ツルゴアXXX

ARTICLE PAGE

08 2012

駕籠真太郎/ハーレムエンド

ハーレムエンド表紙

ハーレムエンド

主人公・伊藤清太は平凡な大学一回生。
「夢のキャンパスライフを謳歌するぞ!」と意気込んではみたものの、クラスの親睦を深める飲み会ではイマイチ馴染めずにいた。
そんな飲み会の途中、隣に座っていた可愛い金髪ツインテールの女の子が酔いつぶれてしまい、仕方なく家で介抱することに。

そして帰路につく途中で幼馴染と遭遇したり、腹違いの妹が転がり込んできたり、朝起きたら突然横に電波系な女の子が寝泊りしていたり、15年前結婚の約束をしていた女の子が登場したりと、立て続けに色んなタイプの女の子と出会うことに。
男の夢
平凡な主人公の周囲に突然5人の美少女が現れる萌えアニメのような状況

そこから色々あって5人の女の子との共同生活がスタート!
突然アニメのようなハーレム状況に身を置く事になった主人公、一体どうなってしまうのか!?
本作は、奇想漫画家・駕籠真太郎先生が描くまさかのドタバタラブコメディー!




















分担
嘘です。

彼女らは復讐サイト『ハーレムエンド』のメンバー。
男に恨みを持つ女性たちの依頼を受け、ターゲットに接近、男に天国を味わわせた後に地獄を見せるのであります。

死体は丁寧に解体され、肉や骨はミキサーで細かく砕いてトイレに流し、内蔵も全て取り出して丁寧に処分…
彼女らの手馴れすぎている解体シーンは非常に事細かく描かれます。

そんな『ハーレムエンド』が次のターゲットに選んだのはアニメ制作会社『フリッカーズ』の社員・河森正三。
いつものように各自キャラクターを設定してからハーレムを仕掛け、作戦を実行に移すメンバー達。
しかし、この男に手を出してしまったことで『ハーレムエンド』に危機が訪れてしまう…

なんと、アニメ制作会社『フリッカーズ』人間の死体を使ってストップモーションアニメを制作している狂気の会社だったのです!
『フリッカーズ』の社員に手を出してしまったために、『ハーレムエンド』のメンバーは彼らに命を狙われてしまうことに。

『ハーレムエンド』『フリッカーズ』…最後に残るのはどちらなのか!?
シタイアニメ

本作『ハーレムエンド』のコンセプトは『アニメ』
実在のアニメ作品やアニメの製作現場、声優などアニメに関する事柄をネタにしている部分も多々あります。
例えば『フリッカーズ』に襲われることになる被害者がどう見ても平野綾だったりとか、『フリッカーズ』の制作するシタイアニメってのが『まどか☆マギカ』だったり『ラピュタ』だったりとか。

でも一番注目したいのはパロディではなく、シタイアニメの作り方。
ちなみに人間の『肢体』を使うから『シタイアニメ』と呼ぶのだとか。

死体は外骨格を取り付けて支えながら動かしていきます。
外骨格がカメラに写らないように、それでいて動きが単調にならないようカメラの見切れを考えて撮影していくのですが、そのあたりの解説が異様なまでに丁寧。
制作現場

『肢体アニメのつくり方』『基礎編』『応用編』と用意されており、ちょっとした教材テキストのように読む事が出来ます。
カメラの見切れを意識した撮影技法だけでなく、アニメらしい誇張表現を撮影するためのテクニックも解説。
死体アニメ
この解説を基にすれば実際にシタイアニメを作ることも可能だったりして…

短編集

本書にも『アナモルフォシスの冥獣』の時のようにちょっとした短編5作品が収録されています。

・美少女探偵 天外沙霧 恐怖の殺人列車
・美少女探偵 天外沙霧 死の同窓会
・美少女探偵 天外沙霧 恐怖のいけにえ
・消しゴム
・ネ申ラーメン

天外新作
今回も『うぶモード』に掲載されていた作品が楽しめます。
天外沙霧シリーズのバカミス作品っぷりは大好きです。
眼鏡っ子助手・長門雪ちゃんも登場しますます華やかに!
トリックは更にバカバカしくなってます。
3本目『恐怖のいけにえ』では大臣の裏の顔を撮影するためにありあわせのモノでカメラを作り出すのですが、用いた材料のぶっ飛びっぷりは是非チェックして欲しいところ。

コレは売れる『消しゴム』『ネ申ラーメン』という作品もおバカな一編となってました。
『消しゴム』は消しゴムが使用禁止な女子高が舞台。
訂正したくとも訂正できないもどかしさを発散するため、隠れて消しゴムを使用する女生徒。
隠れて消しゴムに手を出していくうちに、彼女は消しゴム無しではいられなくなっていくというお話。
『ネ申ラーメン』ラーメンのトッピングに娘の髪の毛を入れたところ大ヒットした貧乏ラーメン屋が舞台の作品。
味を占めた店主はどんどんエスカレートしていき最後には…
こんな感じにどの短編も気楽に読めるギャグばかりとなっています。

駕籠先生、一時期ツイッターで様々なアニメを全話視聴した事をよくツイートしていたのですが、本作『ハーレムエンド』を描くための勉強も兼ねていたんだなぁと思いました。
人体破壊、エログロ、ブラックユーモアなどを詰め込みつつ、約200Pで纏めきっているこの作品。
スリリングなストーリー展開が魅力です。
関連記事

0 Comments

Leave a comment