ツルゴアXXX

ARTICLE PAGE

14 2013

キシンP

■概要
様々なアクションゲームのiM@s架空戦記を手掛けているニコマスP。
自作の改変立ち絵を用いた会話シーンとプレイ動画でストーリーが進行していきます。
(厳密には活動初期の作品は基本立ち絵を使用。2011年04月12日に投稿された『悪魔城ハルキュラ 暁月の円舞曲 Part4』から改変立ち絵が使われ始めている)
代表作は、世代を越えて繋がっていくドラマティックなストーリーが魅力の『悪魔城ハルキュラ』シリーズ。
どの作品もあえてゲームの一部シーンをカットするという思い切りの良い編集により、話のテンポを損なわせることなくシリーズ毎に短く綺麗に纏まっているのが特徴。

■作品
真羅 ザ・ハードコア


765プロ所属のアイドル、真、響、美希、メカ春香の4名は『チーム真羅』というアイドルグループを組み、日夜様々な凶悪犯罪に立ち向かっていた。
そんなある日。チーム真羅は軍の治安維持システムが何者かにハッキングされ、暴走を起こした無人兵器の鎮圧に駆り出される。
だがこの事件はテロリストたちの陽動作戦にすぎなかった。
チーム真羅は今、テロリストの巨大な陰謀に立ち向かう事になる。


1994年に発売されたメガドライブのアクションゲーム『魂斗羅ザ・ハードコア』を題材にした作品。
全4話で完結済。
元ゲーの破天荒すぎるアクションシーンと、真たちのとってつけたアイドル設定が組み合わさり、原作以上にバカゲ―要素が強くなっている一作。
全ステージ、とにかく全部ぶっ壊して解決していくというスカッとするストーリーとなっています。
バーストアピールは必殺技。
真羅スピリッツ


チーム真羅が宇宙で戦っている間に、現在の地球はエイリアンに侵略され、都市の殆どが占領されてしまっていた。
だが、そこに前回のミッションから帰ってきたばかりの765プロアイドル・菊地真が、エイリアンに進軍され荒廃した都市に降りたつ。
彼女はメカ春香を引き連れて、熱い怒りを胸にエイリアンとの最大の戦いを始めるのであった。


1992年にスーパーファミコンで発売された『魂斗羅スピリッツ』を題材にした作品。
『第五次ウソm@s祭り』にて投稿された一作であり、そのまますぐに連載され全3話で完結。
ちょくちょく入るコマンドーネタや、謎のかわいさがあるメカ春香さんに注目!
真羅ReBirth


またも地球にエイリアンの大群が現れ、瞬く間にユカタン半島の遺跡「SHIZUOKA」を占拠。
エイリアンはSHIZUOKAを拠点に世界各地へと侵攻を開始した。
響は単身SHIZUOKAに向かい、エイリアンの捕獲を試みるのだが、それ以降連絡が途絶えてしまう。
アイドルグループ『チーム真羅』こと真、美希、そしてメカ春香Mk-2の3人は、響の仇を取るためにエイリアンとの激しい戦いに赴く!


2009年にWiiウェアで配信された『魂斗羅ReBirth』を題材にした作品。
相変わらず女子力の定義が揺らぐド派手なアクションシーンと迷シーンが満載の一作となっております。
『第七次ウソm@s祭り』投稿作品ではありますが、前作『真羅スピリッツ』のように続きが来てくれるのかが気になる所。

■関連リンク
【ツイッター】
【悪魔城ハルキュラ】
【ニコニコ静画】
関連記事

0 Comments

Leave a comment