ツルゴアXXX

ARTICLE PAGE

03 2013

ポール・ジェンキンス&デイビッド・フィンチ/ダークナイト:姿なき恐怖(THE NEW 52!)

ダークナイト:ナイト・テラー

「お前が影にいる間に子犬が列車に轢かれる
 お前のいない場所で子供たちは爆弾で遊ぶ」
「それこそがお前の恐怖だ!現実を直視せず未来に怯える!
 ヒーローという仮面に隠れているが、誰もが知っているぞ。本当のお前は…」
『空っぽの存在だ』


闇夜から邪悪な何かがやって来る――。

アーカム・アサイラムの囚人たちの血管のなかで、禍々しき毒が目覚めた。溢れんばかりの狂気と怪力に酔いしれた彼らが、ゴッサムシティに混沌をもたらす。
闇の騎士ダークナイトバットマンはあらゆる手段を使って一般市民を守り、事件の黒幕を突き止めなければならない。トゥーフェイス、スケアクロウ、ベイン……バットマンは強敵たちの絶え間ない猛攻撃に耐え、真実に辿り着くことができるのか?
だが、真実がいつでも目に見えるとは限らない……。


◆収録作品

2011年11月:Batman: The Dark Knight Vol.2 #1
2011年12月:Batman: The Dark Knight Vol.2 #2
2012年01月:Batman: The Dark Knight Vol.2 #3
2012年02月:Batman: The Dark Knight Vol.2 #4
2012年03月:Batman: The Dark Knight Vol.2 #5
2012年04月:Batman: The Dark Knight Vol.2 #6
2012年05月:Batman: The Dark Knight Vol.2 #7
2012年06月:Batman: The Dark Knight Vol.2 #8
2012年07月:Batman: The Dark Knight Vol.2 #9


◆姿なき恐怖
慟哭

小プロが出版するNEW52邦訳第3弾はまたもバットマン!

※過去記事
【ジェフ・ジョーンズ&ジム・リー他/ジャスティス・リーグ:誕生(The New 52!)】
【スコット・シュナイダー&グレッグ・カプロ/バットマン:梟の法廷(THE NEW 52!)】


…といっても本書は今年の1月に出た『バットマン』誌の邦訳『梟の法廷』の続編ではなく、また別の時系列のストーリーである『バットマン:ダークナイト』誌の邦訳。
(本作で描かれる事件は『梟の法廷』の後に起こった物として設定されている模様)
『バットマン:ダークナイト』誌は2011年1月に創刊されたばかりなのにNEW52騒動が起こり、同年5月に早くもリスタートすることになったシリーズでもあります。

ストーリーは『監禁状態にあるアーカムの囚人300人が一斉に狂いだし、拘束具を壊して脱走。バットマンは数々のヴィランを撃退しながら事件の黒幕を探る』という必然的にバットマンのヴィラン勢揃いの展開。
んでもって脱走したヴィランは何者かの手によってある薬品を注射されており…

突然!マッチョマン
突然!マッチョマン

こんな感じになってます。
トゥーフェイス、ベントリロクイスト、ジョーカー(?)…等の数々のヴィランがムキムキのマッチョマンになってバットマン達に襲い掛かる…!

う~ん凄い内容だ。絵面のインパクトが半端ないですね。
こんな感じの相手と毎話毎話戦うことになるんだからバットマンも大変だなぁ。

そうそう、『梟の法廷』に新ヴィランの『タロン』が登場したように、本書『姿なき恐怖』にも本作初登場の新ヴィランがお目見えしてます。
その名は『ホワイトラビット』

ホワイトラビット
バットマン「バニーコスだとっ…!」

『不思議の国のアリス』に登場する白ウサギをモチーフにしているらしい彼女。
今回の事件に深く関わっているのですが、本書の時点では犯行動機などは明かされず決着もつかないまま。
『バットマン:ダークナイト』誌の重要キャラとして今後も暗躍していくのでしょう。

それと、本書には一話だけ、今年の1月に邦訳された『梟の法廷』の続編エピソードが収録されています。
というのも、バットマン誌で『梟の法廷』の次にスタートした『ナイト・オブ・アウルズ』というエピソードはバットマン誌全てを巻き込むクロスオーバー
この『ナイト・オブ・アウルズ』展開中は、バットマン関連のコミックは全て梟の法廷と戦う話になり、当然ダークナイト誌でも梟の法廷との対決ストーリーにいったん切り替わったというわけなのです。
まだ日本では『ナイト・オブ・アウルズ』は未邦訳なので、一足早くこのエピソードの一端に触れることができる感じですね。

とあるタロン
秘密結社『梟の法廷』が放つ謎の刺客・タロンが主役のストーリー

◆感想
『梟の法廷』がミステリー要素に力の入ったストーリー重視の内容だったのに対し、本書『姿なき恐怖』はとにかく色んなキャラを出してアクションを魅せまくるエンタメ重視な作風。
バットマンファミリーだけでなく、スーパーマンやワンダーウーマン、フラッシュ、デスストローク、バーズ・オブ・プレイ(ブラックキャナリーが指揮を執る女性だけで構成された特殊部隊)の面々も登場して読者を楽しませてくれます。
(ストーリー展開に必要だからという理由ではなく、ファンサービスや他誌の宣伝といった意味合いの方が強いらしいですが)
本書を読んで、『NEW52ではポイズン・アイビーがヒーローサイドのキャラになっている』と初めて知ってビックリ。

正直な話ストーリーに期待すると肩すかしを喰う、そんな内容でした。
『姿なき恐怖』「シナリオ重視は他誌に任せてこっちはアクション全開でいくぜ!」というのが見て取れる潔いシナリオでしたね。
深く考えずバットマンの戦いっぷりを楽しむのがこの作品のメインなのでしょう。
デイビット・フィンチの描くバットマンVS.ベインは迫力があってカッコええなぁ~…
『X-MEN ウルヴァリン:オリジン』読んだ時も思ったけどポール・ジェンキンスの描く話って基本的にあんま面白くないのかな(ボソッ

ちなみに本書の続きとなる『サイクル・オブ・バイオレンス(原書)』は今年の7月に発売されるのだとか。


邦訳出版されたNEW52の三作品は今後も邦訳で追いかけてくれるのかどうかが気になる所。
(あとマーベルだとスパイダーマンの邦訳かな)
小プロもヴィレッジのように何か一、二作品ほど『続刊決定!』みたいなアナウンスがあると安心できるんですけどね。
関連記事

6 Comments

アウル  

いつもコミックを買うときの参考にさせてもらってます(^^

今回発売された「姿なき恐怖」はホント「梟の法廷」とは違った感じで面白かったです。

トゥーフェイスのマッチョ化見たとき、ゲームの「アーカムアサイラム&シティー」思い出しましたわ~(その後ジョーカーもマッチョになってるから尚更なんだが)

ヴィレッジからジャスティスリーグ関係が1冊にまとまったやつが出版予定ですし、今年はNew52祭りになるんでしょうね。

去年から買いだしましたが小遣い足りないです(^^;

2013/03/04 (Mon) 16:00 | EDIT | REPLY |   

michael  

>>アウルさん
初めまして!マッチョなベントリロクイストが登場するシーンで噴き出してしまったmichaelです。
ゲームのアーカムシリーズ、僕は未プレイなのですが、そちらでもマッチョ化展開があるんですか…たまげたなあ。
DCではビランをマッチョにさせるのがトレンドだったりするのでしょうか。

>今年はNew52祭り
せっかくストーリーに入り込みやすいリランチが行われたことですし、New52はどんどん邦訳されていって欲しいですね~。
個人的にはアニマルマンを読みたいところです(小プロさんには「当面出さない」と明言されてしまいましたが…)。

2013/03/04 (Mon) 21:43 | EDIT | REPLY |   

久仁彦  

>アニマルマン
小プロの方の当該ツイートを見るに
「『モリソン期の』アニマルマンやドゥームパトロール、インビジブルは出さない」と
読み取れるため、New52!アニマルマンはまだ期待が持てるかもしれません。
こちらもスワンプシングのストーリーとも絡んでるので出版は難しいかもしれませんが…。

横から失礼いたしました。

2013/03/18 (Mon) 17:50 | EDIT | REPLY |   

michael  

>>久仁彦さん
あれ、そうでしたか!
そうとわかれば諦めずにアンケートハガキにアニマルマンの邦訳リクエストを送り続けた方が良さそうですね!

2013/03/19 (Tue) 17:22 | EDIT | REPLY |   

溝渕  

いつも楽しく見させてもらってます
突然!マッチョマンに笑いましたwwww
笑うシーンでじゃないのに笑ってしまいます

エンタメ重視っていうのもたしかにそうですね
ヴィラン勢揃いでかなり楽しませてもらいました

続編の邦訳も出るといいですね
気になります

2013/03/20 (Wed) 00:24 | EDIT | REPLY |   

michael  

>>溝渕さん
「こまけえこたぁいいんだよ!」なこの潔い作風は嫌いではないです。
NEW52バットマンの邦訳は今後も追いかけて行って欲しいですね~。
あ、でもモリソンバットマンの第2部(「バトル・フォー・ザ・カウル」やディックとダミアンの「バットマン&ロビン」)の邦訳予定もあるんだっけ…
小プロのバットマンの邦訳からは目が離せませんね!

2013/03/20 (Wed) 22:15 | EDIT | REPLY |   

Leave a comment