ツルゴアXXX

ARTICLE PAGE

22 2011

パニッシャー

予告編より_convert_20110221202423

2月17日、テレビ大阪の『シネマクラブ』で『パニッシャー(2004年)』が放送されました。
初見だったのでちょっと期待して見てたのですがダークな雰囲気は薄めで、
ややB級よりの痛快なアクション映画になってたのにはあんぐり。

でもまあアクションや拷問シーンは見ていてそこそこ爽快だったからいいかな~。
それでも全編通してバカ映画なノリがあるんですが。
何か『コマンドー』をネタ交じりに楽しむ感じ?

…それでまあ映画『パニッシャー』を見ていたらムラムラとゲーム版のパニッシャーをプレイしたくなってきたので
すぐさまゲームを始めました。

いやプレイしたのは「Xbox」や「PC」で発売されたあのエグイヤツじゃないですよ?
これはひどい_convert_20110221205608股裂きの刑
※動画で見る『最も過激な残虐ゲーム』6位

久々にプレイしたゲーム版のパニッシャーとは
1993年にカプコンが発売した
ベルトスクロールアクション『パニッシャー』です。
punishrj026.png
カプコンの出したマーベルゲーと言うと
『VSシリーズ』の印象が強い気もしますが、
初のマーベル作品は本作だったり。

要は『ファイナルファイト』的なゲームですが、
カプコンは『キャプテンコマンドー』、『キャディラックス』、『天地を喰らう2・赤壁の戦い』と続けて、
様々なベルトアクションを発表するうちにゲーム性が固まりだし、
本作『パニッシャー』でかなりの完成度を誇るようになっていました。

爽快感はもう『ファイナルファイト』以上であります。


~強すぎるプレイヤーキャラ~
punishrj027.png
1P側はパニッシャー
punishrj000.png
2P側はマーベル世界の名脇役、ニック=フューリー

特筆すべきはプレイヤーキャラの高性能さ。
本ゲームではアクションがとにかく多彩であり、
おなじみ『連続攻撃』、『掴み技』、『三角蹴り』、『必殺技』はもちろん、
『ダッシュ攻撃』、『流星キック(仮称)』、緊急回避用の『手榴弾(有限)』が搭載され、
もうとにかく暴れまくれる性能となっております。
『必殺技』があるのに『手榴弾』なんてものまで搭載されているから死に難い。

普通のベルスクならこの能力を数名に分けて使用キャラを増やしそうなモンですけどね。

掴み技も豊富でジャンプ中に相手を投げとばしたり、ジャンプ+攻撃で『イズナ落とし』を繰り出したり、
掴み中に必殺技で『ジャイアントスイング』を繰り出したりと多種多様。
ブルンブルンぐるんぐるん

さらに、銃器を持つ敵が現れた場合はこちらも銃を無制限に撃つ事ができます。
(該当する敵が生存している間のみ)
撃ちまくれ!連射しまくれば敵は近づけないぜ!

もはや死角なし。
普通の人間なのに最強と言われているだけあるぞパニッシャー!


…こんだけ強いのですがさすがにアーケードゲームというのもあり、
プレイヤーに100円を使わせるために敵の攻撃は激しめ。
ボス戦カプコン伝統の強すぎる2ボス

ボス戦も対策を知らないうちはよく分からないうちにやられてしまうかも。
それでも全体的に難易度は低いのでゲーセンで見かけたら一回遊んでみて欲しいです。

パニッシャーの仇敵であるラスボスのキングピンの体格はホントインパクトありますよ。
『こんなにでかかったっけ?』って言うぐらい異常にゴツイです。
110222_005855.jpg「確かにゴツいけども…」



【参考動画】




ちなみに移植版は無いものと思ってたんですが、
海外でのみ「メガドライブ」で発売されていたらしいです。
出来は…お察しくださいなレベルのようですが。

今マーベル社と再契約して『MARVEL VS. CAPCOM 3』を発売しているわけですから、
VCか何かで販売されないもんでしょうかね…
ジェネシス版_convert_20110222004231
関連記事