ツルゴアXXX

ARTICLE PAGE

01 2013

グラント・モリソン&ラグス・モラレス他/NEW52:スーパーマン/ヤング・ジャスティス

NEW52スーパーマン/ヤンジャス表紙
FIGHTS A NEVERENDING BATTLE!

FLASHPOINT IS OVER, THE NEW 52 BEGINS

フラッシュと宿敵リバース・フラッシュが激闘を繰り広げた「フラッシュポイント」の結果、3つの世界が融合し、新たな宇宙が生まれた。それは、NEW52の世界。新たなスーパーヒーローの伝説が今、ここから始まる。

2011年、コミックスシーンにかつてない激震をもたらした、DCユニバースのリニューアル企画「NEW52」。75年の歴史を誇るDCコミックスの歴史をリセットし、52冊の新タイトルを一斉創刊するという大胆な試みは、あらゆるコミックファンの注目の的となり、DCコミックスの新時代の到来を告げる狼煙となったのである。

新時代の幕開けを飾った52冊の創刊号の中から、「スーパーマン」「ヤング・ジャスティス」カテゴリーに属する10タイトルを単行本化。
DCコミックスの進化を目撃せよ!


◆収録作品

2011年11月:Action Comics Vol.2 #1
2011年11月:Superman Vol.3 #1
2011年11月:Superboy Vol.6 #1
2011年11月:Supergirl Vol.6 #1
2011年11月:Teen Titans Vol.4 #1
2011年11月:Static Shock #1
2011年11月:Hawk and Dove Vol.5 #1
2011年11月:Blue Beetle Vol.9 #1
2011年11月:Legion Lost Vol.2 #1
2011年11月:Legion of Super-Heroes Vol.7 #1


◆関連作品過去記事
【NEW52:ジャスティス・リーグ】
【NEW52:バットマン】

◆NEW52 SUPERMAN AND YOUNG JUSTICE!
NEW52第1話まとめ本も折り返し地点に到達!

今回は「スーパーマン」「ヤング・ジャスティス」カテゴリーに属する作品を1冊に纏めて刊行。
メジャーなヒーローだけでなく、スタティック・ショックやブルービートル、ホーク&ダブなどややマイナーなヒーローの活躍も拝める嬉しい内容となっています。
というわけで、さっそく簡潔に紹介!
アクションコミックス#1

アクションコミックス1シーン

「これであんた達も、街を蝕む本当の悪党は誰か、わかっただろ?
 それと、僕が警察の役に立つって事もね」


[ライター]グラント・モリソン
[ペンシラー]ラグス・モラレス
[インカー]リック・ブライアント


5年前を舞台に、世界初のスーパーヒーローであるスーパーマンの誕生を描く注目作。T-シャツにジーパンという素朴過ぎるコスチュームに加え、まだまだ未熟なスーパーマンの新人ヒーローぶりが微笑ましい。もちろん、ロイス、ジミー、ルーサーら、おなじみのキャストも登場。


例によって既に邦訳済&レビュー済なんで特に書くことが無いッ!
しかもアクションコミックスはヴィレッジから刊行されたんで、訳の違いに触れるという楽しみも特に無いですね。
だからまあ、本書で初めてNEW52版アクションコミックスを読み、「続きが気になる!」となった人は、思い切って邦訳1巻を買っちゃえばいいんじゃないでしょうか。

【スーパーマン:アクション・コミックス Vol.1】

 

スーパーマン#1

スーパーマン1シーン

「我はここだ。
 虫けらどもが“ヒマラヤ”と呼ぶ地球の頂上に立っている。
 今こそ、我が義務を果たそう、満を持して」


[ライター&レイアウト]ジョージ・ペレス
[アーティスト]ヘイザス・メリノ


過去を舞台とした『アクションコミックス』に対し、現代を舞台としたシリーズ。5年経っても、クラークとロイスの仲はまるで進展していない様子。


アクション・コミックスで若者設定のスーパーマンをやっているのに、それと並行して5年後の現代を舞台にしたストーリーもやっているあたりにアメコミの自由さを感じなくもない。
内容がもう「これアクションコミックスの方のストーリーを進めてからやるようなシナリオじゃないのか!?」って感じだったので。
1話目からデイリープラネットが無くなり、「プラネット・グローバル・ネットワーク」という会社の印刷物部門になってしまうという衝撃的な展開。
さらにクラークがロイスと「記者としての在り方」でぶつかってしまうという、アクションコミックスとは大きく雰囲気の異なるスーパーマンのストーリーが展開しております。
気難しい表情を浮かべ、思い悩みながら戦うこのスーパーマンは割とリランチ前の姿に近いかな…?
それとこちらは時間軸が現代のため、空を飛び、強力な能力とパワーを駆使して敵と戦うスープスを拝むことが出来ます。


スーパーボーイ#1

スーパーボーイ1シーン

「いいかね、ドクター…
 私は極めて厄介な問題を抱えている。それも複数の問題を。
 スーパーボーイこそが、その解決策なのだよ」


[ライター]スコット・ロブデル
[ペンシラー]R・B・シルバ
[インカー]ロブ・レオン


謎のプロジェクト・N.O.W.H.E.R.Eによって作られた、クリプトン人と地球人の遺伝子を結合したクローンという設定。失敗作とされながらも覚醒を果たした彼に下された最初の命令とは?


謎の組織『N.O.W.H.E.R.E』によって作られたスーパーボーイの姿を描くストーリーで、同じくロブデルがライターを務める『ティーンタイタンズ』誌と非常に関わりが深い内容。
早い話が、ティーン・タイタンズの敵サイドの話をスーパーボーイ主役で描いている一作です。
この惑星上で最も危険な生体兵器として作られたまではいいが、まだまだ準備不足なスーパーボーイ。
スーパーボーイを任されたDr.ケイトは仮想現実プログラムを用いてなんとか彼を真人間にしようとするのですが、その結果は上の画像の通りという。
ちなみにこのDr.ケイト、その設定と外見から「『GEN13』のフェアチャイルドをリファインしたキャラなのではないか」とまことしやかに囁かれているのですが…実際どうなんでしょうね?


スーパーガール#1

スパガ1シーン

「何なのよ。今のは!?何だったの、今の!?
 友達と一緒だったはずよ、家に帰る途中で…あれ…
 なぜよ、何も思い出せない!」


[ライター]マイケル・グリーン&マイク・ジョンソン
[ペンシラー]マ-マド・アスラー
[インカー]ダン・グリーン&マーマド・アスラー


現代の地球に降り立ったスーパーガール。新たな力に戸惑う彼女の前にスーパーマンが現れるが、二人の関係とは?


スーパーガールセクシーすぎる…これはたまらん。
NEW52では彼女の設定がかなり謎に包まれたものになっているようで、ストーリーもミステリアスな様相を醸し出しています。
スーパーマンとは従姉妹同士なのか?そもそも何故地球にやってきたのか?
何故彼女は自分が強大な力を持っている事を知らないのか?
この#1では謎だけが大量に提示されるだけで終わるため、#2以降が気になって仕方がない。
さりげなくゾット将軍の存在が語られているのにも注目。


ティーン・タイタンズ#1

ティーンタイタンズシーン

「僕は、ティム・ドレイク。
 かつてはボーイワンダー、ロビンと呼ばれてた。
 その名前はもう使ってない。
 あの頃の自分は過去に置いてきたと思ってた。
 過去を捨てて裏に回れば、もっと有意義な仕事が出来ると思っていた。
 大間違いだったらしい。やっぱり、一人では戦えない」


[ライター]スコット・ロブデル
[ペンシラー]ブレッド・ブース
[インカー]ノーム・ラップマンド


バットマンらと袂を分かったレッドロビンことティム・ドレイクは、十代のメタヒューマンをつけ狙う組織の存在を知り、警告に立ち上がる。創刊号では、新設定のキッド・フラッシュ、ワンダーガールが登場。


NEW52のバットマンの邦訳では、『梟の法廷』の冒頭以外殆ど姿を見せない元ロビンのティム。クロスオーバー『梟の夜』の時ですら全く話に関わってきませんでした。
それもそのはず、彼はヒーローチーム『ティーンタイタンズ』のリーダーとして活動しているため、基本的にそっちに掛かりっきりだったんですね。
この第1話時点では、レッドロビンことティムが仲間を少しずつ集めていく過程が描かれるだけに留まっております。
そしてラストではスーパーボーイとの戦いを匂わせるという、『スーパーボーイ』誌と対になる構成。
バットマンとは袂を分かっているというあたりが少し気になるところ。『梟の法廷』時点では既にティーンタイタンズを結成して所属している設定なので、バットマン誌よりもかなり前の時間軸となっているようです。


スタティック・ショック#1

スタティックショック1シーン

「イケメンで天才のバージル・ホーキンスを雇えるなんて、
 連中、マジでツイてるぜ。
 ま、あいつらはまるで気づいてないけどさ…
 大胆不敵でスーパークールなスタティック様を雇ったって事に」


[ライター]スコット・マクダニエル&ジョン・ローザム
[ペンシラー]スコット・マグダニエル
[インカー]ジョン・グラビオン&ル・ボー・アンダーウッド


そもそもはDCコミックスの社内ブランド、マイルストーンコミックスに登場する若手ヒーローで、別次元の地球(通称ダコタバース)の住人とされていたが、2010年の『マイルストーン・フォーエバー』で、メインの地球とダコタバースが融合し、スタティックもDCユニバースの一員となった。創刊号にはマイルストーンの看板ヒーローだったハードウェアも登場している。


黒人スタッフが製作を務める“ダコタバース”出身のキャラというのもあり、主要人物が黒人というのが目を惹く一作です。
主人公のバージルが割合おちゃらけた性格の少年でアクションシーンも痛快なため、夕方あたりに放送されているアクションアニメのような印象を受ける内容。
それだけになかなか面白そうに感じたのですが…たったの#8で打ち切りという結果に。


ホーク&ダブ#1

ホークアンドダブ1シーン

「新しい相棒なんか俺は望んでない。
 なのにあいつは勝手に割り込んだ。
 土足で踏み込んできたんだ。一体、何様のつもりだ!?
 どうしてあんなヤツがドンの後任に選ばれたのか、
 俺にはまるで理解できん…」


[ライター]スターリング・ゲイツ
[アーティスト]ロブ・ライフェルド


元は兄弟ヒーローで、弟であるダブの死後、女性が新たなダブとなったという設定は以前と同じ。かつて『ホーク&ダブ』のミニシリーズで注目を集めたロブ・ライフェルドが再びアーティストを務めている。


ロブい!

この一言で終わらせようと思ったけどそれじゃ適当過ぎるんで、感想もやっぱりちゃんと書きます。
本作は脳筋気味なホークと冷静な女性ダブという組み合わせ、コンビでありながら互いに反目し合っているという関係性、「ホーク!」「ダブ!」と叫ぶことで変身するという特撮物っぽさなどが盛り込まれており、なかなかに熱いヒーロー物としてストーリーが進んでいきます。

それだけにアートが何とも言えない。
基本みんな歯を食いしばっているか口をポカンと半開きにしているというのが何とも言えない。
そしてこの作品は#8で打ち切られてしまいました


ブルービートル#1

ハイメ君1シーン

『こちらはスカラベ:カジ-ダ、亜光速に減速。
 位置:第5惑星。第3惑星へ向けて進路を変更』

“警告:リーチの潜入艇を検知”
「小賢しい奴らめ…
 徹底的に根絶やしにするべきだったな」

『致命的脅威、グリーンラン…SQUARK』


[ライター]トニー・ベダード
[ペンシラー]イグ・グアラ
[インカー]ルイ・ホセ


異星人リーチが開発したスカラベ型の生体兵器を偶然手に入れた高校生ハイメ・レイスが主人公と、基本設定は以前のシリーズと変わっていない。


3代目ブルービートル、ハイメ君が主役のブルービートル第1話!
個人的には飄々とした性格の2代目ブルービートル、テッドの方が好きなんですけど(邦訳では『レガシーズ第2巻』収録の短編で少し活躍を拝める)、実際読んでみると3代目の活躍も気になるストーリーとなってました。

しがない高校生が異星人の使う生体兵器を偶然手に入れてブルービートルに変身できるようになってしまう、というあたりが特撮のシナリオっぽくてなんだか良い!
その生体兵器は「グリーンランタン・コァが宇宙の平和の為に根絶やしにしようとしているものでもある」という設定も今後の波乱を予感させます。
…まあ#2以降の邦訳予定があるわけじゃないけど。


リージョン・ロスト#1

リージョンロスト1シーン

「人間に自分達の行いの代償を払わせてやる、それが正義だ!
 未来では邪魔されたが、ここではそうは行かんからな!
 かつてこの連中が俺にやったように、
 この汚れた星から夢と希望を奪い尽くしてやる!」


[ライター]ファビアン・ニシーザ
[アーティスト]ビート・ウッズ


リージョン・オブ・スーパーヒーローズの姉妹誌。ある事件で21世紀を訪れた、ドーンスター、ワイルドファイアー、ティンバーウルフら7人のリージョンメンバーだったが、故郷の31世紀へと戻ることができなくなってしまう。


21世紀の現代に取り残されたリージョネア達のサバイバルを描くという、本書収録の他のコミックに比べてかなり特殊なテーマになっているのが目を惹く一作。
といっても今回は#1のみの収録なので、取り残されるまでの過程を描いて終わるのですが。

超人的なスピードと鋭い爪が武器のティンバーウルフ、
超人的感覚を持つ、白い翼が特徴的なドーンスター、
事故でエネルギー体に変容したワイルドファイアー、
変身能力を持つカメレオンガール、
ゴツイ外見に反してテレパシー、テレキネシスなどの精神パワーを操るのを得意とするテラス、
声を自在に操って攻撃や防御をこなすタイロック、
テレポート能力の持ち主であるゲイツと、
それぞれが別の惑星の出身であり、どのキャラクターも能力と外見が非常に個性的であるため、なんだが凄くツボでした。
また作中では、NEW52の世界を生み出すきっかけとなった『フラッシュポイント』と関連していると思われる「フラッシュポイント障壁」という詳細不明の気になるワードが飛び出したりします。


リージョン・オブ・スーパーヒーローズ#1

リージョンオブヒーローズ1シーン

「フラッシュポイント以来、過去への時間移動はできなくなったわ。
 もうスーパーマンに助けを求める事はできないのよ」


[ライター]ポール・レビッツ
[アーティスト]フランシス・ポーテラ


バットマン、グリーンランタン関連誌と同じく、世界改変前のストーリーを引き継いでいる。とはいえ、スーパーボーイ絡みの設定は変更される事になるはず。


旧シリーズの最終話の直後からスタートしており色々特異な位置づけにあるシリーズ、それがこの『リージョン・オブ・スーパーヒーローズ』
正直馴染みの無いキャラクターがこれでもかといわんばかりに大量に登場するのでかなり戸惑う内容だったのですが、作品から漂うSFドラマな雰囲気はかなり好み。
リージョン・ロストと同じく沢山の異星人が登場するのですが、中でも『スーパーマン:ラスト・サン』でも顔を見せたモン=エルが登場したり、スーパーマンの強敵ビラン、ブレイニアックと何らかの関係がありそうな『ブレイニアック5』というイケメンキャラが登場するのに注目したい。


◆感想
カテゴリーがカテゴリーなだけあって、快活なスーパーヒーロー物が揃っている印象。
いつも書いているような気がしますが、#2以降が気になる作品ばかりでしたね。
あとこれも毎回思うのですが、どの作品も第1話が1話完結じゃないあたりに日本漫画との違いを感じます。
オンゴーイングシリーズは「数話割いて1エピソードを描く」ってのが基本ですからね。
(その所為で1話のみの収録だとかなりモヤモヤさせられる)

まあそれはともかく、残すカテゴリーはグリーンランタン関連誌である『グリーンランタン』
オカルト、ホラーテイストの強いラインであり、ヴァーティゴからの移籍組も含まれている『ダーク』
バイオレンステイストが強いラインで、ワイルドストームからの移籍組も混じっている『エッジ』の3つ。
どんどんタイトルがマニアックになっていくので、今から刊行が楽しみでなりませんな!
関連記事

0 Comments

Leave a comment