ツルゴアXXX

ARTICLE PAGE

13 2012

カート・ビュシーク&アラン・デイビス他/アベンジャーズ:ハルク・ウェーブ!

ハルクウェーブ

「チームでも、独りでも、人々の求めがある限り、戦い続けよう!」
「敵に回る野郎が気の毒になるぜ」
「どんな相手でもアベンジャーズの敵ではない!」

町を呑み込む緑の波!
そして、雲を割って振り下ろされた巨大な拳が大地をえぐる……!
ハルクの津波を前に、アベンジャーズは如何に戦うのか!?

マーベルユニバースにその名も高き世界最強のスーパーヒーローチーム、アベンジャーズ!
その誕生から、キャプテン・アメリカの復活、ハルク軍団との戦いまで、歴史に残る戦いを選り抜いた日本オリジナル編集の傑作選、ここに登場!

【収録エピソード】
『アベンジャーズ』Vol.3 #38-40(3-5/2001) 雲をつく巨大ハルクとアベンジャーズの激突!
『アベンジャーズ』Vol.1 #1(9/1963) 今、明かされるアベンジャーズ誕生秘話!
『アベンジャーズ』Vol.1 #4(3/1964) キャプテン・アメリカ、20年の眠りから復活!
『アベンジャーズ』Vol.1 アニュアル#10(1981) アベンジャーズ対ブラザーフッド、X-MENもゲスト出演の娯楽編!


◆収録作品

1963年09月:Avengers #1
1964年03月:Avengers #4
1981年11月:Avengers Annual #10
2001年03月:Avengers Vol.3 #38
2001年04月:Avengers Vol.3 #39
2001年05月:Avengers Vol.3 #40



「ヴィレッジブックスは何を言っているんだ」なPOP。
ハルクのパンツが破れているシーンがあるのは収録作の『AVENGERS Vol.3#38-40』なのですが、これが実はかのコミックスコードに関わってくる話題であり、解説冊子でも何故かちょっと力の入った説明がなされています。

それはそうと映画の公開が近づいてからようやく出版されたアベンジャーズの邦訳本!
しかもTPBをそのまま邦訳するのではなく、独自にエピソードをチョイスして纏められた日本独自の一冊となっています。
ようやくまたじわじわとマーベルコミックの邦訳が出版され始めて嬉しい限り。
AVENGERS Vol.3 #38-40(3-5/2001)

ギリシャのカルキミシアにてガンマ粒子が降り注ぎ、町の住民全てがハルクと化すとんでもない異変が発生、アベンジャーズは急遽現場に向かうという内容。

ハルクだらけ

なんとも凄い絵面ですね。
お馴染みのメンバーだけでなく、トライアスロン、ジャック・オブ・ハーツ、シルバークロウといったちょいマイナー気味な面々の活躍が読めるエピソードでもあります。
それはそうと、ハルクだらけの絵面だけでも相当なインパクトなのに、ハルク同士がぶつかると身体が癒着して一人の大ハルクになるという妙な展開も衝撃。
スライムが集まるとキングスライムに変化するみたいなアレ。
この事を発見したゴライアス(ハンク・ピム)は、敵全員をくっつけて一体の巨大ハルクにして、ピム粒子で縮小して捕えるという作戦を提案するのですが、よりによって巨大ハルクにした後にピム粒子が効かない事が判明。
こうしてとんでもない強敵が出来上がってしまったのでした。
ゴライアスやっちゃったー!
ちなみにこの巨大ハルクは、POPにもあるようについにパンツが破れてフルヌード…なんですが、絶妙な影やら下半身が見えにくい構図やらで描かれており、「ヌードではない」と言い張れば通りそうなシーンばかりになっております。
「ヤバいヤバい見えちゃう見えちゃう…」
そして尻は割れ目が途中で切れている以外は普通に描かれているので(尻の割れ目を全部描くかどうかでヌードかどうか判断される)規制を掻い潜るために試行錯誤しているさまが見て取れる面白い一篇となっています。



あとこのエピソードを読んで抱いた感想としては、「何で女性まで男性風のハルクに変化してしまっているのか」という一点でしょうか。
シーハルクは特別な例なの?

AVENGERS Vol.1 #1(9/1963)

アベンジャーズ結成

アベンジャーズ第一話という記念すべきエピソード。
ヴィランとして登場するのはソーの弟、ロキ。
ロキの作り出した線路の上の爆弾の幻に騙され、回収しようとして線路を破壊してしまうハルク。
世間はハルクを非難するものの、ハルクの親友、リック・ジョーンズは無実を信じ、FFの面々に連絡する…のだが、ロキの念力によって電波を妨害され、ソーであるブレイクの耳に入ることに。
ついでにアントマンとワスプ、アイアンマンもたまたまその緊急通信をキャッチし、リックの元にはFFの代わりにこの4名のヒーローが集まることになるのでした。
アベンジャーズが結成されたのは偶然の賜物だったんですねー。
ちなみに最後にはハルクの誤解も解けて彼もアベンジャーズに加入するのですが、次の号で早くも離脱するのだとか。
しかも3号目では当時ヴィラン役だったサブマリナーと手を組むという始末。
展開が目まぐるしくて退屈しなさすぎる。
AVENGERS Vol.1 #4(3/1964)

復活のキャップ

そして4号目では氷漬けだった伝説のヒーロー、キャプテンアメリカが現代に復活するという燃え展開。
キャップ復活の下りはこっちに加筆しました。

目覚めてすぐにアベンジャーズの面々に「お前は本当にキャプテンアメリカなのか?」、「そうだとしたら何故年を取っていないんだ?」、「我々を騙すつもりなら痛い目に遭うことになるぞ!」と詰め寄られるキャップ。
しかし実力を見せつけることで彼らを納得させるのでした。
それにしてもさっきまで氷漬けだった人間に対してアベンジャースが好戦的すぎてちょっと吹きました。
第二次大戦中のヒーローが年を取らずに復活したなんてちょっと信じられないとはいえ。
キャプテンアメリカの新たな第一話としても楽しめるエピソードです。
AVENGERS Vol.1 ANUUAL#10(8/1981)

X-MENでお馴染みの面々やヴィランが登場する通常よりもページ数が多めな短編。
ローグが初登場するエピソードでもあります。
しかもヴィランとして。

ごついローグ
なんかゴツい顔つきのローグ

直に触れるだけで相手の記憶とパワーを吸い取れるという強敵。
直に触れるだけでいいのにわざわざキスを選ぶのでお馴染みですね。

話が進むにつれてソーとキャプテンアメリカ、Ms.マーベルのパワーを併せ持つというとんでもない事に。
あれ、滅茶苦茶強くないこの人?

このエピソードのメインの見どころはMs.マーベル失踪の真実が語られるという部分なのですが、これが地味に重い。
ヒーローには紆余曲折の人生が付き物なんでしょうか。
カート・ビュシーク、スタン・リー、クリス・クレアモント3名のライターのストーリーが楽しめるこの『アベンジャーズ:ハルク・ウェーブ! 』
複雑すぎない明快なストーリー展開、CG塗りではない当時のアート、凄まじい量のネームと読んでいて楽しい一冊になっています。
欲を言えばもっと収録作品を増やしてほしかったというぐらいでしょうか。
小プロの邦訳ではクラシックな作品は分厚めだったことが多いので。

【スタン・リー&ジャック・カービー/マイティ・ソー:アスガルドの伝説】
【デニス・オニール&ニール・アダムス/グリーンランタン/グリーンアロー】

ちなみに本書はいつものヴィレッジブックス価格(大体が約180ページ程で3000円越え)とは異なり、2625円という価格設定でした。
思わず「安(や)しー!」と叫んでしまいましたが冷静に考えればまだ本一冊の値段としては高い。
邦訳アメコミがいつか財布にやさしい価格で購入できる日は来るのだろうか。
関連記事

4 Comments

久仁彦  

私も買いましたー、安しー(えの素っぽく)。

キャプテン・アメリカ復活のエピソードが一番お気に入りです。
「ジャック・カービィ、再びキャプテン・アメリカを描く!」と銘打つ辺り
作家陣も気合を入れてる感じが伝わってきますね。
「怪しいから」といっていきなりビームだのハンマーだので容赦なく攻撃にかかるアベンジャーズの皆さんが面白すぎます。

でもコレ映画『アベンジャーズ』に乗っけて売るには通好み過ぎるような…。
『アベンジャーズ:プレリュード』は来月発売とタイミングが妙にズレているような…。
いや、面白かったしいいんだけど。

2012/08/14 (Tue) 17:27 | EDIT | REPLY |   

michael  

>>久仁彦さん
初期作品は「面白ければよかろうなのだ」と言わんばかりにさまざまな展開が詰め込まれてて読んでいて楽しすぎます。
僕はネイモア分も久々に補給できたのが嬉しい。

>『アベンジャーズ:プレリュード』は来月発売とタイミングが妙にズレているような…。
ファーストクラスの時のような緊急出版にはなりませんでしたね…
内容が前日譚であるなら極力映画を観る前に読みたいところなんですが。

2012/08/14 (Tue) 19:48 | EDIT | REPLY |   

夢浦忍  

ANUUAL#10に登場するローグの台詞が「アタイ」とか「キャッピー」とかの頭の悪い不良娘風で訳されているのが新鮮でした。キャプテンのことは「キャッピー」呼ばわりだしw

2012/08/18 (Sat) 00:33 | EDIT | REPLY |   

michael  

>>夢浦忍さん
「バイチャ!」というセリフもまた面白い翻訳でしたねー。
あえて時代に合わせたような訳し方をしている感じがしました。

2012/08/19 (Sun) 11:53 | EDIT | REPLY |   

Leave a comment