を持つ、スパイダーマン打倒に執着しているヴィラン。

初代ヴェノムである元新聞記者のエディ・ブロックは、とある事件の真犯人逮捕の手柄をスパイダーマンに取られて以来、彼を恨むようになった男。スパイダーマンが一時期着用していた異星の共生体コスチューム(シンビオート)を入手してからは、スパイダーマンの能力を覚えていたそのコスチュームの力を使って復讐を開始するようになるのだった。
が、ある事件を契機にスパイダーマンとは和解し、後に共闘するまでの関係に発展した。

次にシンビオートはスコーピオンことマック・ガーガンというヴィランと遭遇し、彼を新たなヴェノムに作り変えてしまう。
エディとは異なり、ガーガンはシンビオートの凶暴な本能の影響下にあるため、気に入らない対象は容赦なく殺害しその肉体を喰らうという完全な怪物と化している。

本作ではシンビオートという種族名は用いられず、エイリアン共生体(作中では「宇宙生命体」と表記)そのものが『ヴェノム』と一括り(コミックではシンビオートにそれぞれ「ヴェノム」や「カーネイジ」といった固有名詞が与えられている)にされている上、36話ではなんとハルクがヴェノムと化してしまった。

 
関連記事

0 Comments

Leave a comment