ツルゴアXXX

ARTICLE PAGE

02 2014

グラント・モリソン&フランク・クワイトリー他/バットマン&ロビン

バットマン&ロビン表紙

「ナイトウィングになっていれば、
 バットマンの後継者という責任を負わずに済んだ。
 彼がいるのは当たり前だって思っていられた。
 ダミアンのことも…
 アルフレッド、なんでこんなことになったのかな?」

「たしかにダミアン様は問題児です。
 ですが、あの粗暴な鎧の下には父親と同じ勇気と、意志の強さと、
 正しいことをしようとする正義の心がございます。
 あの子のなかにある善を引き出すことができる人はあなただけと思いますよ。
 ブルース様はあなたを誇りに思っておりました。
 今は特にそう思っていらっしゃるでしょう」


バットマン史上かつてない変革……
二代目バットマン、ついに登場!!

バットマンことブルース・ウェイン不在のなか、バットマンを引き継いだのは、愛弟子ディック・グレイソン(初代ロビン/ナイトウィング)だった。そして新たなるロビンになったのは、ブルースの息子ダミアン・ウェイン。だがダミアンは、冷酷な暗殺者集団に育てられた、殺人すら辞さない傲慢な少年だった……。
まったく対照的な新生ダイナミック・デュオに新たな敵が次々と襲いかかる!さらに、ゴッサムシティの新たな守護者を認めないレッドフードもサイドキックを引き連れて登場し……。
『バットマン・アンド・サン』から始まったグラント・モリソンによるバットマン・サーガの第二部がいよいよ始動する!


◆関連作品過去記事
【バットマン・アンド・サン】
【バットマン:ラーズ・アル・グールの復活】
【バットマン:ブラックグローブ】
【バットマン:R.I.P.】
【バットマン:ザ・ラスト・エピソード】
【バットマン:バトル・フォー・ザ・カウル】

◆収録作品

2009年08月:Batman and Robin #1
2009年09月:Batman and Robin #2
2009年10月:Batman and Robin #3
2009年11月:Batman and Robin #4
2009年12月:Batman and Robin #5
2010年01月:Batman and Robin #6
2010年03月:Batman and Robin #7
2010年04月:Batman and Robin #8
2010年04月:Batman and Robin #9
2010年05月:Batman and Robin #10
2010年06月:Batman and Robin #11
2010年07月:Batman and Robin #12
2010年08月:Batman and Robin #13
2010年10月:Batman and Robin #14
2010年11月:Batman and Robin #15
2011年01月:Batman and Robin #16
2011年01月:Batman: The Return


◆帯



怒りのアズにゃん

◆新生“ダイナミック・デュオ”結成!
モリソンが描くバットマン新サーガ第二部の邦訳がいよいよスタート!
計17話+作品解説を収録したすさまじい分厚さの邦訳本(全496ページ)となっております。
(ちなみに今のところ最も分厚い邦訳アメコミは全512ページ『ダークナイト』。多分)

前巻『バトル・フォー・ザ・カウル』のラストで“死亡”したブルースの後を継ぎ『バットマン』となる事を選択したディック・グレイソン。
ブルースの息子であり現ロビンであるダミアン・ウェインとコンビを組み、新生ダイナミック・デュオとして新たな事件に立ち向かう!
…のですが、粗暴な上に気難しいダミアンとの連携や意思疎通はそう簡単には上手くいかず、ゴードンを含めた警官たちにもバットマンとしてなかなか認めてもらえない始末。
こんな事でゴッサムに溢れだした新たな犯罪と戦うことができるのでしょうか…?

泣き言をいうディック
思わず泣き言をもらすディック

バットマンという重い名前を継いだだけでなく、ブルースの代わりにダミアンに教育を施す立場になったディック。そのプレッシャーは相当なものであるはず。
一方、なかなか人に心を開かないが父親に対する想いと内に秘めた正義感は本物のダミアン。
本作『バットマン&ロビン』はこの二人のヒーローとしての成長だけでなく、互いの間に信頼感が生まれるまでの過程を非常に丁寧に描いている作品です。

もちろん新勢力との戦いも注目点の一つ。
登場するヴィランは狂気に満ちたヤバい奴らばかり。
犯罪集団“サーカス・オブ・ストレンジ”の首領『ピッグ教授』は自らを芸術家と称し、誘拐した人間に肉のマスクを付ける狂人。
『バットマン・アンド・サン』収録の#666に登場した時のあの場面は何気に本作の展開の伏線になっていた事も読み進めていくうちに分かります。

ピッグ教授
本作『バットマン&ロビン』ではピッグ教授を筆頭に強烈な印象を残すヴィランが次々登場する

『フラミンゴ』という男はマフィアに脳を切り刻まれた結果狂い、容赦なく相手をいたぶり続ける暴力者。
(何気に彼も#666でチラッと登場済)
『女性の顔の皮を剥いで食す』という異常な嗜好を持っていてもうホントエグい。
昔のアメコミで登場してそうな奇抜なコスというのも不気味さに拍車をかけています。

そして2代目ロビンだった男、レッドフードことジェイソン・トッドも前巻に引き続き新たなコスとサイドキックを引き連れて再登場。
相変わらずディックを後継者とは認めず、「悪人を死体に変える」というやり方でバットマンの後を継ごうと二人の前に立ちはだかります。

新コスで登場のレッドフード
新コスのセンスはイマイチなジェイソン

ストーリーが進むと、ダミアンに母親のタリアと決別する時がやってくるという一幕も。
『アンド・サン』『ラーズ・アル・グールの帰還』でのタリアが息子思いのいいオカンにしか見えなかっただけに、ダミアンに対する愛情が普通の母親のそれとは違うことが判明するシーンはちょっとショッキング。

【バットマン&ロビン 用語解説補足】

◆感想
拗ねるダミアン
拗ねるダミアン

最高に面白い!
今まで読んだ邦訳バットマンの中でも上位に食い込むレベルで面白かった!
気難しいダミアンロビン快活な性格のディックバッツというコンビは、これまでのダイナミック・デュオの構図と逆転していてこれまたニクい。
あとディックバッツはブルースよりも背が低くやや線が細い。
格闘シーンの動きもナイトウィングのソレ(彼特有の大股開きキックとか)であり、ブルース・ウェインのバットマンとはまた違った魅力がありました。
それとバットマンとロビンに協力し続けてくれた小説家、セクストンの正体には本気で驚いた。

モリソンによる作品解説も収録されており読み応えたっぷり。詳細なキャラ解説だけでなく、どんな創作物にインスピレーションを受けて本作が作られたのかを窺い知ることができる興味深い内容です。モリソンの脚本に関するコメントを読んでると見事に彼の思うツボにハマっていた事が分かって悔しい(褒め言葉)

小プロの公式ブログでは「本作から入っても大丈夫!」とありますが、個人的には『バットマン・アンド・サン』『バトル・フォー・ザ・カウル』まで押さえてから読み始めてほしいかも。
本書単独でも確かに楽しめなくはないでしょうが、『バットマン&ロビン』ではそれまでのエピソードで登場したキャラの再登場、『R.I.P.』収録の短編やラストシーンとリンクする一幕、秘密結社ブラックグローブの“あの男”との真の決着と『R.I.P.』では描かれなかったその正体が判明したりするので。
これまでのストーリーの積み重ねがあってこその面白さを知ってほしい!一連のモリソンバットマンサーガとの繋がりがかなり濃い内容ですし。

そして本書のラストにはバットマン新サーガ第三部『Batman Incorporated』に繋がる準備段階のシーンやエピソードが。
ジロー・オサムもあのライダーの様な姿ではないですがちらっと登場)
このリランチ前最後のエピソードが訳されれば現行のバットマン『ニュー52』に追いつくことになるので、是非とも邦訳決定してほしいところ。

ちなみに本作『バットマン&ロビン』は、モリソンが『Batman Incorporated』の執筆を始めた後のニュー52直前まで連載が続いており、17話以降からは様々なライターがストーリーを執筆していました(リランチ後の現在は第2シリーズが開始中)
今回はグラント・モリソンが担当した16話までの邦訳(原書1巻~3巻を纏めたアブソリュート版)ですが、バットマンサーガ第二部としては今回収録されたエピソードで一区切りとなっており、17話以降は追加エピソード的な色が濃い模様。
とはいえ邦訳版以降のエピソードが収録されたこの原書TPB4巻もできればそのうち邦訳を期待したいところです。
4巻ではブルースとアルフレッド、ディック、ティム、ダミアンの五人で映画『怪傑ゾロ』を観るシーンがあるとか。話をちょろっと聞いただけでも気になってしょうがない。

みんなで観賞
なんだこのほっこりする光景…


4巻は#17~#25まで収録
最終話である#26は残念ながら単行本未収録

関連記事

1 Comments

森野大吉  

アズにゃん…。
それはさておき、おっもしろ~い、です。特にセクストンの正体はアストロシティ:コンフェッションのコンフェッサーのそれを上回ります。あとアートも良く、特にフレイザー・アービング氏がお気に入り。ディックとダミアンの義兄弟コンビが魅力的なので残りも邦訳して欲しいですねえ。
今月は金欠なので、20日と26日の分のコメントが出来ない森野でした(購入するにはしますが31日になるんで)。

2014/03/02 (Sun) 11:12 | EDIT | REPLY |   

Leave a comment