ツルゴアXXX

ARTICLE PAGE

01 2011

ボーパルラビット

タイトル_convert_20110228222306

『シンプルながら敵をなぎ倒す爽快感は抜群なアクションゲームがやりたい』
『んでもってグロい方がいい』
『それにリョナ要素があれば最高』

そんなニーズに応えてくれるフリーゲームがこの『ボーパルラビット』です。

入手方法はググってくださいね。

※本エントリーにはグロテスクな表現が含まれています。

~ストーリー~
※「Readme」より

「近頃村の近辺に頻繁に怪物が出現するので何とかしてほしい」


そんな村人からの依頼を受けた見習い神官のルカは調査の結果、
人里はなれた森の奥から次々と怪物たちが発生しているらしいことを突き止めた。
原因を探るべく森の中に進入したルカだったが・・・

~ゲーム概要~
本作は攻撃ジャンプのみで進んでいくシンプルなアクションゲームです。
難易度は「Practice」「Easy」「Normal」から選択可能。
「Practice」が最も低難易度です。

見習い神官である主人公『ロカ・ルカ』を操作してステージをクリアしていく事になります。

画面1_convert_20110228223607敵の動きのパターンを憶えるのが重要
攻撃に用いる短剣はもんのすげえリーチが短いため、
必然的に接近戦を強いられます。
慣れないうちは接触事故が多く、それが1ミスに繋がってしまう事も。

画面2_convert_20110228224225
また、ジャンプ中に身体の向きを変えることはできないという仕様であるため(Ver1.0.0.2現在)
ジャンプ攻撃に少しクセがあるのに注意。
(この手の仕様のアクションゲームは珍しくないですが)

モモンガ?_convert_20110301010053体力がモリモリ減る
敵に捕まったらレバガチャで抜けます。
画像の敵(モモンガ?)は半円状に動くためやや倒しづらいです。
スルーして進むのもありでしょうが。

画面3_convert_20110228224721ズバズバ切り伏せていくのはホント爽快

「ロックマンとかドラキュラとかみたいなアクションゲームに
 リョナ要素入れたら最強じゃね?
 という安易な発想から制作を試みた、そんなゲーム。」

※「Readme」より

とあるように、何度も死亡して憶えていくうちにサクサク進められるようになるゲーム性になっています。
敵を切り伏せたときに「ズババッ」という小気味良い効果音が入るのも良いカンジ。

ボス戦_convert_20110228230125
ボス戦は初見では激しく見え、さらにこちらの与ダメージがかなり低めというのもありますが、
数度戦えば充分活路が見えるのも程よいバランス。
(画像は一面ボスの不思議花(仮)…任天堂がアップを(ry

真っ二つ_convert_20110301010105真っ二つに切断

とかちつくちて_convert_20110228230213溶解液でとかちつくちて
この程度のリョナ要素は序の口。

ボス戦2_convert_20110228230151
いかにこちらの攻撃力が低かろうが敵の攻撃を覚えれば…!

~2面紹介~
2面_convert_20110301014455
足場から足場へ飛び移るという手に汗握るステージ。

2面2_convert_20110301014508
下にはリザードどもが待ち構えており、ある程度戦う事はできますが抵抗むなしく食べられます。

2面3_convert_20110301014522
あの手この手で下に叩き落そうとしてくるためヒヤヒヤします。
特にモモンガと弓兵が鬱陶しい。

2面ボス_convert_20110301014537
2面ボスのトゥイーティ・プラム
強力なカマイタチで攻撃してきます。
動きもすばやいためカプコン製アーケードゲームの2面ボスのようないやらしさ。

2面ボス2_convert_20110301014552苦労してココまで来たのに残機全部持っていかれる



いやらしい

~雑感~
本ゲームでは難易度をEasy以上に設定してクリアすれば好きなステージから始められ、
セレクト_convert_20110228230228

さらにNormal以上なら好きなエリアから始められるという嬉しい設計。
エリア選択_convert_20110301010116細かく選べます

現在難易度「Normal」でプレイしてます。
このほうが効率よくエリア開放できますしね。

いやしかしなかなか面白いフリーゲームに出会えました。

しばらくこのゲームをやり込む事にしますよ。
この先主人公はどんな目に遭うんだろうか。

とりあえず2面を頑張ってクリアしなければ…

またねー_convert_20110228230251
関連記事

0 Comments

Leave a comment