ツルゴアXXX

ARTICLE PAGE

17 2012

PXZにはスプラッターハウスも参戦してほしかった

ジークとヴェリティ大「アニメ版ジョジョ、1話目を視聴したあたりではちょっとネタアニメ寄りな感じで楽しんでいたのだけれど、2話目から流れるようになったOPが熱すぎてそれと同時に本編も普通に楽しめるようになっちゃったわ」
「久々にアニソンらしいアニソンを聴いた気がするよな!あんなに繰り返し聴いたアニソンは黒田有紀の『風 吹いてる』以来だよ…」
「(あの波動拳を出すのにやったらめったら時間がかかるアニメか…なんでこの人は隙あらばストⅡVの話をしたがるのだろう…)」

プロジェクト・クロスゾーン

『プロジェクト・クロスゾーン』にどハマり中。
公式にはナムカプの続編とは明言されていないものの、ナムカプ参戦組はすでに既知の中になっていたり、ナムカプで貼られていた伏線(ジェダの帰還)が回収されているのを見るにやっぱり続編的なゲームとして見れる作品だと思います。
今作はナムカプと比べるとレゲーからの参戦が減少していますが、それでもニヤリとするネタは豊富。
ゲイングランドを元にしたステージが登場するとは思わなんだ(曲まで流れる)

ナムカプでネックだった戦闘のテンポも大幅に改善。
テンポ重視の所為なのか敵の攻撃は基本マップ上で簡素なエフェクトで表現されるだけになっており(スパロボでいう戦闘アニメOFF時のアニメーション)ボス格の敵が必殺技を使うときだけアニメーションが入るだけになってます。
それはそれでちょっと寂しい。

ゲームの方はちまちま進めて現在16話。
使用するのを待ちわびていた毒島さんがプロローグ5話目以降ご無沙汰なので、どの辺で再登場するのか期待が膨らみます。
毒島さんはソロユニット(KOFでいうストライカー的なモノ)である為操作はできないんですけどね。
邪気を感じる
事あるごとに邪気を感じ取る毒島さん

タツノコ劇場

黄金バット等を配信していたフルアニMAXが撤退。
ニコニコユーザーの間ではその動揺からテッカマンブレードⅡ以降の配信予定が無かったこちらも終了しちゃうのではないかという憶測が飛び交っていたものの、普通に次の作品が続々配信され始めたタツノコ劇場。
紅三四郎 ウラシマン ゴールドライタン

僕は現在月曜配信の『紅 三四郎』、火曜配信の『未来警察ウラシマン』、金曜配信の『ゴールドライタン』を追いかけています。
どれも週2話ずつ配信という追いかけやすいペースなのがうれしい。
前までの配信作品は1週間に5話配信という超ハイペースっぷりだったため、とても気になる作品を全部追いかけるのが難しかったですからね。
特に紅三四郎はめちゃくちゃ古い作品でありながら今見ても新鮮な演出と、父を殺した「片目の男」を追いかけて様々な格闘術の使い手と戦うというシンプルながら熱いストーリーに惹かれて視聴しています。
とりあえず片目の男を見つければ試合を挑むという主人公の極端っぷりと、割とガチな殺し合いをしている殺伐とした空気が堪らない。

それはそうとウラシマン、
あらすじをオチまで纏めて書くのは割とマジでやめてほしい今日この頃。
関連記事

0 Comments

Leave a comment