ツルゴアXXX

ARTICLE PAGE

27 2012

買おうかどうか迷ってるアメコミ原書

あの子達の涙の味がするね!
涙の味

アメコミの原書でずっと気になってるヤツがあります。

それは2012年10月27日に発売予定(当初9月19日発売だったけど延期したっぽい)である『Marvel Zomnibus』
なんと1200ページ以上という分厚さを誇る本
マーベルゾンビーズシリーズを纏めた一冊になっているのだとか。
【Make Mine A Marvel Omnibus】

【収録作品】
・Dead Days
・Marvel Apes: Prime Eight
・Marvel Zombies: Evil Evolution
・Ultimate Fantastic Four #21-23 and #30-32
・Marvel Zombies #01-05
・Black Panther#28-30
・Marvel Zombies 2 #01-05
・Marvel Zombies Return#01-05
・Marvel Zombies 3 #01-05
・Marvel Zombies 4 #01-05
・Marvel Zombies 5 #01-05
・Marvel Zombies Supreme #01-05

2以降のシリーズも気になるんですが、ゾンビーズの前日譚である『Dead Days』やゾンビーズの発端となった『Ultimate Fantastic Four』「クロスオーバー編」は読んでみたいと思っていたんですよね。
初の原書デビューはこの『ゾムニバス』にしようと思っているのですがどうでしょうか。

前に出たゾンビーズの邦訳ぶっちゃけそんなに小難しいセリフがなかったんで、「英語が苦手でも頑張れば読めるんじゃないか」とか考えてたりしてます。

ちなみにツイッター見る限りなんか邦訳版は普段アメコミを読まない層も結構購入してたっぽくて、かなり売れ行きが良かったのだとか。
邦訳アメコミでは珍しくすぐに重版がかかるほどに。
そんで調子に乗って『2』以降も邦訳したりしないかなとか思ってたんですが、さすがにそんな事はしなさそうです。
だからこそ、この『Marvel Zomnibus』が気になって気になって仕方がないんですよねー。
まあ発売するのはずっと先の話だし今購入を悩んでてもしゃーないんですけど。

それに1万以上もするハードカバーの本だから、
邦訳アメコミに手を出している状況でこの本まで購入する金銭的な余裕があるのかもわからないし!
マーベルエイプ
ゾンビーズも謎コンセプトだがマーベルエイプスも謎なコンセプトだと感じる今日この頃

関連記事

2 Comments

久仁彦  

最大の敵は『積ん読』

英語検定準二級レベルでチラホラ読んでいますが結構読めちゃうものですよ。
「辞書も引かずザッと最後まで手持ちの語彙で読み通し」てから「一ページずつ携帯電話の英和辞書で調べながら読む」という
外道読みなのであまり参考にならないかもしれませんが…。

島本和彦先生いわく「漫画はパッと読める」モノですので開いてみれば何とでもなると思います。
しかし1200P…人気あるんだなあゾンビーズ…。

2012/05/28 (Mon) 19:15 | EDIT | REPLY |   

michael  

腹ン中ではなんだかんだで購入を決めてたり

>>久仁彦さん
やっぱとりあえず読んでみるのが一番なんでしょうかね!
原書のほうもちょこちょこ手を出してみたいと思います。
…財布がクライシスしていなければ。

>しかし1200P…
コミックに限って言えば日本ではなかなか考えられないレベルの分厚さの本ですよねー。
『New 52』をまとめた『DC Comics: The New 52』って本も1200ページ越えてますし。
もうこれ普通に凶器か何かなんじゃないかと。

2012/05/28 (Mon) 21:45 | EDIT | REPLY |   

Leave a comment