ツルゴアXXX

ARTICLE PAGE

03 2012

若燕P

■概要
カップリングモノ、ギャグ、シリアス系など幅広い作風で活躍されているニコマスP。P名の読みは「じゃくれん」
どの作品も数話で綺麗に纏まっており、かつ一気に視聴したくなるほどシナリオが作り込まれているのが特徴ですが、気楽に読める短編も数多く投稿中。
pixivではSSを、またノベマス以外ではアイマス曲を使用した『マッシュアップ楽曲』も発表されています。

■作品
961の春香


ドームでの一大コンサートを成功させ、有名アイドルの地位を確立しつつあった春香。
しかし今後の活動方針でPと揉めてしまい、結果961プロに移籍を決める事に。
こうして春香は961プロで新たなアイドル活動をスタートするのであった!


全10話+αで完結済。
春香や765プロに振り回される黒井社長の姿が面白いギャグ系のノベマスです。
黒井社長と春香の組み合わせが結構しっくりきているのがまた良い!
春香Pへの対抗心から正攻法で春香をプロデュースする黒井社長の姿は要チェック。
P時代の回想シーンなども描かれており、黒井社長ファンには堪らないのではないでしょうか。
三浦あずさの婚活



『婚活』のビッグウェーブに今更ながら乗り出したあずさ。
狙っているPをオトすため、春香と伊織の協力を(無理やり)仰いであの手この手で攻めまくる!


全9話のラブコメディ。
あずささんのキャラ崩壊が凄まじいですが面白い作品です。
また、ギャグだけでなく、序盤に張られた伏線から展開するシリアスパートもなかなかに目を引く内容。
基本キャラ崩壊系のギャグノベマスでありながら、終盤には感動のフィナーレが待ち受けています。
秋月涼消失


涼とのデート中の“ある出来事”が原因でちょっとした口論になってしまった事を謝ろうと、876プロを訪れた夢子。
だがそこには涼の姿は無かった。それだけではなく、『最初から876プロに涼という名の男性アイドルはいない』というのである。
何故かは分からないが、自分の知っている涼が居ない並行世界に訪れてしまった夢子。
元の世界に帰る手だてが見つからないまま二日ほど過ごしたある日、夢子は絵理から『R-A』という謎のアイドルの存在を知る。


全7話で完結済のパラレルワールド物のノベマス。
舞台となる並行世界では夢子が絵理の親友になっていたり、イケメンアイドルとして涼がデビューしていたりと、本来の世界とは色々登場人物の立ち位置が異なっているのが新鮮で面白い一作です。
もちろんメインとなるのはりょうゆめの恋愛ストーリー。
どのように話が着地していくのか、一度見始めるとラストまで止まらなくなる内容です。
は真美と婚したい


20XX年6月某日、男女共に満13歳以上から結婚が可能になる『早婚法』が制定された。
『特殊な性癖』を持つ一部の男達が歓喜の声をあげる中、ある一人のプロデューサーが大きな決意を胸に秘め、765プロに出社するのであった…
「俺は、真美と結婚したいんだ」


全7話で完結済。
本人はいたって真剣であるものの、傍目にはただのロリコンなP。
意外とまんざらではなさそうな真美のリアクションがまた面白いラブコメ系のノベマスです。
Pの立ち絵が赤羽根Pなのも笑いを誘うポイント。

夢子ちゃんの○○○


TV番組の生放送に出演しているため、早着替えを強制される涼と夢子。
控室であわてて着替えを済ませようとした涼は、うっかり夢子のカバンと自分のカバンを落としてしまい、その時のゴタゴタの所為で間違えて夢子のパンツを穿いたまま収録を終えて帰宅してしまう。
自宅で夢子から電話が入り初めてその事実に気付く涼。
そして彼がとった行動は…


時系列的には夢子にまだ性別がばれていない時のお話。
思春期真っ盛りの健全な男子が女の子のパンツをゲットしちゃったら…
下ネタ度のかなり高い短編動画ですが、高校生男子している涼の姿があまりに面白い一作。
ここはロスじゃないから!!


ロスでの活動を終え、日本の765プロに帰国した千早。
向こうでの活動を通して成長した千早はなんと…アメリカかぶれになっていたのだった!


暴走しっぱなしの千早それに振り回される春香そしてちょっと黒いやよいの3名が織りなすコメディ作品。
アイマスDSで千早がロスに篭っていたことから発生した「ロス千早」というネタが本作的にノベマスで作られ始めたというのにも注目。
にわか never mind!


最近調子に乗った言動が目立つ李衣菜を懲らしめるため、Pと夏樹と拓海は結託してドッキリ企画を仕掛けることにする。
しかし三人は李衣菜からの思わぬ反撃を受ける羽目に…


だりーの『にわかロック好き』、なつきちの『ガチのロック好き』という二次創作でのイメージを逆手に取った展開が面白い、若燕Pが初めてノベマスでモバマスキャラをメインに据えたコメディ短編です。
(※余談ですが、若燕P初のモバ二次創作はpixivで公開された『こいのかぜ、ふいた』という作品になります)
クロイ×ナターリア


日高舞を打ち倒すため、様々なアイドルを発掘して挑んでは完膚なきまでに叩き潰され、ユニット戦略に行き詰っていた黒井社長。
そんな彼の前に自分の身内を名乗るブラジル人の少女・ナターリアが現れる。
全く自分との接点が見当たらない謎の少女に戸惑う黒井社長だったが、そのハイレベルなルックスを見て、身内云々の問題は保留にして彼女をアイドルとして迎え入れることを決める。
こうして黒井社長と謎の少女・ナターリアとの新たなアイドル活動が始まった。


モバマスに登場するアイドル・ナターリアと黒井社長という意外過ぎる組み合わせが楽しめ、また彼女と社長との関係の謎を追いかけていくという気になるストーリーのノベマス。
『第七次ウソm@s祭り』投稿作品であるため、続編が来るかは分かりませんが…
Gravity


半年前、車に乗っていた時に交通事故に遭ってしまい、愛するPを失ってしまったあずさ。
その事故をきっかけに、いつしか彼女の心の奥底には悪魔が潜むようになり、幸せに暮らす人々に対して妬みを感じるようになってしまう。
そしてその感情を、同じ事務所の仲間の私物を盗むという行為で発散するようになっていく。
ある日、夢子の惚気話を聴かされた帰り道、あずさはとうとうコンビニで万引き行為に及んでしまう。
だが、その光景を夢子の彼氏である涼に目撃されてしまうのであった。


非常にシリアスで、待ち受ける展開からハッピーエンドが想像できない『第七次ウソm@s祭り』投稿作品。
最初の内はまだ軽い悪事で黒い感情を発散していたあずささんが、動画終盤では取り返しのつかない行動に出てしまうという、とても胃が痛くなるストーリー。
メチャクチャ気分が落ち込むダークな一作ですが…正直この後が気になるので続いてほしい!!
ドスケベなのはどう考えてもP悪い!


清純派としてプロデュースされながらも、ファンからは「歩くセッ○ス」という卑猥なあだ名を付けられているアイドル、新田美波。
エッチなアダ名と美波のイメージのギャップに、彼女のプロデューサーは怒りを覚えていた。
……しかし、本当の彼女はセッ○スに興味がありすぎるガチのドスケベだったのだ!


モバマスに登場するアイドル、新田美波を主役に据えた全7話で完結済のコメディ作品。
タイトルは漫画『私がモテないのはどう考えてもお前らが悪い!』のパロディですが、内容は完全オリジナル。

原作での美波は健康的なスポーツ少女であり、かつ学業もおろそかにはしない、文武両道の正統派美人女子大生なのですが、表情や衣装が絶妙にエロいことから『歩くセッ○ス』という専用タグがいつしかpixivで用いられるようになってしまったキャラ。
本作は、そんな彼女の二次創作ネタを逆手に取った斬新な発想の一作です。

担当Pにばれないよう、彼の目が届かない所では下ネタをここぞとばかりに連呼して気分を発散させる美波。
そんな彼女に振り回される弟やユニットのメンバーはツッコミに大忙し。
ただ、毎話下ネタギャグに終始しているわけではなく、新田弟と幸子のラブコメ描写や、続きが気になる伏線の貼り方などにも若燕Pの本領が発揮されております。
一話から最終話まで見どころたっぷりな、面白可笑しいオススメのノベマス。
智絵里が笑いを求めるのは間違っているだろうか


最近少しアイドル活動に自信を失い気味な智絵里。
もともと積極的な性格ではないのに、お笑いやバラエティの仕事が増えてきた事に疲れを感じていたのだ。
しかし、つけっぱなしにしていたラジオ(動画中では何故かどう見てもテレビ)でバラドルの女の子、難波笑美が智絵里の事を「バラエティの才能がある」と評価しているのを知り、「私、お笑いイケルのかも!?」と燃え上がり始める。
こうして智絵里は同じ事務所のアイドルたちからアドバイスを受けつつ、バラエティ方面で活躍していく意志を固めるのだった!


登場アイドルがことごとくバラドル方面に振り切れつつある設定のコメディ作品。全5話で完結済。
「びっくりするぐらいアイドルに『笑い』が求められている時代」という世界観設定がある意味ではリアル。
例によってテンポ良く、登場人物の小気味良い会話が面白い!バラエティでウケを取ろうとして絶妙にズレた行動を取ってしまう智絵里がカワイイし吹く。
そして笑美は有能な解説員。
果たして智絵里は作中でどのようなアイドルとして地位を固めていくのか!?

■関連リンク
【若い燕の憩いの場】
【pixiv】
【若い燕の巣】
【ツイッター】
【ask.fm】
関連記事

0 Comments

Leave a comment