ツルゴアXXX

ARTICLE PAGE

02 2013

2013年上半期ニコマス20選+サムネ1選

今回初めてニコマス20選に参加します。
宜しくお願い致します。

【告知動画】

【主催:ATP】


⇒ ニコマス20選投票所 http://nicomas20sen.blog.fc2.com/

基本レギュレーション

・対象は2013年上半期(1月1日~6月30日)に公開されたニコマス動画
・自身のセレクトを20作品以内でブログ・ブロマガ・マイリストなどで公開
・1Pにつき1作品
※作品と一緒にP名を表記していただけると非常に助かります


それでは早速、選んだ作品を投稿日順に紹介していきたいと思います。

01.「2.O.O.S.」

【作者:TataguP】

2013y06m19d_111007352.jpg

Hercelotの『2.O.O.S.』を用いたアニマスMAD。
曲に合わせた映像のシンクロがめちゃくちゃ気持ちいい一作です。
最初はアイドル達の日常を映し、中盤から練習風景に切り替わっていき、サビの部分でライブに突入!
ただ繋ぎ合わせただけではなく、ストーリー性を感じる構成になっている点がポイント高いです。
合間合間にキャラクターの感情表現が挿入されるシーンも印象的でした。

02.映画 「アイドル・ガード」

【作者:天才カゴシマP】

2013y06m17d_234014324.jpg

春香伝説三部作を作ったカゴシマPが新たに制作をスタートし、今年の1月に完結させたのがこの作品『アイドル・ガード』全13話です。

さかのぼる事1週間前、765プロに1通の脅迫状が届いたことから全ては始まります。
「如月千早に、2週間後のアイドルアルティメット本選を辞退させること。出場したら彼女の命は無い」
その後千早のプロデューサー・律子が何者かに足を撃たれて療養することになってしまったため、この事態を重く見た765プロが、腕利きのボディーガードである『春香』を雇う…というストーリー。

それまで投稿されていた春香伝説三部作はロードムービー&青春映画といった内容だったのですが、本作ではガラリと雰囲気を変えてハードボイルドな作風に。
…といってもカゴシマ節は健在で、おちゃらけたギャグシーンも相変わらずてんこ盛り。
キャラ崩壊の度合いは大きいですが、この映画風の作りは一見の価値ありです。

03.アニマスウソ0話【貴音&P変】

【作者:saniP】

2013y06m16d_140554670.jpg

アニメ『アイドルマスター』の前日譚や合間のエピソードを描く『アニマスウソシリーズ』の一つであり、タイトルに「ウソ」とあるように捏造設定が多く、独自のキャラ解釈とストーリー展開が楽しめる一作。

この貴音編では不思議な雰囲気を纏っている身元不明の少女・四条貴音とPの出会いが描かれていきます。
貴音を765プロで預かってからしばらくしたある日、彼女は突然失踪してしまうのですが、それからPは不可思議な出来事に巻き込まれてしまいます。
SF(すこしふしぎ)なこのお話、貴音のアイキャッチラストシーンの演出など、思わず唸ってしまう要素が多いです。

04.はるちはゆきの「Kiss me 愛してる」

【作者:モモワ】

2013y06m16d_133503352.jpg

℃-uteの『Kiss me 愛してる』のダンスを千早と雪歩のMMDモデルで再現した動画なんですが、それだけでは終わらずほんのり百合テイストとホラーな展開を盛り込んだストーリー仕立ての作品となっているのが魅力。
妖艶なダンスを踊る千早と雪歩の二人にじわじわと忍び寄る春香の影…
表情の作り方も細かく、ほんのりエロティックで惹きこまれます。

05.VESPERIA CIRCUS

【作者:平蜘蛛P】

2013y06m16d_135320046.jpg

『アケマスから今に至るまでのあらゆる「アイドルマスター」を再構成してみる』というコンセプトで制作されており、非常にシリアスで熱いストーリーが展開されていくノベマス。
各敵対事務所の策略により、レコード会社との契約が打ち切られ、仕事を一気に失ってしまい窮地に陥った765プロは、苦境に立たされながらも起死回生の策を打ち出す!

本作は平蜘蛛Pが過去に連載していた『ディライトスーパーノヴァ』の第二部であるため、未見の人はまず第一部から見ることを推奨。
作中の黒井社長は原作ゲームのどこか愛嬌のある小物キャラではなく、本当に手の内が読めない恐ろしい敵役として描写されています。
手に汗握るドラマが楽しめるこの作品、もっと評価されるべきなノベマスだと思います。

06.1/6の夢旅人 どうでしょうED風

【作者:ねむP】

2013y06m16d_161326473.jpg

旅をメインとしたバラエティ番組『水曜どうでしょう』の数々の名シーンを、律子がカバーした『1/6の夢旅人』にのせてアイマスキャラでパロディ化した静止画を流していく一作。
配役がハマりすぎていて、見ていると楽しくなってくる作品に仕上がっており、また視聴者のコメントによる名セリフのパロディも必見。

それと寝釣りだけそのままなあたりがまた素晴らしい。
「アイマスファンからも寝釣りコールがおこっております!」

07.さよなら偶像少女

【作者:ヒトコトP&腹囲91cmP】

2013y06m18d_001311760.jpg

テレビアニメ「さよなら絶望先生」の第1期OP『人として軸がぶれている』のパロディとなっている一作で、アイドルマスターMAD投稿イベント『KAKU-tail party 7th Festa』にて投稿された作品の単品版。
絵の部分は腹囲91cmPが、ダンスパートと手の部分はヒトコトPが担当しています。
扇情的なアイドルのイラストも良いのですが、それに加えストーリー性を感じる律子メインの構成になっている部分も堪らないです。
半年前からプロデューサー、一年前まではアイドル…まさに「アイドルとして軸がぶれている」

08.個性がない!

【作者:まないたねるねP】

2013y06m16d_150804754.jpg

サカナクションの『アイデンティティ』を用いたPV作品。
静止画MAD部分のどこかカオスな画面構成と、ダンスパートのシンクロが気持ち良い一作。
他の765プロアイドルと比べると、確かに突出した個性は無い春香さん。
しかし普通…スタンダードであるあたりが、春香さんの最大の魅力だと思うのです。

09.Let's Ch@os Party Time→☆

【作者:やなぎP&ベタ塗りP】

2013y06m16d_152121773.jpg

アイドルマスターMAD投稿イベント『KAKU-tail party 7th Festa』にて投稿された作品の単品版。
様々なアイマスMADの歴史をベタ塗りPの暖かみのあるカワイイ絵で振り返る事が出来る一作です。
色々な名作が美希に侵食されていく!ってな内容で、見ていて楽しくなっちゃうMAD。

10.アイドルマスター BEATBOP

【作者:ハニハニP】

2013y06m18d_003325348.jpg

saori@destinyの『BEATPOP』という曲を用いて制作されたPV作品。
そして、アイドルマスターMAD投稿イベント『KAKU-tail party 7th Festa』にて投稿された作品の単品版。
ダンスだけでなく、会話シーンやレッスン、さらに新曲選択やランキング画面まで使って気持ちのいいシンクロを魅せてくれる一作です。
ハニハニPには『我那覇響』『下』というお題が出されていたのですが、そのお題の消化の仕方がとても秀逸
すごくセンスに溢れている動画だと思いました。

11.フライング北斗

【作者:八位P】

2013y06m19d_152159694.jpg

AKB48の『フライングゲット』を用いたPV作品で、アイドルマスターMAD投稿イベント『KAKU-tail party 7th Festa』にて投稿されたモノの単品版。
テーマは萩原雪歩で『園』
冒頭で雪歩が「エンダアアアアアイアアア」(Whitney Houstonがカバーした「I Will Always Love You」とやる一発ネタを披露するも、案の定客席からブーイングが巻き起こり中断する羽目に。
そこに北斗さんがジュピターのメンバーを引き連れてフォローに回るという展開。
雪歩が復帰した時に北斗さんがガッツポーズするというちょっとした演出が挿入される点もニクいです。
ネタとガチが融合した秀逸な一作。

12.Brand New Day (80kidz vox remix)

【作者:aaa】

2013y06m19d_113551233.jpg

曲にNIRGILISの『Brand New Day (80kidz Vox remix)』を用いたPV作品。
序盤はモノクロ調の映像で、曲に合わせて細かくカットした春香さんのダンスを魅せ、そして大きく盛り上がるところで映像がカラーに切り替わる!
そこから他のアイドル達も総登場。
要所要所でダンスをスローにしたりと、映像の魅せ方が非常に凝っている一作です。
そしてラストシーンの春香さんが最高にカッコいい。

13.○↔●

【作者:嘘予告P】

2013y06m16d_164422402.jpg

Sabrepulseの『Cityscape Dreams』と、Matryoshkaの『Monotonous Purgatory』という曲を用いて制作されたPV作品。
皆とユニットを組んで明るくアイドル活動を行う春香の姿と、どこか影のある春香の映像が交互に切り替わって展開していきます。
アップテンポな曲で気分を盛り上げたかと思いきや、急に暗い曲に切り替わり意味深な演出が挿入される。
なんとも色々と想像が掻き立てられる一作です。

14.アイライクアマミサン

【作者:**P】

2013y06m16d_165229076.jpg

使用楽曲は土岐麻子がカバーした『Take Me Out To The Ballgame』
アイドルのモーションやコミュの会話などの断片的な各シーンを上手く組み合わせて一つの物語を描いていく**P。
スポーツバラエティ『目指せ、プロ野球☆』の収録で竜宮小町と試合を行った春香、美希、真が試合に敗北してしまい、再戦を誓って地獄の特訓をこなすというストーリーになってます。
タッチアウトや大きく腕を回してランナーに指示する光景などは、「あのモーションをそう使うか!」と感心してしまう!
特に『ァンパイアガール』は秀逸だと思いました。

15.千早でときめきトゥナイトEDパロ

【作者:ニセP】

2013y06m16d_160117276.jpg

『ニコマス昭和メドレー5』にて発表された作品の単品版。
見ての通り1982年のテレビアニメ『ときめきトゥナイト』のエンディングのパロディです。
裸マントの千早がとてもセクシー
そしてアニメーションもすっごくぬるぬる。
比較版も同時に収録されており、目で見る限り動きのタイミングが完璧に一致しているあたりも凄い。

16.逆転イッパツマンED 【765プロショートシアター】

【作者:パチーノアプローチ】

2013y06m16d_163017270.jpg

MMDを用いて『逆転イッパツマン』のエンディングを再現した一作で、キャラの頭身までしっかり元ネタに合わせている辺りが芸コマ。
元ネタはサラリーマンの悲哀をコメディチックに歌い上げていますが、このパロディでも「アイドル達がもし会社勤務のような活動をしていたら…」という内容になってます。
この辺りの本作の詳しいコンセプトについては、氏のブログにて解説アリ。
【◆再現動画作成・第8回~ 新作 「逆転イッパツマンED シビビーン・ラプソディー」◆】

17.ピィヨォの奇妙な妄想 第1話「労働者ピヨ」

【作者:ストラビンスP】

2013y06m16d_153418697.jpg

『第七次ウソm@s祭り』『MMDドラマフェスティバル2』にて投稿された作品。
アイマスネタとストラビンスPの過去作品ネタが大量に詰まったジョジョの1部のOPパロが秀逸な出来過ぎて、ここだけはもう何回リピートしたか分かりません。
それだけでは終わらずギャグ満載の本編もあり、さらにEDと次回予告まで用意されている大ボリュームっぷり。
何という作り込みっぷりでしょうか。

18.1986年のハルルン

【作者:aotaka】

2013y06m16d_154617215.jpg

小鳥さんが小さい頃に家族と一緒に居候していたという『あるお兄さんとお姉さん』の思い出話から始まるノベマス。
不慮の事故で階段から落ちてしまったPと春香は、なんと1986年にタイムスリップしてしまっていた!
現代の紙幣は当然使えず、途方に暮れるPと春香の前に現れたのは、二人の良く知る意外な人物。

2011年の『第五次ウソm@s祭り』にて第一話が投稿され、それ以降は特にaotaka氏の動画投稿が無かったのもありそのまま一発ネタとして終るのかなと思っていたのですが、約一年半後の『第七次ウソm@s祭り』にてまさかの第二話が投稿されてかなり驚かされました。

Pと春香さんの軽妙なやりとりや、幼少時代の小鳥さんと小鳥母の会話が面白い一作なので、是非二話目以降も見てみたいところ。

19.天ヶ瀬校長の平成ハレンチ学園

【作者:出火吐P】

2013y06m17d_004350273.jpg

『伊集院光 深夜の馬鹿力』の1コーナー、『渡辺校長の平成ハレンチ学園』をMMDで映像化した一作。
リスナーの薄~いラブやエロの体験を紹介するという内容で、実際のところ元ネタありきな面白さではありますが、再現VTRの映像のレベルの高さ(アイドル達がいちいちかわいい)や、キャスティングのハマりっぷりがあまりに素晴らしいので、深夜の馬鹿力ファンは必見な内容です。

20.2.O.O.B(To Our Brand-New-Day)

【作者:街道P&まちぼんP】

2013y06m19d_111857939.jpg


「アイマスMAD動画でDJライブ風の生放送をやろう!」という企画『アイマス充爆発しろLiveS​tream12'→13'【3日目】』のエンディングテーマとして流れた動画の単品版。

音源は街道P、映像はまちぼんP。
Hercelotの『2.O.O.S.』とNIRGILISの『Brand New Day (80kidz Vox remix)』、そしてPerfumeの『GAME』をマッシュアップしており、聴いていて最高に盛り上がる1曲になっています。生放送時に流れたときは物凄い鳥肌が立ちました。
そして曲に合わせて流れるオシャレな映像…!完成度の高すぎる作品だと思います。

最後の一文が「爆発しろ」から曲名になっているのだけが生放送版からの変更部分かな?

サムネ1選
アイドルがうんこしたら世界が滅んだ

【作者:遠心力P】

2013y06m16d_023255570.jpg
成し遂げたぜ。

以上、2013年上半期のニコマス20選とサムネ1選です。

よーし、早速他の人の20選をチェックして動画巡りするぞー。
関連記事

0 Comments

Leave a comment