ツルゴアXXX

ARTICLE PAGE

15 2013

ちかひP

■概要
雪歩と貴音のカップリング物、いわゆる『たかゆき』動画を数多く発表されているニコマスP。
氏の作品ではハートフル、コメディ、いちゃラブ、シリアスなど様々な方向性のたかゆき短編を楽しむことが出来ます。
また、演出として自作の一枚絵が挿入されることがあるのも特徴。

■作品
願い叶えて


自分だけ雪歩に名字で呼ばれている事に気付いた貴音。
そわそわする彼女の姿を見て「雪歩に名前で呼ばれたがっている」という事を察した伊織は、雪歩にさっそくその事実を伝えるが…


伊織がいい感じにおせっかい焼きな、ニヤニヤできるたかゆき短編。
たかゆき要素以外にも、他アイドル達との掛け合いが秀逸な一作です。
聖夜 ~貴方に感謝と祝福を~


雪歩の誕生日プレゼントに何を贈ったものかと思案する貴音。
そこに小鳥が現れ、彼女のアドバイスを参考にしてプレゼントを選ぶことに。
そして当日、雪歩の誕生日パーティーの場にプレゼントを持ってくるのだが、貴音は「本当にこのプレゼントで大丈夫なのか」と不安になってしまう。


雪歩誕生祭に投稿されたたかゆき短編。
本作の小鳥さんは程良くダメな人なので、彼女のアドバイスの所為でハチャメチャな事態が巻き起こる事に。
ウチのたかゆきは今日もラブラブです


小鳥さんが持ち出した『反転宝珠』という怪しい道具の所為で、貴音に対する愛情が全開となった雪歩。
最初こそ貴音は雪歩の懐きっぷりに戸惑うものの、すぐに彼女の可愛さに魅了されてしまい、この妙な状況を受け入れるのであった。


桃色空間が広がりまくるダダ甘いたかゆき短編。
本作の雪歩にメロメロな貴音を見ていると砂糖を吐きそうになりますね。
WSによる『星の雪姫』の紹介+α


ターニャP主催のたかゆき作品投稿祭り『星の雪姫』の支援動画。
冒頭は伊織と亜美真美による企画の解説ですが、中盤からは作品例としてたかゆきの百合動画が流れ出します。
「ちょっぴりSでお嬢様な雪歩」「メイドの貴音」というパラレル設定で展開する、ちかひP渾身のエロティックな一作。
ほのぼの組の買い出し


春香の思い付きですき焼きをやることになった765プロ。
さっそく雪歩はやよいと一緒に食材の買い出しに向かうのだが、スーパーでのやよいの買い物上手っぷりにタジタジになってしまう。


まさかの非たかゆき短編。
765プロきっての癒し系アイドルな雪歩とやよい。
そんな二人の買い物風景を描くほっこりとできる内容のノベマスです。
公式非公式問わずやよゆきはあまり見ない組み合わせなので、何気に貴重な一作でもあったり。
萩原姉妹物語

 

貴音と雪歩は姉妹である。しかし血は繋がっていない。
幼少期の貴音は家族とは他人である事を知った為にかなり荒れていたのだが、そんな態度を取るようになった姉に対して雪歩はそれまでと変わらず接してきた。
そしてその頃のある出来事をきっかけに、貴音の妹に対する気持ちは家族愛以上のものとなったのである。


前述した『星の雪姫』という投稿企画にて発表された短編であり、その1年後に第1話が投稿、連載化されたノベマス。
「もし貴音と雪歩が姉妹だったら」というIF設定で作られており、ちかひP作品の中でもかなり百合成分が強い内容
プロローグでは萩原姉妹のシリアスなバックグラウンドが語られ、一話目以降は765学園という架空の学校を舞台に登場キャラも増加、賑やかなストーリーとなっていきます。
マイリスコメでは本作品の裏話も書かれているので要チェック。
『姉妹』という改変設定で描かれるたかゆきが想像以上に新鮮で面白い一作です。おススメ!
く゛るーう゛ぃーちゅーん


『アイドルマスター シャイニーフェスタ グルーヴィーチューン』の人選が雪歩・真・美希・貴音という、いわゆる『雪歩ハーレム』状態なため、今からワクワクが止まらない雪歩。
さっそく自身との様々なカップリングを妄想し始める雪歩は、「いかに全員とイチャイチャするか」の策を練り始める。


『シャイニーフェスタ』発売前に投稿された、『グルーヴィーチューン』での人選をネタにしたコメディ短編。
本作の雪歩のテンションの高い性格は他のちかひP作品では見られないキャラとなっています。
「もうプロデューサーとの甘い話は充分です。時代は百合m@sですよ、百合m@s!」
雪歩と千早とお茶と


「萩原さんの淹れるお茶はいつだってハズレがない」と雪歩を褒める千早。
しかしどうにもその言葉のニュアンスが上手く伝わらなかったようで、千早は噛み砕いて説明をするのだが、その途中で雪歩のあるスイッチを踏んでしまい、彼女の熱いお茶語りを聴く羽目になってしまう…


sinseiPと闇の取り引き(?)をして出来たというちはゆき短編。
ラスト付近の、雪歩に対して少し意地悪な態度を取る千早のシーンが個人的に好み。

■関連リンク
【ツイッター】
関連記事

0 Comments

Leave a comment