ツルゴアXXX

ARTICLE PAGE

21 2012

Final Fantasy IV Complete Collection

FF4CC.jpg

『FF4』『FF4 THE AFTER 月の帰還』、さらに追加要素としてFF4とFF4TAをつなぐ『インタールード』が収録されているFF4CC
アルティメットヒッツという名のベスト版が最近発売され、それに伴いDL版の値段も2100円と一気にお求めやすくなっていたのでさっそく購入しちゃいました。

おれはしょうきにもどった!
このセリフは漢字よりもオリジナルのひらがなの字面のほうが好き(個人的に)

ちなみにFF4はGBA版の要素(新ダンジョン、パーティー変更など)も収録されています。
かつてGBA版が致命的なバグまみれで大きく評判を落としてしまったため、ようやく安心してプレイできる移植版が出たといった感じでしょうか。
(厳密にはGBA版にも修正版が来ていたらしいですが

◆Final Fantasy IV
パーティーチェンジ
GBA版からの追加要素『パーティーチェンジ』 しっかりイベントシーンの会話も変化する

当時PS版を遊び倒し、その数年後に追加要素が豊富なGBA版の発売を聞き、一度は購入を検討したもののすさまじいバグの多さを耳にして地雷と判断し結局スルーしてしまったリメイク版FF4。
しかしPSP版FF4ではその数々のバグはしっかり取り除かれ、安心してプレイできる作品になっていました。
GBA版からさらにパワーアップしたような印象の移植です。
一部イベントシーンでは何気にDS版のムービーが挿入されたりもします。
(ただし人物が映らないシーンのみチョイス)

カルコ&ブリーナ

後、FF4TAを意識してかカルコとブリーナのドット絵がFF4TA遵守のデザインに書き直されています
どっちにしても不気味なんですが。

ゼロムス:EG

ゼロムス:EG2

追加ダンジョン『月の遺跡』の最深部まで進むと待ち受けている隠しボスの『ゼロムス:EG』なるボスとも戦いました。
昔SFCで発売されていた低難易度版FF4『FINAL FANTASY IV イージータイプ』版のデザインのゼロムスです。
でも強さは全然イージータイプじゃないのが特徴。


【ファイナルファンタジーIV オリジナル版とイージータイプの相違点】

FF4CCはFF4移植の決定版とでもいうべき内容になっていますが、かつてのPS版に収録されていたムービーはギャラリーモードでは完全にスルーされているのがちょっと残念。


◆FF4 Interlude
FF4、インタールード、FF4TAの3作品の内、好きな作品からプレイできるようになっています。
FF4はもう何回も何回もプレイしたので、初プレイはインタールードを選択。

インタールード

基本的にはこれからFF4TAに繋がっていくであろう伏線が軽く(本当に軽く)張られ、お使いの如く各地に出向くぐらいで、さほど大きな盛り上がりは無いストーリー展開でした。
最初からキャラクターのレベルは高めに設定されており、イベントの数も多くないため大体2時間ちょっとでクリアできる内容です。
FF4TAのプロローグを気楽に楽しめるように調整したんでしょうかね?
ただ、FF4TAと矛盾してしまう描写(ヤンの妻・シーラが産気づくシーン)があるのがいただけない。

◆FF4 THE AFTER 月の帰還
とりあえずちゃっちゃとクリアしてFF4TAのプレイに移りました。
FF4CCはFF4のもう何度目になるか分からない移植回数のほうが目立っちゃってますが
あくまでメインはFF4TAがPSPでパッケージ&DL販売されたという点。
公式でプッシュしているのもFF4TAのPSP移植という面ですからね。

オート戦闘

ず~っと気になっていたFF4の続編作品だったのですが、携帯アプリやらWiiでの移植やらで自分がプレイできる環境下になかったため、購入を半ば諦めかけていました。
んでもってPSPに移植されたら今度は別のゲームをプレイしてたところだったんで購入が後回しになっていたという…

FF4TAでは各キャラクターが主役のストーリーをそれぞれ楽しむオムニバス形式になっています。

引き継ぎ

で、ストーリーを遊び終えたらクリアデータをそれぞれ別々に保存。
カイン編と最終章ではこのクリアデータを引き継いでプレイすることになります。
(引き継がなくてもプレイは出来ますが、他のストーリーで獲得したギルやアイテム、キャラクターのレベルが継承されません)
そういう仕様なんで取り逃したアイテムや、やり残したサブイベントがあっても最終章に突入させてしまうともう手遅れ。
完璧主義なプレイを目指す人はそこに注意。
あと、引き継ぐ前にセーブデータを上書きしてしまわないように特に注意。
僕は1回間違って引継ぎ用のデータを上書きしてしまい泣きを見ました。
今では念を入れて1つの章に付き2つデータを作るようにしてます。
この仕様ホント怖い。

僕は攻略サイトを見ずにストーリー重視でプレイしてたので本来生存するはずのプレイキャラを死亡させたままにしてしまったり、取り逃したレアアイテムが大量にあるままゲームをクリアしてしまいました。
完全に後の祭。
次プレイする時は攻略サイトを解禁してアイテム集めとモンスター図鑑埋めに精を出そうと思ってます。

謎の少女

ストーリーは前作以上にSF要素がパワーアップ。
また、意図的に前作をなぞる展開が迷シーン含めてちょこちょこ挿入されるのでニヤリとする場面も多め。
(『いいですとも!』が無理矢理ねじ込まれてて笑った)
突然現れたもう一つの月、クリスタルを奪っていく謎の少女、他国に攻め入るバロン王国など謎が謎を呼ぶストーリーとなっており、なかなか続きが気になる作りになっています。

追加されたバトルシステムでは『バンド』と呼ばれる合体攻撃を探すのがなかなか面白かったり。
意外な組み合わせで技が発動したり、ネタ要素の高い技もあったりでバラエティ豊か。

最終幻想

また、FF4CCの独自要素である『オート戦闘』レベル上げ作業では地味に便利。
コンフィグでカーソル位置を記憶させておけば各キャラクターはその行動を取り続けるのでレベル上げ作業を行いやすいポイントを見つけて放置させてやるだけでモリモリレベルが上がっていきます。
オート戦闘では戦闘シーンが高速になるのもポイント。
快適にプレイできるというのは携帯ゲーム的にかなりありがたいところです。

そんなこんなでFF4TA、楽しんでプレイし終えました。
不完全燃焼な要素(月の民やフースーヤ、ゼロムスマインド関連)があったりしますが。
あと、新主人公のセオドアがどうにも影が薄く感じましたが(あんまりパーティーメンバーとして使ってなかったというのもあるんですけど)、彼含め新世代の子達はどれも魅力的なキャラになってたと思います。
やり残している要素がぶっちゃけ大量に残っているんで、また時間置いて再プレイしようかな。

2chスレ『FF4 THE AFTER -月の帰還- 51 -】より『時期限定の要素』メモ

12 :名前が無い@ただの名無しのようだ:2011/04/10(日) 20:50:01.40 ID:AVnR1b8XO
※アイテムコンプする際に注意すること
集結編以降入手不可

【レアお宝】
・●マインドF(各キャラ編)
・ルーンの杖(カイン編のチャレダン)
・眠りの剣(カイン編、一個は宝箱入手だが、二個以上入手したいとき注意)

【店売り】
・弓&鉄の矢(セオドア、リディア、ポロム編)
・ブロンズシールド(セオドア編)
・服(ポロム編)
・スピア(エッジ編)

13 :名前が無い@ただの名無しのようだ[sage]:2011/04/10(日) 20:57:52.33 ID:AVnR1b8XO
>>12
すまん、ブロンズシールドは眠りの剣同様99個にしたいときな

しっぽやククロも付け加えて、誰かテンプレート完成させてくれ

14 :名前が無い@ただの名無しのようだ[sage]:2011/04/10(日) 21:01:57.08 ID:haUeQkQp0
本スレにあったやつ

560 名前:名前が無い@ただの名無しのようだ[sage] 投稿日:2011/03/31(木) 18:28:51.62 ID:XcIYRwW50 [4/6] (PC)
TAの取り返しがつかない要素(アイテム編)
・謎の男のレベル抑え(後のカインのHPMPに影響)本編と違ってこれ以外は吟味必要無し
・アダマンタイトは各編で1個ずつカイン編のみ2個で合計10個
・アガルトタイトはリディア編クリア後もう一回とらないとコンプ不能
・リディア編のククロ鉱石は12個限定なんでコンプするなら、ダンシングダガーとトマホークを最小個数で作って残りを手元に残す
・召喚マインドフレアは終章以外のいろんなとこで出るけど集結いくまでに2個とっとかないとコンプ不能
・ギルバート編の銅と銀のしっぽは終章では手に入らない(金のしっぽは手に入る)
・月の民編では回想のゴルベーザから装備を剥ぎ取っておく
・集結編ではコンプ目指すなら小さな尻尾21個取って14個をにじのしっぽと交換、残り7個は手元に残す

15 :名前が無い@ただの名無しのようだ[sage]:2011/04/10(日) 21:08:56.99 ID:qQRQDj2X0
>>14
サンクス、わかりやすいな
しかしアイテム編と書いてあるのに1番始めが謎の男のレベル抑えとは言い得て妙で吹いた

17 :名前が無い@ただの名無しのようだ[sage]:2011/04/10(日) 21:15:57.42 ID:oRkm+xcHO
>>12
ルーンの杖は集結編エブラーナ洞窟に出るしょうかんしまで大丈夫
集結編までおKなのは他に天使の矢、巨人の小手、フレイムメイル&シールドかな?

20 :名前が無い@ただの名無しのようだ[sage]:2011/04/10(日) 21:22:04.13 ID:WypxRuGd0
多分抜けがある。
チャレダン限定品は全入手前提で

セオドア編
・セシルからパラディン装備をはがしておく
・弓、鉄の矢(リディア編・ポロム編でも購入可)に注意
・謎の男のパラメータが気になるのなら、レベルを上げないこと(リンゴ・雫で挽回は出来る)

リディア編
・ククロ鉱石(12)から、最低ダンシングダガー、トマホークを一つずつ作ること
ミスリルハンマーはいらない。ダンシング×2、トマホーク1で鉱石2(トンカチを1つ作っても良い)
が、推奨されるパターンか
・各所にある人形の服にも注意すること。取り逃すと地底には戻れなくなる
・カルコ&ブリーナの修理イベントを発生させる

ヤン編
・特になし

パロム編
・会員証系アイテム3種、女王装備はここでしか手に入らない
99所持を試みるなら死ぬ気で金策に励むこと

エッジ編
・忍びたちの生存フラグを立てる
・ザンゲツ編でスピアを購入する

ポロム編
・カイポで服を購入する

ギルバート編
・どうのしっぽ、ぎんのしっぽを最低一つずつ置いておく

カイン編
・特になし(眠りの剣を複数所持したい場合、地下水脈で粘ることになる)

月の民編
・最初か最後にあるイベントバトルでしっこくのけんを引っぺがしておく

終結編
・ちいさなしっぽ(21)、ちいさなしっぷ(7)

各フリーシナリオ
・○マインドフレアを2つ入手しておく
・ルーンの杖は集結編でも狙えるが
カイン編のほうが遥かに効率がいい
・巨人のこても同様。もっとも、チャレダン巡りをしていれば
一つくらいは手に入っている可能性が高いので、重要度は低い

各フリーシナリオ購入限定品は膨大な量になるので
99所持を試みる場合、以下を見て各自判断すること
http://www13.ocn.ne.jp/~ff9net/data/ff4ta/item/shop_handling_goods_list.html


◆おまけ

FF4TAのバンド技集。
オリジナルでは没バンド技でデータしか存在しなかった『フレイムザッパー』
FF4CCで新たにモーションも作成されているのに結局没データになっていることが判明した貴重な動画。

◆クリア後再プレイ雑記
※2012年8月29日加筆

フェイズ・フルバディ

ライトアーム・レフトアーム
気色悪っ!!

画像はFF4屈指のトラウマモンスター、フェイズが完全体として登場した姿、『フェイズ フルバディ』『ライトアーム レフトアーム』
フルバディのHPはなんと13万もあり、エンカウントで遭遇するモンスターにしてはキツすぎる相手です。
実際のところこの敵が登場するフロアーはエンカウント率が異様に低いので出会うにはちょっと粘る必要があるのですが。

そんなこんなで一度はクリアしたFF4TA、今度は攻略情報を解禁してちまちま再プレイしておりました。
そして先日2度目のEDを迎えたところです。
攻略情報を解禁してみると、取り残したアイテムや見逃したイベントがざくざく出てきました。
モンスターからのレアドロップを粘り続けるのは流石にしんどいのであまり頑張りませんでしたが、チャレンジダンジョンの報酬やイベントの類はなんとか全て回収。

1回目のプレイではスルーしたオメガ・神竜戦にも挑戦。

DSC00199.jpg

オメガ戦ではポロムを回復役に、セオドアとアーシュラのバンド技、エッジの投げる、アイテム係(たまにセオドア、アーシュラとバンド技を発動)のルカで挑戦。
ここで便利なのが全体スロウの効果を持つ消費アイテムクモの糸
強力な雑魚モンスター集団が出現した時やボス戦では重宝しています。
終章まで来ると道具屋で購入できなくなるため、地味に貴重なアイテムになるのが残念。
とにかくしっかり回復を行ったことで勝利。

DSC00200.jpg

とにかく強かったのが神竜。
エッジを外してギルバートを加入させました。
神竜戦では開幕ダイダルウェイブでメンバーのほとんどが沈んでしまうため、くすり+ナレッジリング(消費回復アイテムの効果2倍)装備のギルバートを回復役に、うかがうコマンドで一人完全回避した後に急いで体制を整えさせ、次のダイダルウェイブに備えてまたうかがうで引っ込ませる作戦で何とか勝利。
(セオドア&アーシュラはバンド技役、ルカはアイテム+攻撃役、パロムは補助魔法+回復魔法役)

DSC00201.jpg

攻略サイトを見るまで存在を完全にスルーしていたボス『デスゲイズ』
今作はレベル5デスが存在しないため、全体デスを放ってくる厄介なボスです。
即死体制を持つ装備を用意しておく必要があるという鬱陶しさ。
しかも一定ターンを迎えるとFF6よろしく逃走。何度かエンカウントして戦う必要がありました。
とはいえ強さは大したことなかったので普通に戦ってさくっと撃破。
そしたら『れんぞくま』を習得させることができるイベントが起こりました。

僕は迷わずパロムを選択。
連続でフレアを唱えさせることで一人で1万以上のダメージを与えることが出来る強力な黒魔導師に変貌。
エース級のキャラクターに。

そんなこんなで1周目のプレイ以上に強力な装備を揃えてしまったため、あれだけ苦労したラスボス戦が割とアッサリ気味に終わってしまいました…


ラスボス戦の曲は屈指の名曲 シアトリズムにも入れるべきだったと思う

ロストバブイル

ちなみにこのPSP版FF4TAにはクリア後に50万ギルを支払うことで挑戦できる敵・『ロストバブイル』なる隠しボスが存在するのですが、正直あまり強くないです。
撃破後の報酬として最大HPを上げることが出来る銀のリンゴ、最大MPを上げることが出来るソーマの雫が入手できるため、レベルがカンストした後もこの報酬でドーピングが可能。
ロストバブイルは「終章で余りまくるほどに貯まるギルの使い道を用意するために作られた敵なんじゃないか」と言われているとか何とか。
関連記事

0 Comments

Leave a comment