ツルゴアXXX

ARTICLE PAGE

08 2014

世間的にはクソゲーでも思い出深いゲームは名作になり得る

家に初めてスーパーファミコンがやってきたのは、確か今から18年ぐらい前のことでした。
親がサプライズプレゼントとして驚かせようとしていたのか、保育園から帰るといきなりスーパーファミコンと、贅沢にもソフト3本が用意されていてビックリしたものです。

ちなみに初めて買い与えられた3本のゲームソフトは、『ストリートファイターⅡターボ』『つり太郎』『KAT'S RUN 全日本Kカー選手権』というメジャーとドマイナーが同居したカオスなラインナップでした。
両親共々テレビゲームをまったくプレイしない人だったんで、人からオススメを聞いたのかフィーリングでチョイスしたのかは定かではありません。
あと記憶するかぎり特にSFC本体をねだった覚えとかはないんですが、従兄弟や友人の家にあるゲーム機を羨ましそうに眺めていた姿を見て察したのかもしれません。
世間的には既に次世代機のプレイステーションで盛り上がっていた時期でもあり、SFC本体の価格が下がって買い与えやすかったというのもあったんでしょう。たぶん。

SFCを買い与えられてからというもの、『ストⅡ』はコントローラーを潰してしまうほどプレイしましたし、『KAT'S RUN』というドマイナーなレースゲームも何度も遊んでいました。
『つり太郎』だけは何だか難しく、ゲームのコツを掴むことができないまま延々と序盤のテナガエビ釣りで詰まってしまい、結局従兄弟にクリアしてもらうまでストーリーの全貌を掴めなかったんですけども。まさかテナガエビにあんな苦戦するとは……
後になって知ったんですがこのゲーム、かなりの高難易度ゲームとして語り草になっていたとか。

【『ブラックバス』や『ヘラブナ』のボス戦溢れる感じは必聴
基本ほのぼのとしたBGMが中心なのに謎の物々しさ】


そういうわけで、次世代機で世間が盛り上がる中、僕の家ではかなり長い間SFCが現役のゲーム機として活躍し続けていました。
実際SFCは98年頃まで色々なゲームが出ており、僕の周囲でも次世代機を所持している子供はほんの一握りだったんで、SFCの話題でまだまだ盛り上がれたんですよね。
何故か『ストリートファイターZERO2』が移植されたり次世代機に移行したはずのロックマンの新作がSFCで発売されたりと話題には事欠きませんでしたし(この頃からカプコンゲーのファンだった)

何故唐突に思い出語りの記事を作成したかというと、少し前にツイッター上でゲーム雑誌の蒐集家である『ゲーム探偵198X 【長之介】』氏に『KAT'S RUN 全日本Kカー選手権』の掲載記事をリクエストしたところ発掘してもらえ、公開された画像を見ている内に懐かしい気持ちになったからです。
っていってももう一ヶ月ほど前の話で、ただでさえマイナーなゲームの貴重な画像が流れてしまうのは勿体無いと思い自分用にブログで保存しておきたくなったというのも理由なんですが。


かなり楽しんでプレイしていた思い出深いゲームだったんで、ファミ通で酷評されていたという事実はちょっと切ない。
ただまあ思い返してみるとアイテムは投擲や設置系が殆どであり、投擲アイテムは真っ直ぐ投げるだけなんで対戦で相手にヒットさせるのは難しく、結局一定時間加速できるニトロ以外使いようが無かったこと、
マシン性能の格差が大きいため基本スポーツカー安定なこと、
レースの全体図が表示されず状況が掴みづらい事など色々荒い部分は確かに多かったんですけども!

グラフィックはしっかりしていたし(レーサーを追いかける婦警さんが特に可愛い)、実在の車を走らせるという『グランツーリスモ』に先駆けたアイデア、そして結構印象に残るBGMなど評価できる部分もちょこちょこあるんですよ。

【個人的にお気に入りなのは『ストリートレース』のストレートランモード、
ラスボス戦手前の夜の高速道路ステージのBGM(51:27より)】


最近バーチャルコンソールでSFCの配信が盛り上がっているようなんで、是非この『KAT'S RUN 全日本Kカー選手権』というレースゲームを配信して欲しい!
世間的にはクソゲーでも、僕みたいに思い入れのあるタイプの人間が必ず購入すると思うんですよね。
この手のさほど出来がいいわけでもないマイナーゲームは。

2014y08m08d_213358010.jpg

 
関連記事

5 Comments

久仁彦  

小学2年の頃にSFC本体と共に
『ドラゴンボールZ 超武闘伝』『ドラゴンクエスト5』を買ってもらった覚えがあります。
あまりソフトは買えなかったものの、子供の頃にSFC全盛時を体験できてる辺り
結構幸せなゲームライフを送れたと言えるかも。
でもラストのスライドパズルが難しすぎて『クレヨンしんちゃん』一作目が
未だにクリアできていないのが心残り。

>世間的にはクソゲーでも~
個人的にはGBの『マスターカラテカ』がそれで、
途中途中で中断しながらも3年がかりでクリアした思い出深いゲームです。
(というか2面ラストの門の攻略に3年費やした)
対戦プレイも楽しかったんだけどなあ、やる機会殆どなかったけど…。

2014/08/09 (Sat) 00:06 | EDIT | REPLY |   

No Name  

たまたまKat's Runをネットで検索していて偶然たどり着きました
この超マイナーなゲームを取り上げる人がいるとは・・・

このゲーム、当時、自分の周りのクルマ好きにはウケていました
というのも、実名の「軽カー」が登場するゲームなんて他になかったから
しかもスポーツ系のクルマだけでなくワゴンRとかも有ったりしたので

ちなみに今になってKat's Runを検索してたのは、最近なぜか
このゲームのBGMを思い出して気になったから
確かに印象的な曲が多いと思いますね(でなければとっくに忘れてるはず)

2014/08/10 (Sun) 13:05 | EDIT | REPLY |   

michael  

>>久仁彦さん
>ラストのスライドパズルが難しすぎて『クレヨンしんちゃん』一作目が未だにクリアできていない
『嵐を呼ぶ園児』……!友人宅でプレイしたことありますけど僕もエンディングを拝んだ事が無いですね……
あとミニゲームの度に毎回「しっぱいするとしんのすけのかずがひとりへる」ってメッセージを見た覚えがあります。デスゲームか!

>>No Nameさん
僕も今日び「Kat's Run」で検索して作成したての記事にアクセスする人が居たことにビックリですよ!
やっぱり本物の車を操作できるってのは(当時のゲームでは)面白いアイデアでしたよねー。
あと「BGMが印象に残る」という部分に同意してもらえて嬉しいです。

2014/08/10 (Sun) 20:49 | EDIT | REPLY |   

ゲーム探偵198X  

紹介頂きありがとうございます。
『世間的にはクソゲーでも思い出があれば名作』は正にそのとおりだと思います。
僕もそれを原則に紹介を続けております。
ツルゴア様の思い出、しかと僕の胸に届きました。
コメントではございますが、お礼申し上げます。

2014/08/20 (Wed) 13:36 | EDIT | REPLY |   

michael  

>>ゲーム探偵198Xさん
こちらこそ「KAT'S RUN」の貴重な紹介記事を発掘していただいて…改めてありがとうございました!
子供の頃に遊びまくったゲームなだけに、本当に懐かしい気持ちに浸れました。

2014/08/20 (Wed) 19:29 | EDIT | REPLY |   

Leave a comment