ツルゴアXXX

ARTICLE PAGE

26 2013

カプコン アーケード キャビネット -レトロゲームコレクション-

カプキャビ
【公式サイト】

『カプコン30周年記念プロジェクト』の一つとして発表されたDL販売専用のゲームソフトが本作、『カプコン アーケード キャビネット -レトロゲームコレクション-』
気になる収録作品なんですが、本作のタイトルは8bit時代の作品、つまり大体が『CPシステム』以前の作品に限定されており、カプコンゲームの中でも特にレトロな作品がチョイスされています。
ちなみにCPシステム以前のカプコンゲームは以下の通り。

※赤字はカプキャビ配信作品

【1984年】
1942(12月)
ソンソン(7月)
バルガス(5月)
ひげ丸(9月)

【1985年】
エグゼドエグゼス(2月)
ガンスモーク(11月)
セクションZ(12月)
戦場の狼(5月)
魔界村(9月)

【1986年】
アレスの翼(11月)
サイドアーム(12月)
闘いの挽歌(4月)
ラッシュ&クラッシュ(9月)

【1987年】
1943 ミッドウェイ海戦(6月)
ストリートファイター(11月)※16bit
トップシークレット(3月)※16bit
虎への道(8月)※16bit
必殺無頼拳(2月)
ブラックドラゴン(8月)

【1988年】
1943改 ミッドウェイ海戦(6月)
F1ドリーム(4月)※16bit
ラストデュエル(7月)※16bit


実は配信ソフト15本をすべて購入すると、さらにボーナスとして追加2作品が遊べるという仕様になっているのですが、現時点ではその2タイトルは不明。
※『バルガス』と『1943改』だそうです。(2013年4月16日追記)

全部買うとなると4500円かかります。

値段自体は妥当なんですけども…ただまあ、これまでカプコンのレトロゲーム詰め合わせ作品を買ってきた人なら分かると思いますが、どの作品も基本的には何度か移植されているんですよね。
僕自身PS2やPSPの『カプコンクラシックスコレクション』で散々遊び倒しましたから。
カプクラの方は海外版も含めれば、今回未収録のゲームやCPシステムのゲームまで遊べるという充実したラインナップでしたし。

余談ですがカプキャビにもカプクラにも移植されていないCPシステム以前のタイトルは『F1ドリーム』というゲーム1作のみ。
(PCエンジンへの移植版が存在する)


16bitだから本作への移植は無いでしょうが、一回プレイしてみたい。

◆色々雑感
話を戻します。
『カプキャビ』はいわゆる基本無料のゲーム。

まず『ブラックドラゴン』と追加タイトルの体験版を無料で配信しておいて、「他のゲームをプレイしたければ追加購入していってね♪」という仕様になってます。
つまり、トロフィーや全ゲームを購入すると貰える2本のソフトに興味がないのであれば、欲しいゲームだけ購入するという選択肢もアリ。

ぶっちゃけ僕は今回のラインナップで遊びたいと思った作品が無料の『ブラックドラゴン』ぐらいだったので、ブラックドラゴンのPS3移植と割り切ってカプキャビを起動してます。
PSPの『Capcom Classics Collection Remixed』で知ってハマりにハマったのがこのゲームだったので、日本語版がプレイできるのは感激。

ブラックドラゴン
『ブラックドラゴン』は敵をなぎ倒しながらダンジョンを探索してゼニーを稼ぎ、
強力な武器防具などを購入し自身を強化してじじい達と姫を救うゲームです(雑な説明)

カプキャビで驚いたのは、オプションでの設定項目の豊富さ。
画面モードを色々と選べるのですが、そのなかに『スキャンライン』という項目もあり、設定すると画面に走査線が走ってより実機でプレイしているような感覚を楽しめたり、サウンドの設定にはイコライザー機能まで付いていたり、ゲームも『国内版』、『海外版』の2種類から選択出来たりなどなど、かゆいところまで手が届く仕様。

イコライザー
サウンド環境を整えている人には特に嬉しい設定

また、サウンドテストやギャラリーモードなどは高音質、高画質で収録されているのでこれも嬉しいところ。

20130219_234401.jpg
サウンドテストには曲名もしっかり記載されている 未使用曲まで収録されている徹底ぶり
(カプクラでは『BGM1』という風に番号のみの記述だったのでお目当ての曲が見つけづらかった)
ただしカプクラにあったアレンジ曲は収録されていないので注意


20130225_221157.jpg
画像は拡大するとややぼやけるもののそれなりに綺麗に取り込まれている

カプコンクラシックスコレクションは『とにかくゲームを詰め合わせました!』といった感じの移植で、ゲーム自体は普通に遊べるもののインターフェースがやや雑だったりでちょいちょい荒が目立ち、
『良くも悪くも海外デベロッパの移植って感じだなぁ』と思える出来でした。

しかしカプキャビでのレトロゲームの移植を担当したのは、レトロゲームの移植に定評のある『ゴッチテクノロジー』『M2』
ここまで力の入った移植をしてくれたのもなんか色々納得な会社です。

ブラックドラゴンED

単なるエミュ移植で終わらないのであれば何回移植されても歓迎しますよ!
…とはいえ、本音を言うとカプコンのレトロゲームではCPシステム以降の作品のほうが強い思い入れもあって好きな作品が多いので、第二弾があれば今度はそっちからのチョイスでお願いしたいところなんですけどね。

「何度目の移植だよ…」と突っ込まれることが多いカプコンのレトロゲーム詰め合わせ移植ですが、だからと言ってこの手の現行機への移植を止められてしまうと、今後次世代のゲーム機が出ても古いゲーム機を引っ張り出す必要が出てしまうため、歓迎すべきことなのかもしれないと思いました。
それでも同じタイトルよりは、あまり触れる機会のないタイトルを優先してほしいというのはありますが。

◆おまけ
【ちょっとした隠し要素】
タイトル画面で以下のコマンドを入力すると、「4Gamerスペシャル壁紙」がアンロックされる。
(「設定」の「スクリーン」でこの壁紙が選べるようになる)
←,→,R1,L1,←,→,R2,L2,↓,↑

タイトル画面で以下のコマンドを入力すると、「Stickamスペシャル壁紙」がアンロックされる。
(「設定」の「スクリーン」でこの壁紙が選べるようになる)
セレクト,L1,R1,L2,R2,↑,←,↓,→,セレクト

【カプキャビ × ハイスコアガールのコラボコミック】

【「カプコン アーケード キャビネット」の開発者スペシャルインタビュー】
(移植の際にこだわった点など、色々コアな話が飛び出すインタビュー)

【こちら開発室】
(今回移植されたゲームについての解説などを語っている記事)

【「ゲーメスト」× カプコンレゲー社員 スペシャルな座談会 前編】

関連記事

0 Comments

Leave a comment