ツルゴアXXX

ARTICLE PAGE

12 2014

冷静に考えたらあの時代はあの時代で結構きつかった

すっかり新作格ゲーを作らなくなって久しいSNKプレイモア。こうなると2001~2006年頃の、出来はよろしくないが新作タイトルを乱発しまくっていたあの時代が幸せだったようにも感じられます。

とはいえSNKプレイモアがパチスロにばかりに注力するようになったのかといえばそうでもなく、一応現在もスマホゲー方面でちょこちょこ新作のゲームを作っています。
ソーシャルカードゲームは全然上手くいかなかったけど、今色々出してるスマホゲーはわりと軌道に載ってる模様。
タワーディフェンスゲームと化したスマホゲーの『メタルスラッグ ディフェンス』はなんと現在全世界で1200万ダウンロードを突破し、どんどんバージョンアップを重ねているとか。

メタスラディフェンス

ひょっとしたらSNKプレイモアになってから一番ブレイクしてるゲームかもしれない。
こないだ漫画「ハイスコアガール」が勝手にSNKのキャラを無断で使用していた事が話題となりましたが、その後プレイモアが出したプレスリリースでもユーザーを増やそうとちゃっかり宣伝していたぐらいですからね。

2014y09m12d_150433227.jpg
こんなプレスリリース初めて見た

大阪のゲーム会社だけあって浪速の商人感出てる。

『メタルスラッグ ディフェンス』以外にもスマホでKOF97やら真サム、そしてパチスロの移植やらをリリースしているプレイモアですが、その中で今僕がハマっているのは音ゲーと化したKOF『THE RHYTHM OF FIGHTERS』
ちょっと前はファイターたちが恋愛したり当然のように空を飛んでシューティングをしていたKOFですが、今度は音ゲージャンルに進出ですよ。
KOFシリーズはメインの冒険をせずに色んなスポーツに手を出しているマリオのような方向性を目指しているのだろうか。

ROF曲選択 ROF対戦画面
ROFサポートキャラ ROFエンディングy
地味に演奏画面がかつてSNKからリリースされた『COOL COOL TOON』を思い出す

ただありあわせの素材だけで作られているのかとおもいきや、リザルト画面でキャラが喋るセリフはなんと新録。
3言4言のセリフのためだけにわざわざお馴染みの声優を読んだのかと思うとなんかスゴイ。
それに曲のチョイスもKOFだけに留まらず、餓狼や龍虎、メタスラにサムスピ、COOL COOL TOONに果てはパチスロなど非常に幅広いです。んでもって新規アレンジ多数。

あとゲーム自体も普通に面白いです。サポートキャラにはクロード、アトミックガイ、シルバー中尉、ザ・レッドドラゴンなどが登場しており、妙に濃い人選がなされているのも個人的にツボ。
『デイズ・オブ・メモリーズ』みたいにその内据え置きにも移植して欲しい。

ちなみに今後のプレイモアの新作ゲームの発売予定タイトルはこんな感じです。
【発売予定タイトル】

steamへの旧作移植やスマホゲーが大半を占めていますが、地味に『アテナ』の新作があるのが気になるところ。
「ATHENAASAMIYA」というタイトルから主人公は麻宮アテナである事は間違いない。
しかもジャンルがRPGということはあのポリアテナが復活するのか!?あの苦行おつかいゲーが21世紀に復活するのかぁーっ!?

ポリアテナ






……と思ったら、その後公開されたビジュアルを見るに主人公は明らかにご先祖様の方でした。

アテナ新作ゲーム

設定どうなってるんだ。
 
関連記事

0 Comments

Leave a comment