ツルゴアXXX

ARTICLE PAGE

23 2013

アデリーP

■概要
シリアス、百合m@s、コメディと作風が幅広いニコマスP。
シリアス系のノベマスのストーリーの骨太さは必見。
また、現在はPV系の作品にも力を注いでいる模様です。

■作品
エアアイドル・マスター

 

一年活動してファン数は5000人以下、アイドルランクは“K”の天海春香。
彼女はとうとう音無社長から「今の状態でいつまでも事務所に置いておくわけにはいかない」という通告を受ける。
だが、春香にその気があるのであれば、一つだけ歌い続ける方法があるという。
それは『エア・アイドル』になること。
『エア・アイドル』とは、トップアイドルを輝かせ続けるために芸能界が作った大きな『ウソ』
トップアイドルの代役として各メディアに出演し、後に最新の技術で声と映像を加工して、あたかも本人が登場したように視聴者に見せかけるためだけの存在。
春香はAランクアイドル・如月千早の『エア・アイドル』となって歌い続けることを選択する。
しかしそれは当然、アイドルの『天海春香』が死んでしまう事を意味していた…


全4話で完結済。
他の『エア・アイドル』との出会い、そして後に明かされる『エア・アイドル』システムの始まりを知ってもなお、その仕事に光を見出し前を向き続ける春香の姿が素晴らしい一作です。
ストーリーの性質上暗く悲しい展開が続きますが、悪意を持っている登場人物は殆ど登場せず、心暖まる人間関係の描写が際立つ作り。
話が重くなり過ぎないのは、登場するキャラクターがみな優しい人ばかりだからでしょうか。
最終話は泣いて笑える感動的な幕引きでした。
とびらを、たたいて


妊娠し、一児の母になろうとしている千早。
しかし千早は、『家族』の形を知らない自分に子供を育てる事が可能なのかを不安視していた。
そこに数年前アイドルを引退し、いまや二児の母親であるやよいが千早の住む家を訪ねてくる。
『家族』が出来る事を怖がっている千早に、やよいは母親の先輩としてちょっとしたアドバイスを与えるのだった。


ちょっと未来のお話。
「自分は母親としてやっていけないかもしれない」と悪い想像を巡らせてしまう千早に対して、優しく諭してやるやよいの姿が凄く心に響く一篇です。
どうしてこうなった?


『迷解きゲーム』
それは「探偵」役が謎を解き、「観客」役がその謎の真偽を判定するという一種の心理ゲーム。
得られた正解票によりポイントを獲得し、最終的に最も票を獲得した優勝者は「夢」を掴むことができる。
だが、回答しなければ即失格という厳しいルールも敷かれている。
765プロアイドルはそれぞれが持つ夢を叶えるため、とある一室に集まってこのゲームに参加していた。


アデリーPがストーリーとOPを担当した第五次ウソm@s祭りでの合作作品。
素材・挿絵改変は夢追いPが、シナリオ原案はラヴォスP、動画はそいPがそれぞれ担当。

出題された『謎』に対する回答が真実であろうと適当であろうと、観客役を納得させなければ票は得られないというルールが見ていて面白い『説得ゲーム』となっています。
とはいえ本作はギャグ作品。
登場人物のリアクションやツッコミ、そして話が進むにつれルールが崩壊していくカオス展開を楽しむ一作ですね。
はるゆきTrick


春香誕生祭に投稿された、MMDによるアニメ『桜Trick』のOP再現MAD。
といっても様々なカップルを描いていた元OPとは違い、終始一貫して『春香×雪歩』のカップリングしか推していないのが特徴で、最初から最後まで春香と雪歩がイチャイチャしております。
またラストシーンもキスする二人が元とは異なりシルエットでは無くなっているため、なんだかよりインモラルな感じに。

今現在は『桜Trick』ダンスモーションが配布されているのですが、この作品はモーション配布が行われる前に制作されたものであり、アデリーP初のMMD動画でありながら自力でここまで完璧にダンスモーションを再現しているのはスゴイと思います。

■関連リンク
【ツイッター】
【pixiv】
【Blomagaぺんぎんくらぶ】
【ザ・インタビューズ】
関連記事

0 Comments

Leave a comment