ツルゴアXXX

ARTICLE PAGE

27 2013

スコット・スナイダー&グレッグ・カプロ他/バットマン:梟の街

バットマン:梟の街
「フクロウが鳴くぞ。誰だ、フー誰だ。フー
 お前は病人だ。名もなき男。お前は…」

バットマンvs.梟の法廷
いざ、最終決戦へ―。


数百年前からゴッサムを支配してきた闇の秘密結社「梟の法廷」コート・オブ・オウルズ。彼らの影響力は無限大であり、誰も阻止する事はできなかった。バットマンが現れるまでは……。

ゴッサムの守護者であるバットマンは「梟の法廷」の謎を突き止め、新たな強敵と死闘を繰り広げた。闇の騎士は満身創痍になりながらも、“フクロウ”の鉤爪から逃れることができ、戦いには勝利した。だが、これですべてが終わったわけではない。「梟の法廷」の狙いは、ゴッサムシティの完全支配だ。それを邪魔するものは排除しなければならない。そう、闇の騎士を抹殺しなければ、彼らの目的は果たせないのだ。

彼らはバットマンにとって大切なものを脅かしていく―彼の正体、彼の屋敷、彼の本部、そして、彼の仲間たち。「梟の法廷」はそれらに向けて不死身の暗殺者タロンを解き放った。バットマンたちは生き残りをかけて、史上最大の敵と対峙することになった。

バットマンの、いやゴッサムシティの魂をかけた最終決戦が始まった。ゴッサムシティに未来はあるのか!?バットマンは守り抜くことができるのか!?

さらにこの決戦の中で、ブルース・ウェインは己の人生を根底から覆す衝撃的な事実を知らされるのであった……。


◆収録作品

2012年06月:Batman Vol.2 #8
2012年07月:Batman Vol.2 #9
2012年07月:Batman Annual Vol.2 #1
2012年07月:Batman: The Dark Knight Vol.2 #9
2012年08月:Batman Vol.2 #10
2012年09月:Batman Vol.2 #11
2012年10月:Batman Vol.2 #12


◆『梟の法廷』との決戦
※過去記事
【スコット・スナイダー&グレッグ・カプロ/バットマン:梟の法廷(THE NEW 52!)】

前巻のラストで街に解き放たれてしまった大量のタロン達との戦いからスタートする本書。
梟の法廷はウェイン邸を襲撃するだけでなく、ゴッサムの有力者たちもターゲットに加え、ゴッサムシティを掌握せんと本格的に動き始めた!

ゴッサムの有力者を始末
ゴッサムに居る数々の有力者の命を奪うために襲撃を始めるタロン達

もちろんバットマンもこの事態を黙って見ているわけではありません。
ファミリーに招集をかけて、各地に散らばったタロンらの対応を任せることにするのです。
バットファミリーvs.梟の法廷の幕開けだぁーー!!
…と言いたいところですが、この『梟の夜』と呼ばれる各誌に渡って展開されたクロスオーバー部分のエピソードは、来月発売の『バットマン:梟の夜』までおあずけ。

今回は『ダークナイト:姿なき恐怖』に収録されていた『ある一人のタロンのエピソード』の再収録に留まっています。
このクロスオーバー部分は本編のストーリーとかなり密接に繋がっていたので、いちいち『姿なき恐怖』を取り出して読む必要がないあたりはありがたい配慮。

というわけで本書『梟の街』では、梟の法廷編の本編エピソードをラストまで収録。
圧巻のバトルシーンだけではなく、バットマンがこの事件の『黒幕』を追いかけていくミステリ要素もまた注目すべき部分です。
正直全く予想だにしていなかったストーリー展開となっていたのでかなり驚かされました。
アクション部分とミステリ部分の絶妙なバランスも、この梟の法廷編の大きな魅力であります。

バットマンの決意
『梟の法廷』に対し反撃に打って出るバットマン

あと、前巻で梟の法廷が用意した迷宮から脱出し倒れてしまっていたバットマンを介抱していた謎の新キャラクター、ハーパー・ロウとの初遭遇エピソードも収録されています。

ロウ姉弟
ゴッサムのナロウズ地区に住んでいる双子の姉妹、ハーパー・ロウとカレン・ロウ
街の不良に絡まれていたところをバットマンに救われたことがきっかけで、
姉のハーパーは自分なりにバットマンの仕事を手伝おうとする

本書では『黒幕』との決戦だけでなく、このようなサイドストーリーも楽しめるのがちょっと嬉しい。

◆FIRST SNOW
ミスター・フリーズとペンギン

本書には『アニュアル』と呼ばれる、いわゆる増刊号的なコミックの話も一作収録されています。
それがこの作品『FIRST SNOW』
バットマンの有名ヴィラン、ミスター・フリーズの新オリジンが描かれる一作です。

まずリランチ前の彼のオリジンについてざっくりと説明。
ミスター・フリーズ(本名:ビクター・フリーズ)は、子供の頃は残忍な父親の重圧から逃れるために動物を凍らせる異常な少年でした。

そんな彼は学校や大学でも孤立し始め、人の温かさを知ることがないまま成長していくように思われていたのですが、ある時ビクターは美しいアスリートであるノーラという女性と出会い、彼女に心を奪われてしまいます。
そして後に二人は結婚するのですが、ノーラが難病に侵されてしまうという事態に。
ビクターは教職を辞め、彼女の治療法を発見するために製薬会社ゴス・コープで働き始めるのですが、そこで冷却液の雨に晒されてしまい、生体の化学構造が変化してミスター・フリーズに変貌してしまうのです。

それでもノーラを救おうと必死になったビクターは、彼女を冷凍睡眠させて病魔を食い止める方法を取ります。
しかし、ゴス・コープはノーラを救うために必要な経済的支援の却下を決定。
それに怒ったビクターは冷凍銃を使ってゴス・コープの重役を順々に殺害。
最後の標的、リズ・ボイルに襲い掛からんとした際にバットマンと対決することになるのですが、その戦闘中にビクターは誤って冷凍睡眠しているノーラに冷凍銃を発射してしまい自身の手で彼女を粉々に砕いてしまいます

こうしてバットマンに恨みを抱いたビクターは、彼の事を『妻を奪った忌むべき敵』として認識するようになるのでした。

ミスター・フリーズの行動原理はその全てが「自分の妻のため」であるため、数多いバットマンのヴィランの中でも、かなり悲劇的な背景を持つキャラクターであります。
しかしこの設定がリランチ後のNEW52世界では大きく変更される事に。
ネタバレになるので詳しくは書きませんが、より狂気と残忍さが強調されたキャラクターになっているとだけはハッキリ言えます。

◆感想
ライターのスコット・スナイダーが予定しているというバットマン・サーガは全三部作。
本書でその第一部『梟の法廷』編は終了となるのですが、組織との全ての決着が付くわけではなく、また今後何らかの形でストーリーに絡んでくるかのような幕切れとなっています。まだまだ『Batman』誌からは目が離せませんね。
ちなみにスナイダーのバットマン・サーガ第二部では、自らの顔の皮を剥いで何処かに行方をくらませたジョーカーが再登場する『デス・オブ・ザ・ファミリー』編がスタートするため、是非とも邦訳を続けてほしい所です。

 
本編と大量のクロスオーバーで展開される『デス・オブ・ザ・ファミリー』

…ですが、まずは梟の法廷のクロスオーバー部分を纏めた一冊である、来月発売の『バットマン:梟の夜』をチェックですね!
関連記事

4 Comments

アウル  

半年前まで翻訳待てず原著買おうか悩んでた時期が懐かしいです(結局買わなかったけどw)

そいや、アルフレッドの親父さん ジャービスっていうんですね・・・どっかで聞いたような(il`・ω・´;)

ってか、ザ・ダークナイト♯9って梟の夜にも収録されてたはずなんだが、ここだけ
3個もあるっていうのもなんか複雑ですねw

First Snow は、フォックスやペンギンといった通には嬉しい方々も出てましたね。
てか、コブルポットさんって元の設定が設定なだけにあまり変化が見られないような。

最後にまるっきり関係ないことなんでですが、ツルゴア××の「××」ってなんて読んだらいいんでしょうか?
結構前から気になってしょうがなかったんでw

2013/07/28 (Sun) 02:29 | EDIT | REPLY |   

michael  

>>アウルさん
>3個もあるっていうのもなんか複雑ですねw
『梟の街』『梟の夜』は読みやすさを考慮して原書とは違う収録内容となっているので、『梟の夜』にDark Knight誌の#9が収録されるという事態にはならないようですよ!
さすがに同じ話を3回も読むのはしんどいですからね。嬉しい配慮です。
3回もリンカーン・マーチが殺される事態にならなくてよかったよかった。

>ツルゴア××の「××」ってなんて読んだらいいんでしょうか?
えーと、好きに読んでください。
「チョメチョメ」でも「トリプルエックス」でも「バツバツバツ」でも何でもOKです。
(…ぶっちゃけ読み方なんて考えてなかったし!)

2013/07/29 (Mon) 01:13 | EDIT | REPLY |   

流浪牙  

原著は未だ読めてないのですが

>ミスター・フリーズのオリジン
それほど変更するってのは真面目な話、製作陣の皆さんの間で何か在ったんですかね?
今回みたいなケースだと特に、その辺りが無駄に気になってしまったり……何処かの評論家にイヤな文句でも言われたんだろうか?

2013/09/22 (Sun) 09:16 | EDIT | REPLY |   

michael  

>>流浪牙さん
別にそういうわけじゃないと思いますが…
難癖付けられるならむしろ本作のエグすぎるオリジンでしょうしね!
NEW52は新規ファンを獲得しつつ、旧来のファンにも新鮮味を与えるのが目的なはずですから思い切った設定変更を打ち出したんじゃないでしょうか。

2013/09/22 (Sun) 14:38 | EDIT | REPLY |   

Leave a comment