ツルゴアXXX

ARTICLE PAGE

03 2011

アメコミこれ来てるんじゃないの~?

アメコミ翻訳版が発売予定の本が追加されましたよ!

3/23 バットマン:ラバーズ&マッドメン
3/23 ジョーカー


『ラバーズ&マッドメン』バットマンとジョーカーの出会いを描いた話。
『キリングジョーク』とネタが被ってますがこちらもジョーカーのオリジンが独自に色濃く描かれているとか。
【過去に書いたキリングジョーク記事】

もう一つの『ジョーカー』ではなんと、メインを張るジョーカーのデザインが
『ダークナイト』でジョーカーを演じた『ヒース・レジャー』風になっています。
アーカムから出所したジョーカーが他のマフィアの縄張りを荒らして支配を広げていくという話。

これアメコミ熱が完全に再燃してますね。
バットマンの日本語翻訳版がバンバン出版されてきます。

グリーンランタンの翻訳、『グリーンランタン:シークレットオリジン』も出ますし、
『クライシス・オン・インフィニット・アース』というDCの一大クロス作品も出版されます。
(どちらもまだ発売日がはっきりしてませんが)

この勢いで『SHOGUN WARRIORS』も翻訳しちゃってください!
3011-100377-1-shogun-warriors_400_convert_20110203130800.jpg


1294657380820_convert_20110203130859.jpg



『SHOGUN WARRIORS』
東映とマーベル・コミックの「3年間にわたり、お互いのキャラクターを自由に使用してよい」
という契約によって生まれた作品です。
そして東映が作った作品がかの『東映版スパイダーマン』

許せる!_convert_20110203131351許せる!
映像化するのが難しいと言われていたスパイダーアクションを
当時の撮影技術で実現したという何気に凄い作品。
(2011/2/3現在マーベルの公式サイトで全話無料公開されています。許せる!)

そしてマーベルは『ダンガードA、コンバトラーV、ライディーン』を用いたアメコミを製作したというわけです。

どちらも現在は契約切れで封印状態だったのですが、
東映版スパイダーマンはDVD化されたので、
難しいですが『SHOGUN WARRIORS』も何とか…ならないか。
関連記事

0 Comments

Leave a comment