ツルゴアXXX

ARTICLE PAGE

14 2013

多面ホテップP

■概要
基本的に伊織が主役とした、独特な世界観で展開されるシュールな作品を数多く発表されているニコマスP。
味のある手書きイラストを用いてアイマス紙芝居や架空戦記モノを投稿されています。
初期はpixivを活動拠点としていた模様で、ニコニコ静画には投稿されていない作品も色々閲覧することが可能。

■作品
水瀬伊織と星井美希、宇宙に到達。


唐突に美希を引っ張り出して宇宙船に乗り込み、宇宙に到達した伊織。
理解が追いつかず呆けている美希を横目に伊織は数々の惑星を好き勝手に弄り回し、最終的に破壊していく。


メキシコ製の宇宙船設計&打ち上げシミュレーションゲームである『Kerbal Space Program』と、Giant Armyの宇宙物理シミュレータ『Universe Sandbox』を用いたアイマス架空戦記。
妙にハイテンションな上に何故か水着の伊織が、美希を強制的に引っ張り出して宇宙に向かい好き勝手に行動するカオスな一作。
何故伊織が惑星の質量などを自由に操作できるのかは一切説明なし。潔い!
伊織「コスモスコスモス跳び出させてやろうか!」


何とか伊織の待つ家へと無事帰宅することが出来た美希。
しかし感動的な再会もつかの間、美希はすぐさま伊織に『次の戦場』へと引っ張り出される事となってしまう。
そこは無数の怪物を相手取らなければならない、人類の死闘の場であった。


上記の「水瀬伊織と星井美希、宇宙に到達。」の続編であり、FPS『シリアスサム3 BFE』を用いた架空戦記。
相変わらず状況を理解できないままに、何故か水着の伊織と一緒に臓物が飛び交う戦場で戦う羽目になってしまう美希が不憫。
「友情は永遠!美希が臓物を撒き散らすその日まで、ずっと一緒よ!」
いおりんが高速パンチでゾンビをボコる動画


Blu-ray版『ショーン・オブ・ザ・デッド』の発売を記念して投稿された一発ネタ動画。
笑顔でゾンビをボコる伊織の姿が中毒性高し。
動画のラストではこの伊織のGB素材が配布され、多くのニコマスPの手により『第1回くぎゅパンチ選手権』が開かれるほどの(局地的な)ブームとなりました。
女菊地真、語る。


「アイドル活動」の今後のビジョンについて語る真。
人生は長い。真はアイドル活動を終えた時、次に何をするのか?


6分近く真の独白が描かれるという、これまでの作品に比べてかなり趣きの異なる一作
「真面目な内容だなぁ」…と思ってたらしっかりオチが。
水瀬伊織、謝罪会見


自らが引き起こした大規模な宇宙秩序破壊行為に関する謝罪会見を開いた伊織。
しかし記者からの厳しい追及に答えていく内に伊織の考えが変化し始め…?


「水瀬伊織と星井美希、宇宙に到達。」「コスモスコスモス跳び出させてやろうか!」と続いてきたシリーズの完結編。
本作は架空戦記ではなくアイマス紙芝居であり、妙に哲学的な持論を展開していく伊織、そして水瀬財閥の金の力に奮える一作となっています。
ハングリーいおりん

 

律子から水瀬財閥破綻の報を受けた伊織。
765プロの資本の99%が水瀬財閥であったため、伊織を含めた所属アイドル達は火星に開拓者として送り込まれてしまう。
しかしそれでも伊織は心折れることなく、自分たちの拠点を「ネオ水瀬家」と名付け、律子や見つけ出したアイドル達と共に水瀬家再興を目指し火星の開拓を進めていくのであった。


文明をモチーフとした歴史シミュレーションゲーム『Civilization 5』を用いたアイマス架空戦記。全7話で完結済。
基本的にゲームのプレイ動画を手書き立ち絵と会話を交えながら展開させ、要所要所で紙芝居パートが挿入されるという構成。
ちなみに本シリーズの伊織の性格は若干原作寄り(しかし驚くほどクレバー)
驚くほどたくましく、征服者としてどんどん力を付けていく伊織らの姿が見ていて痛快な一作です。
響チャレンジ・地獄変

 

TV番組『生っすか!?サンデー』の1コーナー『響チャレンジ』の企画で、魑魅魍魎が跋扈するギリシャをナイフ一本で救う羽目になった響。
犬の着ぐるみを着た千早と亜美、そして貴音や雪歩も仲間に加わり、響一行は何度も命の危機に瀕しながら冒険を繰り広げる。


ハックアンドスラッシュ系アクションRPG『Titan Quest』を使用したアイマス架空戦記。全9話+幕間1話で完結済。
ホテップP特有の理詰めで迫る掛け合いも例によって盛り込まれた軽妙な架空戦記なのですが、本シリーズは終盤に差し掛かるにつれ、どんどん内容がブラックになっていくのが特徴的。
外見だけでなく精神も犬化が進み、軽く幼児退行気味な千早、ラーメンの事になると歯止めが効かなくなる貴音、内にどす黒い感情を秘めている雪歩……
響と亜美が数少ない良心枠ではあるのだけれど、明らかにツッコミ役が足りてません。
7話幕間の雪歩のサイコっぷりは必見。
……といっても基本はギャグなので軽く楽しめる一作です。

■関連リンク
【pixiv】※うもう名義
【pixiv】※ろくぶんぎエナジー名義
【ニコニコ静画】
【ニコニコ静画(ファンコミック)】
【職はなくてもメシはうまいさ。】
関連記事

0 Comments

Leave a comment