ツルゴアXXX

ARTICLE PAGE

13 2014

ターニャP

■概要
主に百合m@s作品を発表されている台湾人のニコマスP。
そのため作中の日本語やキャラの言動が偶に怪しくなる事があるのですが、作品を楽しむ分には支障が無いレベル。むしろ日本人にしか伝わらないような小ネタを自然に盛り込んでいたりするターニャPの語学力の高さに驚かされること請け合いです。
(とはいえ、基本的に投稿作品の多くは他の方による校正が入っています)

■作品
under the darkness


765プロを退社し、新たに芸能事務所『秋月プロ』を立ち上げた律子。
事務所には千早一人が移籍してくれたものの、人手も資金も足りない現状のために厳しい毎日を送っていた。
すっかり公園でやけ酒をあおる習慣がついてしまった律子の前に、ある謎の男が現れる。
「貴女の言う『宝』とやら、願わくばわたくしも見てみたく存じます……」
そう言い残し去っていった男。その後、律子は一人の少女と運命的な出会いを果たす。
その少女の名は星井美希。秋月プロの『宝』となるアイドルのタマゴであった。
こうして秋月プロはようやく軌道に乗り始めたのだが…


『百合m@s108式』参加作品であり、その後連載がスタートした百合m@s作品。
ゲーム『鬼畜眼鏡』を原案としており、ニコマス動画に時々用いられるネタタグ『鬼畜律子』が最もしっくりきている一作です。
ただし眼鏡がデフォとなっている律子が主役のため、「眼鏡をかけると鬼畜になる」原作とは異なり豹変する条件が謎なのがミソ。
またソロで再スタートを切った雪歩、千早がわざわざ移籍した理由、「家がない」美希の謎と、各登場キャラクターが抱えている問題も多種多様。
(作中で語られる「雪歩の失踪騒ぎ」云々については下記の『inferno』という作品を参照)
様々な登場人物の思いが交錯するストーリー。このシリアスな人間ドラマは果たしてどのような決着を迎えるのか?
今後の展開が気になるノベマスです。
inferno

 

孤独で押しつぶされそうになっていた時に支えてくれた雪歩に恋愛感情を抱くようになった貴音。
だが貴音はその気持ちを押し隠し、彼女の良き友人として近くで見守る事で満足していた。
そんなある時、貴音の前に雪歩と親しげに話す一人のアイドル、菊地真が現れる。
雪歩が真に対して自分には決して見せない表情を出している事に気付いた貴音は、己の中の嫉妬の炎を燃え上がらせる。
その後雪歩と話をし心を支えていたモノを失った貴音は、彼女を独占するために“監禁”という手段に出るのであった。


『刺しm@s』参加作品であり、『side:chihaya』1話+本編全5話で完結済。
病み気味な貴音とひたすらに優しい雪歩の二人を中心に描かれるダークな百合m@s作品。
ターニャPが連載している『under the darkness』の前日譚的な一作でもあるのですが、本作単体でも楽しめるよう作られています。
悲しげなストーリーでありながらもバッドエンドになる訳ではない、ヤンデレ物にしてはちょっと珍しいアプローチも堪能できる良質なたかゆきノベ。

■関連リンク
【ターニャの百合m@s日記】
【ツイッター】
関連記事

0 Comments

Leave a comment