ツルゴアXXX

ARTICLE PAGE

24 2014

キマシP

■概要
春香×絵理というややニッチなカップリング『はるえり』の百合m@s動画を主に製作されているニコマスP。トークロイド動画を作成しているボカロPのキマシタワーPとは別人です。
春香と絵理の間に出来た子供というオリジナルキャラクターを創作したりはるえりのコミュニティを自ら立ち上げるなど、このマイナーカップリングの普及に非常に精力的な方。
ちなみにアイマス以外では『艦隊これくしょん』のMMDを用いた百合ノベル動画を数多く発表されています。

■作品
アイマスDS水谷絵理編春香ルート再現


876プロアイドル、水谷絵理。
彼女は信頼しているプロデューサー、尾崎玲子とともに日々のアイドル活動に精力的に励んでいる。
また最近は765プロアイドルの天海春香と親しくなり、順調な毎日を送っていた。
そんな最中、彼女の周囲のアイドルが不幸な目に遭う不気味な事件が立て続けに発生。
しかも調査を進めていくうちに、絵理の周囲で起こっていた妨害工作は尾崎プロデューサーの過去が原因である事が判明する。
マスコミの手によって歪曲的な報道がなされ続けた結果、尾崎プロデューサーは絵理の前から姿を消してしまうのだった……


『第七次ウソm@s祭り』投稿作品であり、キマシPのアイマスMAD処女作。
春香と絵理が付き合い始め、また絵理が765プロ所属となった経緯が語られる重要な一作であり、これ以降に投稿されたはるえりノベの全ての起点となっています。
基本キマシPのノベマスはストレートに変態な春香さんと、彼女をいなしつつも何だかんだでベタベタする絵理の姿が描かれるコミカルな百合ノベマスなのですが、このシリーズは『尾崎さんと完全に袂を分かつ』Aランク敗退ルートが下地になっているため世界観はほんのりシリアス。
キマシP作品に触れる場合は、まず本作から見始めるのが強くオススメです。
春香のスマホ選びを手伝う絵理


スマホへの機種変を検討している春香にオススメの機種を相談された絵理。
絵理は専門用語を織り交ぜながら色々紹介するのだが、春香のぽかんとした顔を見て我に返り自己嫌悪に陥ってしまう。


本作から春香の立ち絵が2のものに変更、また珍しく春香の変態っぷりが皆無な一作です。
普段サイネリアと話しているノリで会話する絵理と、その辺の知識が皆無な春香とのズレが面白い。
絵理「春香さんのばか,サイネリアにいいつける」


必死に絵理に対してエッチの要求をし続ける春香。
絵理はそんな春香の要求を拒み続け、また春香の“ある発言”が原因でとうとう拗ねてしまう。
次の日、結局絵理の機嫌を直すことができず落ち込む春香にサイネリアから電話がかかり……


過去作『アイマスDS水谷絵理編春香ルート再現』の流れを踏まえて作られたはるえりノベ。
男子高校生のような性欲を見せる春香さんがもう……
拗ねた絵理と二人の間を取り持ってくれるサイネリアのカッコよさに注目な一作です。
春香と絵理でタイピングオブザデッド


執筆活動が多いのだからパソコンで文書を作成することを覚えたほうがいいと絵理に薦められる春香。
手書きの方が早いからとパソコンに手を出すのを渋っていたが、練習用にとタイピングゲームを持ち出した絵理が「初期設定のアーケードモードをクリアできたらなんでもひとつ言うことを聞いてあげる」と提案したことで俄然やる気を出す春香。
絵理とエッチするという野望を叶えるため、絵理も驚くほどの好プレイを披露するのだった。


『第七次ウソm@s祭り』投稿作品であり、セガのタイピングゲーム『ザ・タイピング・オブ・ザ・デッド 2004』を用いた架空戦記。
このタイピングゲームは初期設定ではなかなかクリアが厳しいのですが、本作の春香さんは凄まじい早さでタッチタイプをこなしていきます。
普通にハイレベルプレイとしても楽しめる一作。
絵理の看病をする春香は大切なことに気づいた


何故か不在の絵理の両親に代わり、熱を出した彼女の看病をする春香。
そんな最中、絵理の身体を拭いてあげるという一大イベントが発生し……


絵理の身体を拭いている最中、必死にムラムラするのを抑える春香さんの自制心たるや。
全体的にほのぼのとした百合ノベマスではあるものの、絵理の両親が殆ど家に居ないことを知った春香さんが「家族の形」について思い悩む真剣な一幕もあったりする一作。
絵理の鎖骨をなめたい春香のユリユリロンパ


絵理に鎖骨をなめさせて欲しいと懇願するがにべもなく断られる春香。
そこで春香は論理的に鎖骨をなめる理由を述べ、全力を持って彼女への説得を試みる。


怒涛の勢いでくだらなすぎる提案を押し切ろうとする春香の百合コメディ作品ですが、説得と言っても肝心の発言は絶妙に意味がわからないので完全にゴリ押しだったり。
ふたりの腕で…


オーディションを目前にして緊張している千早を元気づけるため、「気楽にやろうよ!」と励ます真美。
しかし次の日も合否判定を気にして千早は暗い表情のままだった。
泣きそうな表情の千早を見た真美は、彼女を安心させるために思い切った行動に出る。


『カップリングカバー企画』と題し、ケアルラPと互いの推しカップリングを交換して製作されたちはまみ百合ノベ。
精神的に脆い部分のある千早が真美に甘えてしまう構図が堪らない。
それにしても圧倒的な百合空間を感じとって場から引っ込むPの空気の読みっぷりときたら。
えり汁


昨夜春香と一緒に寝ている時にベッドでおねしょしてしまった事をサイネリアに報告する絵理。
しかもその際、なんと春香はおねしょした所をここぞとばかりに吸い始めたのだ!
あまりの変態的行動に今日までショックを受けていた絵理だったが、サイネリアとの会話中に春香の行動の真意に気付き……


『やにょm@s』投稿作品であり、春香の変態度が危険な領域に突入しはじめた一作。
ハイテンポなはるえりのボケのサイネリアのツッコミの応酬が楽しすぎるノベマスです。

■関連リンク
【キマシPの長文置場】
【はるえり総合】
【ニコニコ静画】
【pixiv】
【note】
【Google+】
【ツイッター】
【Youtube】
関連記事

0 Comments

Leave a comment