ツルゴアXXX

ARTICLE PAGE

05 2014

コキョ

■概要
ニコニコ静画上で、様々なニコマス動画のイメージレスポンス絵を投稿されている方。
写実調と漫画調の中間ぐらいな絵柄が特徴的です。

■作品
マスターアイドル


TVゲーム「マスターアイドル」で声優を務める事となった千早、やよい、美希、貴音、雪歩の5人。
彼女たちは『生っすか!?サンデー』にて担当キャラの紹介をしつつ、ちょっとした寸劇を行うのだった。


『超NovelsM@sterコンテスト』参加作品であり、コキョ氏のニコマス動画処女作。
アイドル達が写実的な絵柄で、本来の声優たちがアニマス調の絵柄になっているのが印象的。
アイマス声優のネタも大量に詰め込まれており、非常に面白いアイデアの一作なのですが……本作以前に投稿され、後に『OPにピッタリで賞』を獲得したタクPの作品『いつもと少し違うステージ挨拶(お前らは平常運転)』とネタ被りしてしまっていた模様。
ほんとうの765プロ

 

業界最大手のアイドル事務所『765プロ』の実態を、義永記者が事務所に直接乗り込み密着取材を行った。
その番組タイトルは「劣悪な条件で酷使される少女達、ブラック企業765の真実」
アイドル達は多すぎる仕事の量から家に帰る時間もなく、事務所生活を余儀なくされている。また、プロデューサーは1ユニットに一人ではなく、「一つの仕事につき一人のプロデューサーが付く」という特殊なスタンス。
体を張る仕事、他人の曲で大量のPVを撮るという「著作権とは何だったのか」な仕事など、その仕事内容は実に様々。加えて休み時間もカメラは回り続けるため、まったく心が休まる時間がない765プロアイドル達。
ここまで事務所に酷使されながらも、彼女たちが働き続ける理由とは一体何なのか?


ニコニコ動画上のアイマス二次創作、『ニコマス』の世界を、そのまま物語の世界に落とし込んだ意欲作。
本作最大の特徴は、作中に盛り込まれた大量のニコマス二次創作へのリスペクト&オマージュ!
「知る人ぞ知る」作品もあったりするため、全てのネタがわかった人は相当なニコマスファンだと思います。
あらすじだけ見ると暗い雰囲気の物語に思えちゃいますが、小ネタやギャグも多く、最後には普通に感動する良いお話。
オススメの一作です!

■関連リンク
【ニコニコ静画】
関連記事

0 Comments

Leave a comment