ツルゴアXXX

ARTICLE PAGE

20 2013

まゆちゅP

■概要
主にMMDを用いてノベマスやダンス動画を発表されているニコマスP。
起用アイドルは765では雪歩、デレでは佐久間まゆメインであることが多め。
作風はユキージPカイザーPの影響を多大に受けている」と語っており、また基本的にどの作品にもナチュラルに百合m@s要素が含まれています。
余談ですが、初期はアニメMADやボーカロイドを使用した動画を投稿されていました。

■作品
春香はトブー


控室にて、突然欲情しだした真に襲われる雪歩。
そこへプロデューサーが颯爽と現れて雪歩を救おうとするのだが、真の反撃をもらいあっさりのされてしまう。
だがそこにまたも別の人物が乱入し…!?


計18分近いやたら長尺のはるゆき短編であり、シナリオがどんどんぶっ飛んでいくそのカオスさが癖になる凄い内容の百合コメディ。
序盤は雪歩を巡って様々な人物が登場するという天丼に天丼を重ねたギャグなのですが、それがすべてはるゆき要素に持っていくための布石とは初見ではまず気付けまい。
基本視聴者が予測できない方向に話が進んでいくため、振り落とされないよう注意しなければならない一作。
というかツッコミ役が作中に全然足りていない…!
どすこい雪歩ちゃん相撲部物語


力士の北尾光司に憧れた事をきっかけに、親友であり恋人でもある天海春香とともに女子相撲部に所属し、毎日鍛錬を続けている萩原雪歩。
しかし努力が結果になかなか結び付かず、後輩部員にまで稽古試合で負けてしまう日々を送っていた。
こんな状態で雪歩は試合に出て勝利を掴み、765学園を躍進させることが出来るのか。
そして春香との恋の行方やいかに!?


誰もが初見時はユキージPの新作と勘違いした、まゆちゅPの代表作とも言えるMMDドラマ。
本作は実力自体はあるものの、すぐ調子に乗ることと苦手意識が強くなりやすい性格のせいでなかなか勝利が掴めない雪歩と、そんな雪歩に色々なアドバイスを与えて引っぱってくれる親友(そして恋人でもある)春香の二人を中心に展開していくスポ根部活青春モノとなっています。

『アイマス×相撲』という突飛な組み合わせもあり一見するとイロモノ臭が強く、実際コミカルな場面も多いこの作品ですが作中の相撲描写は非常に丁寧で本格的。モーションもきちんと作り込まれています。
(より詳しい解説はブログやブロマガで公開されているのでそちらも必見)

それでも絵にするとやっぱりギャップが強いため、どうしてもちょくちょく吹き出してしまうのですが。
うっすらとキャラ崩壊を見せるアイドル達の言動も相まってよけいにシュール。
それでもスポ根モノの例に漏れずしっかりとした熱血展開も盛り込まれているので、ネタ要素を抜きにしてもおススメな一作。
雪歩の勇者様


雪歩が『グルーヴィーチューン』と名乗る謎の3人組にさらわれてしまった!
雪歩父から「もし救出してくれたら雪歩との結婚を認める」という約束を取り付けた春香はさっそく仲間を引き連れて、雪歩が捕まっている敵の本拠地へと乗り込むのであった…


『はるゆきm@ster2』参加作品である、ツッコミ所満載なギャグ系はるゆき動画。
『グルーヴィーチューン』の3人、美希、真、貴音との戦闘シーンは何故かガチ相撲。
『どすこい雪歩ちゃん相撲部物語』とは無関係の一作ですが解説シーンは例によって丁寧です。
シリーズに先駆けてあずさVS貴音の対戦カードが拝める点にも注目。
夢子ハンマー


夢子をさらったという脅迫文を受け取り、すぐさま手紙を送った相手が指定した体育館に向かう涼。
だがそれはPと雪歩の罠であった。
雪歩は涼を辱めるため、体育館に設置されていたリングのポールに彼を縛り付けて襲い掛かる!


『涼辱動画祭』参加作品。一応雪歩誕生祭の参加も兼ねているらしい一作。
内容は投稿祭のコンセプト通り、涼がもう色々とけしからん目に合うりょうゆめ動画となっています。
全体的に酷い展開(褒め言葉)でありながら、ラストにはしっかりオチが。
雪歩の宇宙を探求する貴音

 

貴音の事が好きだった雪歩は、勇気を振り絞りついにその想いを告白した。
両想いだったのもあり告白は無事成功したのだが、その後に貴音から「実は自分は宇宙人である」という驚きの事実を告げられる。
なんでも貴音の身体は「じいや」が造った人間体の器であり、人に本来あるべき穴や突起が無いのだとか。
貴音はきちんと愛を育めるよう、雪歩の体を参考にしたいと頼みだす。
そんなわけで雪歩は、自称宇宙人の貴音に己の肢体を事細かに観察される事になってしまう。


「消される!」と思われたものの、なんだかんだでずっと消されずに生き残っているたかゆき短編。

後にとーとー氏(貴音役)と由々氏(雪歩役)による声真似アテレコ版が発表。
(こちらはまゆちゅPに許可を取った上で、とーとー氏のアカウントから投稿された)
声真似のレベルが高いのも相まって、更にインモラルな雰囲気が増しております。
真ちゃん、見えちゃう!


「雪歩みたいな可愛い服を着てみたい!」という真の希望を叶えるため、雪歩は自宅にて自分の服を着せてあげていた。
大喜びして色んな服を着る真。
しかしあまり着慣れていないのか少し無防備な真の姿を見て、雪歩はハラハラムラムラするのであった。


『第二次エロm@s祭り』参加作品。
露出プレイについて妙に熱く語る雪歩がなんともいえない、若干フェチ要素の強い百合m@s。
プリンセスノーパン


貴音には『露出願望』を抱えているという誰にも言えない秘密があった。
普段の貴音はそれを「下着を穿かない」事で満たしていたのだが、ある日雪歩にその秘密を知られてしまう。
貴音の秘密を知った雪歩は、「誰にも言わない代わりに、一日一回四条さんの“きれいな部分”を見せて欲しい」という取引を持ちかける。
こうして弱みを握られ逆らうことが出来なくなった貴音は、雪歩の日々エスカレートしていく要求に応えざるを得なくなってしまう。


『第二次エロm@s祭り』参加作品。
内容自体は貴音を調教していくというソフトにエロい一作なのですが、雪歩の言動やMMDを使ったシーンの数々が微妙にシュールなため、視聴者からの冷静なツッコミコメも合わさりなんとも独特な雰囲気を醸し出しているノベマスです。
いや普通にエロティックな話なんですけどね!?
ままゆきほ


現場での休憩中、小さな犬に絡まれて怯えている雪歩を見かけた読者モデルの佐久間まゆ。
すっかり怯えきっている雪歩を助けようとまゆはその犬を引き付けようとするのだが、なんと逆に自分が犬に襲われてしまう。
だがそこで勇気を振り絞った雪歩が犬に立ち向かい、見事まゆから追い払うのだった。
この出来事以来、まゆは雪歩の事が気になり始め…?


佐久間まゆと雪歩のカップリング「ままゆきほ」を描いた非常に珍しいノベマス。
ちなみにこの動画の後、かつて雪歩がカバーした曲「アムリタ」を歌った声優・牧野由依氏が佐久間まゆのCVに選ばれるという出来事が起こり間接的とはいえ本当に雪歩とまゆに繋がりが出来た為、予言動画的な扱いを受けている一作でもあります。
乙倉ちゃんお花見ライブ!


ライブ前の写真撮影にて乙倉に用意された衣装のパンツがあまりに過激だったため、スタッフに別の衣装を用意させようとするCuP。
しかしリハの時間が押しているため、スタッフの提案でひとまず問題のパンツだけを脱がせ、後でフォトショで修正するという方法を取ることに。
だが乙倉はこの指示を額面通りに受け取り、代わりの下着を一切穿かずに現場に戻ってきてしまうのだった。


「こんな総選挙応援動画があるか!」な乙倉悠貴主役のギャグ短編であり、『[春らんまん]乙倉悠貴』で彼女が履いていた過激めなパンツをネタにした一作。そもそも確かに13歳の娘が着るような衣装ではない。
あと作中に登場するCuPの喋りが女性的なんだけど、これは女性なんじゃなくて単にオネエなだけと捉えればいいんだろうか。
【CuPはホモ】
まゆが求めたプロデューサー


美城常務からの通達で、新しく佐久間まゆのプロデュースを行うことになったP。
しかしPの営業力不足で、取ってこれる仕事はおおよそアイドルには似つかわしくない物ばかり……
それでもまゆは文句一つ言わず、Pに献身的に尽くすのだった。
そんなまゆだが、自分の誕生日のプレゼントに、Pにちょっとした「お願い」を要求してきた。
その内容とは……


佐久間まゆ誕生祭に投稿された、Pドルな短編作品。
近年のまゆちゅPはMMDPVを多く作成されているのもあり、冒頭に数秒ほどまゆのイメージPVが挿入されているのにも注目。
全編通して甘々な作品なんですが、Pが取ってきた仕事の光景は不意打ち過ぎて吹く。
あと、羽田リサを(名前だけとはいえ)登場させているノベマスはかなり珍しいかもしれない。

■関連リンク
【ニコニコ静画】
【ツイッター】
【繭地先生は真好き】
【まゆちゅPのブロマガ】
関連記事

0 Comments

Leave a comment