ツルゴアXXX

ARTICLE PAGE

12 2014

onihitokuchi

■概要
ノベマス『大喜利やってチュっしてはああああああああん!』の制作者。
2014年8月現在投稿動画はこの一作のみなものの、動画のハイレベルな画作りとアイドル達のテンポの良い掛け合いは必見。

■作品
大喜利やってチュっしてはああああああああん!


「生っすか!?サンデー」の新コーナーとして『大喜利』を行うこととなった765プロアイドルたち。アイドル達の対応力を確認するため、Pの提案によりまず事務所内で大喜利をやってみる事に。
良回答が出る毎に1ポイント加算されるのだが、そこでアシスタントに抜擢された響は「10ポイント貯めるとPにキスしてもらえる」というとんでも無いルールを作るのだった!
このご褒美を聞いて俄然やる気を出す765プロアイドル達+事務員。
すっかりキス争奪戦となったこの大喜利大会で、いち早く10ポイントを貯めるのは果たして誰なのか!?


onihitokuchi氏の処女作であり、大喜利番組『IPPONグランプリ』のパロディとなっているノベマス短編。
動画序盤のハイテンションっぷりからDIOっぽい外見のPがハチャメチャな行動を取るのかとおもいきや、それを上回るかのようにアイドル達が暴走気味
IPPONグランプリ風のオシャレなOP、onihitokuchi氏自身による手書き立ち絵(Pのみ)と一枚絵、そして何よりお題に対するアイドル達のキレの有る珍回答などなど、とにかく見どころタップリな一作です。
申し訳無さそうに毒のあるネタを披露する雪歩、頑張っているものの滑り気味な千早、毎回放送コードに引っかかるネタをぶっこむ小鳥さんなど、ネタの方向性はそれぞれ個性的。
あと近年ハーレム物のノベマスはあまり制作されない(主観です)傾向にあるので、こういう設定を採用した作品は今見ると一周回って新鮮だったり。
関連記事

0 Comments

Leave a comment