ツルゴアXXX

ARTICLE PAGE

22 2013

わたまきさんP(怪盗紳士P)

■概要
主に『歌ってみた』カテゴリで活躍しているニコマスP。
『伊集院光 深夜の馬鹿力』の一コーナー、
『青春時代クソミュージックボックス』の影響が見られる『アイマスキャラの声真似』をしながら歌う替え歌作品を投稿されているのですが、豊富な語彙から作り出される、簡単には真似できないセンスに溢れた電波な歌詞は、一度ツボに嵌ると病み付きになる事間違いなしな内容となっております。
誇張抜きに職人レベル。

この『im@s電波歌シリーズ』以外にも、アイマスキャラのモノマネ動画やPV作品、アイマス楽曲以外での替え歌作品を投稿されています。
ちなみに怪盗紳士Pという名義でも活動されており、こちらは歌ってみたカテゴリ以外の動画が中心な模様。

■作品
金田一少年のアイドルマスター

 

怪盗紳士P名義での投稿。
漫画『金田一少年の事件簿』の初期の頃の絵柄でアイマスキャラを色々と書かれている一作。
一部のアイドルの犯人顔は必見。
全部で三作投稿されていたのですが、残念ながら『その1.5』は削除されてしまった模様。
全員ツインテールでひゃうぃごー


怪盗紳士P名義での投稿。
『Here we go!!』にのせて、765プロ全アイドルにやよいの髪を合成した動画を流す一作。
基本的にどのアイドルも違和感が強いのですが、春香や覚醒美希、雪歩は意外にしっくりきているので注目です。
何気にBBなのが動画制作者には嬉しい…?
「蒼い鳥」を電波歌にしてみた


「赤いきつね 緑のたぬき 群青の鉄矢」というフレーズが特に好きです。
頭の悪すぎる「I Want」


アイマスMAD投稿企画『SingleM@ster'09』にて投稿された一作。
山下達郎の『クリスマス・イブ』の歌詞を微妙に変えながらねじ込んでくるセンスがもう。
「Colorful Days」×電波歌


コオロギの下りと曲ラストのカラーの下りの部分が特に電波。
なぜかPV風「隣に…」 うそ貴音


普段PV部分は素材を借りていたものの、本作では何とPVを完全に自作。
しかし歌詞のノリはいつも通り。
「砂金取るのが上手そうなギャル」なんてフレーズはどういう発想から生まれるんですかね…
「目が逢う瞬間」雅史 建 デュオノーマルPV


伊集院光が出演していた『ゲームWAVE』の映像素材を用いた一作で、構成渡辺が登場。
でも歌詞の内容とは関係無し!
「魔法をかけて!」 まさかの真


唐突なホラーオチに草。
“HELLO!!” 貴音 真 伊織


DS組の曲を765プロアイドルのモノマネで歌うという面白い試みの一作。
しかし歌詞は当然のように電波。
僕は『開幕ジュディオング』でもうダメでした。
「relations」毒電波ライブPV


美希の2010年特別ライブという体で披露された電波歌。
「きのこの山 たけのこの里に 続く恥じらいの丘」という歌詞センス。
あずささん誕生祭フライングで「9:02pm」


曲の途中で挿入される「みとぅを」の詩と恐怖新聞の下りが滅茶苦茶ツボでした。
わた春巻さんの「太陽のジェラシー」


弁当箱の下りと「本物のカニカマみたいね」あたりの訳の分からなさが魅力の電波歌です。
どうかしている「YES♪」


これまでとは異なり、替え歌の前に『青春時代クソミュージックボックス』の導入が始まる一作。
歌詞の中に『頭血(ずぢ)』なんて単語が出てくるあたりがもう堪らないですね。
秋月涼で「my song」


サビにさしかかるあたりから元歌詞残しが増えだし、それが替え歌部分に上手くハマっていて良い感じにキテる電波歌になっています。
ありえなくない貴音の「オーバーマスター」


「ファミリーパックのピノで 一食済むわけないじゃない」という替え歌センスはどっから出てくるんですかね…
「Kosmos,Cosmos」がもしChaosだったら


雪歩の声真似が結構なレベルで似ており、それが余計にカオスさを際立たせている一作。
冒頭の電波歌詞とラストのツタヤの下りが特にお気に入りの部分です。
「シャララ」あずさ・律子


元曲の「シャララ」は物凄く可愛い恋の歌ですが、わたまきさんPの手にかかるととことんシュールな内容に変貌。
ホットサラダ注文しろよ!
ちなみに、本作で「P活動に一区切りをつける」ことを仄めかしていたのですが、普通にこれ以降も様々な作品を投稿されています。
「SMOKY THRILL」


「おロープ頂戴」
数多い電波歌シリーズの中で特に言語センスが光っていると思う一作です。
何気に「貴音・美希・響・雪歩・真」計5名の声真似をして収録しているという力の入りっぷりにも注目。
きゅんっ!でんぱいあがーる


ワンダースワンの起動音ネタは不意打ちだった。
この作品から、再現して歌うのが恥ずかしいパートでは雪歩を出してお茶を濁す演出が入るようになります。
マイペースに「GO MY WAY!!」


出だしからもう意味不明なシチュエーションを歌い上げてて笑いが。
「どんな地図にも載ってないけど~」あたりの歌詞に破壊力があって好きです。
それにしても、改めて「綺麗に韻を踏んで替え歌を作ってるなー」と思いました。
「First Stage」


会社員の宴会の下りが悲惨すぎてもう最高。
度の一切合っていない「MEGARE!」


「ハッキリ愚痴を言わせてもらうと~」のあたりがガチな愚痴で笑いがこみ上げてきます。
この電波歌は歌詞のセンスがかなりキレキレなので特におススメしたい。
「私たちはずっと…でしょう?」


「井脇ノブ子 対 井脇ノブ子」の後に、元歌詞ママの「今!!」が来た時はさすがに吹き出しました。
サビからの歌詞がこれまた秀逸なので(血液型占いから被害妄想に繋げるあたりとか)、ぜひ一度試聴してみてください。
関連記事

0 Comments

Leave a comment