ツルゴアXXX

ARTICLE PAGE

05 2013

im@s CHANNEL(アイマスチャンネル)


いろんなアイマス いつもここから

PlayStation®Store無料ダウンロード
様々なアイマスコンテンツを楽しめるPS3用ホームアプリ


アイマスチャンネルのTOP画面から、遊びたいゲームを選ぶだけでいつでも遊べる!
さらに!シャイニーTVを遊んだ後に、G4U!で遊びたいときなどは、
チャンネルを介することでディスクを入れ替える必要も無く、ゲームを存分に堪能することができるぞ!


2013年10月2日に登場したアイドルマスターの新作!
本作はPS3用のアイマスコンテンツホームアプリであり、アイマスチャンネルというホーム画面から様々なコンテンツやゲームにアクセスしていくというものとなっています。

無料配信ではありますが、無料で楽しめるのはせいぜい体験版程度の内容。
アイマスチャンネル自体は例えるならゲームを遊ぶためのハードであるため、ゲームを遊ぼうと思ったらちゃんとダウンロードコンテンツを買う必要があります。

毎週新たなコンテンツが配信されるとの事なので、かなり息の長いソフトになりそうな印象。
個人的にはまだ未開放のコンテンツ(※2013年10月2日現在)である「新たなアイドルプロデュースゲーム」が物凄く気になる。

◆SHINY TV(シャイニーティービー)
音ゲーであるPSPソフト『アイドルマスター シャイニーフェスタ』のHDリメイク版であり、映像と音声がリマスターされた一作。
HD化や新曲だけでなく、シャイニーフェスタでは未収録だった楽曲や、新ミュージッククリップ『GRAVURE(グラビア)』を追加。
グラビアミュージッククリップに設定するとついつい映像に目がいきそうになるため、譜面に集中できなくなり結果難易度が上昇するとかなんとか。

本ゲームのメインとなるのは「SHINY@TV」モード。

C_Ur2tSA0ZCe5ic1380949617_1380949643.jpg
春香「ん?今どんな仕事でも(ry」

0w7JuRyy6J0hOHd1380949662_1380949669.jpg
アイドルランクSSSってもう崇拝されてるレベルじゃないですかね

765プロのアイドル達がアイドル番組を自分たちで作り上げるべく、番組内で色々なチャレンジに挑戦するという体で、ステージごとに設定された条件の下にリズムゲームをクリアしていくという内容であり、見事クリアすると色々な要素(新しいアイコンやターゲット、アイドルのネームカードなど)が解放されていきます。
MCを務めるアイドルによって番組はそれぞれ異なるものの、内容的には毎回曲に挑戦するという同じようなテンプレ展開を繰り返すため、正直シナリオ自体はそこまで期待するほどの物ではないかも。

リズムゲームで使うボタンはたったの二つ。
メロディーラインに合わせて譜面を流れてくるアイコンがターゲットに近づいた時にタイミングよくボタン(どのボタンでもOK)を押すだけというシンプルなもの。
音ゲーとしては難易度が低めな部類であり、最高難易度でもちょっと音ゲーをかじったことがある人ならさくさくクリアできると思います。
(一部の楽曲は結構歯ごたえがありますが)
空打ちによるBAD判定は存在しないというのもあり、難しい譜面は最悪ガチャガチャ連打しているだけで切り抜けられることも…

ただし、このゲームでは流れてきたアイコンを逆方向のボタンで叩くとどれだけジャストタイミングでもノーマル判定以上は取れない仕様が盛り込まれているため、当然スコアが伸びない点には注意。
それとちょっとズルい技ですが『アイコンサポーター』といったサポートアイテムを利用し連射パッドを使う事で結構簡単にフルコンが取れちゃったりもします。サポートアイテムを使用した場合もスコアなどは記録されるので自己責任で。
また『長押しバグ?』(ゲームシステムの穴を突いているため仕様の可能性もある)という小技も存在しており、これで簡単にフルコンに近づけたりも…

【方法】
L1+R1(もしくは十字キー+□、△、×、○)のボタンを曲スタート前から押しっぱなしにしていると、ロングアイコンで手を放してしまってもBAD判定にはならなくなる。


まあシステムの話はこれぐらいにして、次はモードの話。
本作には自由に曲を選択して遊ぶ「STAGE」モードも存在し、このモードで曲をクリアすると稀にアイドルとの会話が発生することがあります。

律子との会話

亜美真美との会話
クリアした曲を歌っていたアイドルとのちょっとした会話が流れる
(ただしシャイニーフェスタとは違いPのセリフは無し)

このランダム会話は割と数多く用意されている模様。具体的には以下の通り。

・1アイドルにつき6種類のランダム会話
・曲に関するコミュは1種類のみ
・ただし「待ち受けプリンス」と「We Have A Dream」は各アイドルごとに1種類存在


本作の不満点はフレームレートが30fpsな点と、会話シーンがシャイニーフェスタと同じく静止画な点(シャイニーTVで手に入るビデオレターはモーションが付いてます)、そして曲ごとに譜面のスピードなどの設定を保存できないという点ぐらいでしょうか。
それと「プレイサポート」でちょっと設定を変えるといちいちセーブされるという仕様も地味に鬱陶しいかも。
自分は設定で曲に合わせて譜面のスピードを弄ることが多いので、セーブされるタイミングは曲クリア後ぐらいで良かったと思う。
あと音ゲーというやり込み甲斐のあるジャンルでありながらトロフィーが存在しないというのもちょっと寂しいですが、配信で少しずつゲーム内容を拡張していくという仕様だから難しいのかな?

しかしシャイニーフェスタ、ベスト版が出たら購入しようかなと考えていたのだけれど買う理由が殆ど無くなっちゃった。
アレの新作アニメだけ単独で有料配信とかしてくれないかしらん。

※2014年2月19日追記
シャイニーTVは楽曲パックが全12本。1つ1500円なので全部購入すると18000円にもなります。
僕は楽曲パックを全部購入したんですが、このゲーム、内容的には全部集めてようやく他社の家庭用音ゲー並みのボリュームになった印象が。
改めてアイマスの価格設定はとんでもないと思った(小並感)

○PICKUP MUSIC 『待ち受けプリンス』

2013y10m05d_123812385.jpg
やよいの「俺についてこいよ」がミスマッチすぎて逆に良い

シャイニーTVの最初の新曲であり、十何年か前の『モー娘。』のような印象を受けるダンサブルな曲。
作曲者はもちろんつんく♂ではなく、電波ソングで話題騒然となった『あんずのうた』の佐藤貴文氏。
アイドル一人一人に目立つソロパートが用意されているのにも注目です。こういう曲は今までありそうでなかったんですよね。
(アイマスというゲームの仕様上の都合もあったんだろうけど)

そして難易度MASTERで最高難易度を誇る一曲…なのですが、演奏できるようになった時の気持ち良さは一級の良譜面。
ちなみにシャイニーTVやよい編ではシーズン4の1ステージ目としても登場するのですが、最高難易度かつミニマムチャレンジ(極端に小さいハム蔵アイコンになり非常に見づらくなる)で規定スコアを越えなければいけないという厳しい条件でプレイさせられるため、多くのプレイヤーを苦しませた曲という印象も強かったり。
ありゃ1ステージ目の難易度じゃねえ!

○PICKUP MUSIC 『MUSIC♪』

MUSIC音符
「歌うよ 音楽に壁なんてない」

PSPソフト『アイドルマスター シャイニーフェスタ』で初登場、こちらも765プロアイドル全員が歌う楽曲。
『NORMAL MC』ではプレレンダリングを用いたことにより、初の13人同時ステージを拝むことができるようになった記念すべき曲。また、マイクを持って歌うという絵もこの曲が初。

でも個人的に気に入っているのは『SPECIAL MC』
こちらはアニマススタッフが書き下ろしたアニメPVであり、765プロアイドルとP、小鳥さん、果ては高木社長までが登場し、様々な音符や音楽記号のオブジェと戯れながら曲を歌う姿を描いているのですが、これが凄くオシャレで魅力的なクリップなのです。
本曲が初登場するシャイニーフェスタのストーリーは音楽祭の頂点である「スターオブフェスタ」を目指すという内容であったため、ゲームを締めくくるのに相応しい一曲となっています。

作曲者は渡辺量という人であり、アイマスへの楽曲提供は少ないですがどれも耳に残りやすい良曲を生み出している方。
「Dazzling World」「Twilight Sky」も是非一度聴いてみて下さい。

○PICKUP MUSIC 『Next Life』

ネクストライフ
阿修羅響

CD「MASTER SPECIAL 03」が初出の我那覇響のソロ楽曲。
この曲が発表された当時はアイマスSPが主流であり、響は961プロの方針でクールキャラを演じていたため、この楽曲も響のカッコよさを前面に押し出した一曲となっています。
(とはいえ765プロ所属設定が主流となりクールキャラを押し出さなくなった現在でも、『Rebellion』のような曲が響に与えられていたりするのですが)

ジャンルとしては「サイケデリックトランス」
哀愁のあるトランスを歌うというアイドルらしからぬ事例の新鮮さも本楽曲の魅力の一つ。
ちなみに作曲者は鉄拳シリーズなどに楽曲を提供している遠山明孝氏。
鉄拳のために作った楽曲も『Next Life』のようなトランスが多いので、気になった人は調べてみるといいかも。
ふと思ったけど、『Next Life』をオフボーカルにすればそのまま鉄拳のBGMに起用しちゃっても違和感なさそう。

○PICKUP MUSIC 『蒼い鳥』

蒼い鳥
千早自身の生い立ちも相まって「千早と言えばこの曲」というほどに印象が強い

アーケード版『アイドルマスター』が初出の千早の持ち歌であり、シャイニーフェスタから新たに追加された曲。シャイニーTVでは真や貴音と一緒に歌い上げます。
悲しげな曲調の中に力強さも込められている壮大なバラードであり、アイマス初期の頃から非常に人気の高い一曲
作曲者はテイルズシリーズや風のクロノア、鉄拳などの様々なゲーム楽曲を制作されている椎名豪という方で、アイマスでも他に「隣に…」「ALIVE」「眠り姫」といった曲を提供しています。
「太陽のジェラシー」等の明るい曲も作っていますが、基本的にアイドルソングと言うよりも『歌手』が歌うような感じの楽曲を制作しているのが特徴。

ちなみにCD収録のフルバージョン『M@STER VERSION』やアニマス4話EDでの『TV ARRANGE』では別の方が編曲しているため、ゲームとはまた印象が大きく異なる曲調となっています。
個人的にはゲーム版の曲調が一番好きなので、いつかこっちのフルバージョンも作ってほしいなぁ。

○PICKUP MUSIC 『Brand New Day!』

2013y11m06d_212038734.png
元気が出るアイマス曲のひとつ

アニメ『アイドルマスター』第16話のエンディングで初披露された楽曲。
SP時代は響のクールキャラを推すための楽曲が作られていましたが、『2』以降の響は始めから765プロ所属という設定、響本来の明るい性格を全面に出した曲が作られるようになりました。
SPでは「孤独こそが己を強くする」という黒井社長の教えにすっかり染まっていた響ですが、最初から765プロ所属の2以降の世界では仲間がいる事の大切さと強さを知っている。
『Brand New Day!』「仲間と一緒なら歩き出せる」という内容の歌詞を歌い上げているため、なんだか感慨深いものがあります。

作詞作曲はリッジレーサーシリーズやエースコンバットシリーズなどのBGMを制作されているおおくぼひろし(大久保博)という方で、アイマス曲でも『ゲンキトリッパー』『スタ→トスタ→』といった明るい曲を提供されています。
さらにギター、ベースはバリウスカプセルズの豊嶋健太郎と泉拓麿がそれぞれ担当、コーラスには歌手・舞台女優であるのみこと、様々な人物が制作に関わっているのも特徴的。

○PICKUP MUSIC 『風花』

2013y11m06d_215644895.png
お姫ちんマジ面妖!

CD「MASTER ARTIST 2 -FIRST SEASON- 06」が初出であり、貴音のミステリアスなイメージに良く合った幻想的で美しく、そして非常にカッコいい楽曲。
何かのアニメのエンディングテーマのようにも感じる曲調ですが、それもそのはず、作詞・作曲・編曲は数々のアニメのテーマソングを手掛けてきた橋本由香利が担当しているのです。
一回聴いたらまず間違いなく虜になるであろう一曲ですが、譜面の難易度はかなり高め。というか2013年11月6日時点では間違いなく最高の難易度。
難易度MASTERではロングアイコンの群れと同時押しが複雑に組み合わさっており、まず練習必須の鬼のような構成となっています。
その分演奏できるようになった時の爽快感は非常に大きいんですけどね!

あんま関係ない話ですが、「銀色の王女」というイメージで売っていたはずの961時代の貴音のソロ曲には何故か「フラワーガール」というカワイイ系の曲がリリースされていました。
黒井社長のプロデュースの方向性が微妙に解らん。
でもあれはあれで凄いよかった。

○PICKUP MUSIC 『arcadia』

アルカディア―!
メカ千早や春閣下などの二次創作ネタがふんだんに盛り込まれている『無尽合体キサラギ』

『SHINY TV』でコンテンツパック01~06を購入するとDLできる追加楽曲。
CD「MASTER SPECIAL 03」が初出の千早の楽曲で、作曲者はアニメやゲームに数多く曲を提供している音楽レーベル『Elements Garden』の上松範康氏。
疾走感があり非常に盛り上がる曲調なため、人気の高い一曲です。
この『arcadia』は昔からファンの間でネタ的に「ロボットアニメのOPっぽい」とよく言われていたのですが、後にアニマスで劇中劇『無尽合体キサラギ』の挿入歌に起用されてしまい、
とうとう公式でロボットアニメのOPという扱いになったのでした。
(そういえば大昔に公式でアイマスのロボットアニメがあったような…ゲフンゲフン)
本ミュージッククリップ(1種類のみなのは仕様)も基本的にキサラギの映像で構成されており、実質OPアニメのような映像となっております。
『無尽合体キサラギ』のコンテは『天元突破グレンラガン』の監督・今石洋之氏が手掛けているためそこにも注目!

○PICKUP MUSIC 『I Want』

そこに跪いて!
orz

CD「MASTER ARTIST 01」が初出の、それまでの春香のイメージを大きく塗り替えた、振り付け含めアイドルらしさがかなり薄目なインパクトのある楽曲。
作曲者は「エージェント夜を往く」「Mythmaker」といったアイマス曲を提供している石川哲彦氏。
ファンの間で流行っていた「春閣下」ネタ(春香の黒い一面を強調した二次創作のネタ)を公式が初めて取り入れた曲でもあります。
曲自体はあくまで「熱い恋愛」をイメージして作られたとの事なんですが、歌詞の内容は別ベクトルに過激。
SPやL4Uでは春香以外のアイドルにも歌わせることができるのですが、その多くがキャラ崩壊気味な事態に。必見です。

○PICKUP MUSIC 『Little Match Girl』

頭がパーン
「このまま ネジを外したまま」のあたりの振り付けが何とも扇情的だったり

箱版アイマス2の予約特典DLCとして登場したのが初出で、当時の公式PVで初めて雪歩がセンターとなった事、そして声優交代となった雪歩の声が聴けるという事でも話題となった楽曲。
本編ゲームでは別に誰かの持ち歌というわけではないのですが、初お披露目となったPVでの印象、アニマスでは劇中の雪歩のドラマの主題歌として雪歩メインで流れた事、M@STER VERSIONでは雪歩と千早のデュオ曲となった事から、すっかり雪歩の曲という印象が根強くなっていたり。

アップテンポでダンサブル、曲名の通り「マッチ売りの少女」も連想させるアダルトな雰囲気の歌詞が合わさって、聴けば聴くほどハマるであろう一曲。
実はこの曲は作詞作曲をESTi氏、ギターはNieN氏、コーラスはSanch氏と、韓国産音ゲー『DJMAX』でお馴染みの人たちが手がけています。
一部の音ゲーマーにとっては非常になじみ深いメロディが堪能できるのではないでしょうか。

○PICKUP MUSIC 『

2013y12m18d_162633245.png
『SPECIAL MC』のアニメでの響の胸がこれまで以上にしぼんでいる点にはツッコんではいけない

PSPソフト『アイドルマスター シャイニーフェスタ ファンキーノート』が初出の、子供向けの番組の歌のようなイメージで作られた楽曲。
作曲はアイマスのプロジェクト初期から携わっており、現在2代目サウンドプロデューサーを務めている中川浩二氏、そして作詞はmft(オノダヒロユキ)氏なのですが、MA2の時点で取り外したはずのNBGI名義が用いられています。
実はこの『ビジョナリー』かなり以前から作り溜められていた曲(少なくとも2010年12月よりも前)であるとか。

歌詞の中に出てくる魔法の言葉「イクシアダーツサムロディーア」「ウォキアサーツサムロディア」は逆再生すると、「アイドルマスター大好き」「アイドルマスター最高!」という言葉が浮かび上がる仕掛けも施されている面白い曲。
(ちなみにオノダ氏は「オーバーマスター」でも歌詞の中に961プロの三人の名前や歌詞カードに縦読みを仕込んでいたりします)
M@STER VERSIONでは各々の歌うパートが微妙に変更されているため若干印象が変わってたり。
響のなんだかクセになる「今wだwけw袋w詰wめw放w題www」が聴けるのはゲーム版だけ!
しかしこれを国際音楽祭という場で歌ったのか…(シャイニーフェスタの話)

○PICKUP MUSIC 『THE IDOLM@STER』

2014y01m09d_173625345.png
SPECIAL MCでは春香・雪歩・響がユニットを組んで踊っている
何となく漫画『アイドルマスター2 The world is all one!!』のSprouTを連想しちゃう

アーケード版アイドルマスターが初出で、アイマスの主題歌として扱われている代表的な一曲。
作曲者はアーケード時代から様々なアイマス曲を手掛けてきた佐々木宏人氏。

作品を重ねるにつれてアイマスのメインテーマ曲は「みんな仲良く!」といった感じのポジティブな雰囲気の楽曲が増えてきた印象があるのですが、初代主題歌であるこの『THE IDOLM@STER』良くも悪くもアイドル活動の厳しさを歌い上げた歌詞になっており非常に印象的。
別に「READY!!」「The world is all one !!」が嫌いというワケじゃないんですが、トップアイドルの座を勝ち取ろうとギラギラしているのが伝わってくるこの力強い歌詞が実力で相手を蹴落としていくアイマスのゲーム性と合致していてホントに好きなんで。
ゲームで描かれるストーリーはSPあたりから『仲間の大切さ』になっているけども!

アイマス2では別アレンジ・別ダンスとなった「THE IDOLM@STER 2nd-mix」が代わりに収録されていたのですが、本作では2グラでオリジナルの曲とダンスを拝めるという点も嬉しい。

○PICKUP MUSIC 『自転車』

2014y02m19d_132408696.png
最後の「好きだぁぁぁぁぁ!!」って叫びが良い

CD「MASTER SPECIAL 05」が初出の真のソロ楽曲。
「チアリングレター」「迷走Mind」、カバー曲に「仮面舞踏会」が選ばれたりと本人のイメージも相まってカッコいい曲を歌うことが多い真ですが、「自転車」は爽やかでスピード感に溢れる恋愛ソングとなっており、素の真の魅力を存分に引き出していると思う一曲です。
『SPECIAL MC』では一瞬だけゆきまこ要素があったり美希と貴音が恋バナ?をしていたり日直が何故か高木社長だったりと、PV中の設定が微妙に気にならなくもない。

ちなみに作曲者はなんと伊藤心太郎氏。AKB48の大ヒット曲「恋するフォーチュンクッキー」を作曲したあの人です。

○PICKUP MUSIC 『The world is all one !!』

2014y02m19d_132110041.png
ひとりでは出来ないこと 仲間となら出来ること

「アイドルマスター2」の最初のPVで初披露された一曲であり、アイマス2の「団結」というテーマに合わせて作られているのが特徴。
作曲者は「ハレ晴レユカイ」などの様々なアニソン、キャラクターソングを生み出した田代智一氏。
曲中では・ワールド・イズ・オール・ワン!」と歌っているのに曲自体の読みは「ワールド・イズ・オール・ワン!」な点に注意。
そしてファンの間では「ざわわん」と略される点にも注意(ややこしい)

『The world is all one !!』はシャイニーフェスタの時は初回生産分の特典として封入されていたのですが、後に有料配信なども行われなかったため、元々特典が付かないDL版購入者や後になってパッケージ版を購入した人はプレイできなかった曲でもあります。
『SPECIAL MC』何故か太鼓の達人のキャラとコラボしたミュージッククリップ。
元々アクセサリで太鼓の達人のキャラが登場したり太鼓の達人にアイマス曲が収録される事が多く、互いに結構つながりが深いのですが、この頃は「太鼓の達人Wii 超ごうか版」の発売が近づいていたため、その告知を兼ねたコラボだったのかもしれません。

【太鼓の達人765プロ出演情報!超ごうか版ですよ、超ごうか版!】

アイマスキャラの絵は過去作品の流用っぽいのですが、上記の一枚絵のように新しく絵を書き起こしたと思われる部分もあったり。

○PICKUP MUSIC 『空』

2014y02m19d_132245034.png
津軽レインボ~♪

『SHINY TV』でコンテンツパック07~12を購入するとDLできる追加楽曲。
CD「THE IDOLM@STER MASTER ARTIST FINALE」が初出であり、作曲者は初期から現在まで様々な楽曲を提供している神前暁氏。
音無小鳥ソロ曲四部作の第1弾にあたり、この後に「花」「光」「幸」と続いていくことになります。
まさにシャイニーTVの〆にふさわしい一曲。

SPの頃は高木社長がP時代に担当していたアイドルが歌っていた曲の一つであると真エンディングで語られており、小鳥さんがかつて高木社長にプロデュースされていたかのような描写がなされていたのですが、アニマスでは高木社長と黒井社長がプロデュースしていたのは小鳥さんの母親という設定に変わっており、最近は小鳥さんの元アイドル設定が改めてぼかされ始めております。
このあたりの設定がはっきりと明かされる日は果たして来るのか…?

◆GRAVURE FOR YOU!(グラビアフォーユー!)
TVアニメ『アイドルマスター』のBDと同梱で発売されたソフトである『アイドルマスター グラビアフォーユー!』もアイマスチャンネルで配信!
これはプレイヤーがカメラマンとなって、アイドル達のうち一人を選択しグラビアの撮影を楽しむ事が出来るというモード。
さらに撮影した写真はPS3のHDDに保存され、USB機器等を用いて外部に持ち出すことも可能。
また、Vol.2以降に追加されていた機能がVol.1から使用できるようになっています。

カメラの位置や拡大縮小、アイドルのポーズや表情などをかなり細かく設定できるため、ベストな一枚を作ろうと思うと結構凝りだしてしまいます。
表情が切り替わる瞬間の方が指定した表情よりも良い感じの顔になったりするため、遊んでみるとなかなか奥が深い。

はるちは(PSHOME)
はるちは

画像間違えた。こっちだこっち。

春香グラビア

千早グラビア
1280×720というサイズなのでPS3やデスクトップの壁紙にピッタリ

全9巻で各巻ごとにカバーガールが割り振られており、撮影ではその巻に対応したアイドルとの会話イベント、そして撮影中に流れるBGMに専用メドレーが存在しています。
各巻ごとに異なる衣装や別の場所での撮影が可能になるのも本作の特徴であり、特にVol.8やVol.9でのウェディング衣装や浴衣衣装は本編であるアイマス2では殆ど拝めないので、このモードで自由に眺めることができるのは大きい。
さらにVol.7~Vol.9ではDS組のグラビア撮影も楽しめるようになります。

今回Vol.1がお試し価格という事で300円となっており、それ以降は1500円という価格設定ですが、過去に発売された方式ではVol.1が『アイマス@スペシャルBOX』に同梱というとてつもなく高いセット商品での販売であり、Vol.2以降がアニメBDとのセット販売でこれまた安い買い物では無かった上にこれまで単独販売されなかった事を考えると、割とお買い求めやすくなった…かも?
どっちにしろ安い買い物じゃないけどね!

 
他商品とのセットなのでこれまではこんな値段でしか手に入らなかった

『G4U!』ゲームではなくただただアイドルの撮影を楽しむだけの内容なので、ちょっと人を選ぶタイプのソフトかもしれません。
僕は正直Vol.1でのグラビア撮影をざっと試しただけで満足しちゃいました。
ちなみに本作にはなぜかトロフィーが用意されており全アイドルを撮影するだけで簡単にコンプ可能という容易さはある意味魅力的。しかも各巻ごとにトロフィーが用意されているとか。
あっさり大量のトロフィーが集まるのでトロフィーマニアには堪らないかな?

○余談

20131005_100010.jpg

G4U!ではアイドル選択画面で△ボタンを押すとアイマス2と同じくプロフィール紹介ムービーを見ることができるのですが、ここでは何と『2』には存在しなかった竜宮小町組のプロフィール紹介まで閲覧する事が可能
伊織、あずさ、亜美、律子のPは要チェックだ!

◆アイマスチャンネルver1.01
※2014年5月15日追記

アイドルマスター最新作、『アイドルマスター ワンフォーオール』発売!
それに伴ってアイマスチャンネルもアップデートされました。

2014y05m15d_105328486.jpg
これまでのトップ画面



20140515_104826.jpg
現在のトップ画面

まあワンフォーオールにアクセスしやすいようコンテンツの並び順が変更されただけ…
って6個目のコンテンツだった『???』が消滅してるぅぅーーーー!!?

……どうやら6個目のコンテンツ配信はなかったことになった模様です。
悲しい。

◆関連リンク
【アイマスチャンネル公式サイト】
【アイドルマスターシャイニーフェスタ攻略wiki】
関連記事

0 Comments

Leave a comment