ツルゴアXXX

ARTICLE PAGE

18 2012

カイザーP

■概要
『春香×雪歩』、いわゆる「はるゆき」を中心とした百合カップリング物を多数投稿されているニコマスP。
その動画投稿数はすさまじく、2012年1月時点でその数300作品以上にも上ります。
百合m@s中心でありながら海外小説(ロード・ダンセイニのやブライアン・ラムレイの作品、クトゥルフ神話など)を基にした個性的な動画も多く、加えて翻訳文のようなややくどいテキストが持ち味です。
立ち絵の多くをダンス映像から切り取っているのも特徴的。

作品によっては異様に濃い内容のクトゥルフ神話教養講座だったり、テンションの高い下ネタギャグ理解しがたいカオスな内容であったり、シリアスな百合ノベルだったりしますが、どれも妙に引き込まれる文章と映像で作られております。
ちなみに「はるゆきスケッチ」や「魔幸譚」といった一部のノベマスは、カイザーPがかつて自身のサイト上で発表した二次創作SSのリメイクだったり。
また、アイマス以外では『東方project』のキャラクターを用いた百合作品も複数発表中。
【長編連載作品の紹介はこちら!】

■作品
ゆきぴょんといっしょ

 

【エロのアルタミラ】
プロデューサーと恋仲となっているFランクアイドル・萩原雪歩。
ある日、街で偶然買い物帰りのプロデューサーを発見。どこに寄って帰ったのか何の気なしに店を探してみると何とアダルトグッズショップを発見
驚き戸惑い、店の前に立ち尽くす雪歩。そこに小学生たちが現れ、あれやこれやとからかわれ始める。
その場にいることが耐えられなくなった雪歩はつい店の中に逃げ込んでしまい……

【象コロリ編】
雪歩とのプレイに最近マンネリを感じているP。
Pは「ここは何か新しい刺激を加えよう」と思い立ち、アダルトショップに立ち寄る。
そして、その店で『象コロリ』という強力な媚薬を入手するのであった!


ごく自然な流れでアダルトショップの店内をうろつく雪歩の姿が楽しめる一作。
前日譚である象コロリ編はガチなエロ描写も含まれる、ギャグ成分多めのややアダルトな内容となっています。
愛と春香が雪歩をめぐってバトルシチュー


LIKEではなくLOVEな意味で雪歩の事が好きになった愛。
同じく雪歩の事を愛している春香。
二人はこの恋愛勝負を料理対決で決めることにするのだった。


開始数秒で百合百合しい展開が始まる一作。
愛のシチューを食べた雪歩のリアクションは必見。
春香と雪歩は、愛し合っている


ドラマの撮影で、共演者の先輩アイドルから嫌がらせを受けて悩んでいる事を春香に報告した雪歩。
それを知った春香は雪歩を救うため、自分が崇拝する神、大いなるゾタクァ―ツァトゥグァに貢物(やよいのスク水)を捧げ、その先輩アイドルに呪いをかけてもらうのだが…


IMO氏による美麗でエロティックなはるゆき挿絵、カイザーPの高い文章力、ツァトゥグァのCVに井川KP起用となんとも盛り沢山な短編。
本短編の春香さんは特にイケメンカットが際立っていると思う。
雪歩は社長に恋をする


高木社長に恋心を抱く雪歩。しかし今のままではこの恋は実りそうにない。
そこで雪歩は春香に恋愛相談をしたところ、彼女の提案で体力を付ける猛特訓を施される事に。
連日続いた春香の厳しい特訓を見事にこなし、ついに告白の時がやって来る。


『少女マンガm@ster』参加作品であり、なかよしやちゃおのような児童向け雑誌の読み切り風を目指したとの事ですが…良い感じにいつも通りの一作。
高木社長×雪歩という斬新なカップリングの短編ですが、その結末はと言うと…
春香さんが雪歩のためにエロ薬を買うお話


恋人である雪歩との性行為に変化を持たせたいと考えた春香は、社長に相談し色々な道具を売っている店を紹介してもらった。
そこで怪しげな薬を購入、さっそく雪歩にその薬を混入させた紅茶を飲ませ、その効果が現れるのをじっくりと待つ春香。
しばらくすると、雪歩の表情が変化し始め…


『エロm@s』参加作品。
イケメンフェイスで堂々と雪歩にエロい要求をする春香さんは一周周ってカッコよく映る。
動画版では大事な場面でキング・クリムゾンが発動してしまいますが、代わりにpixivでノーカット版を閲覧することが可能です。
【春香さんが雪歩のためにエロ薬を買うお話】
愛があればギスギスなんて!


夜の営みで失敗して険悪な状態の春香と雪歩。
それを見かねたPは春香と雪歩にちょっとした説教をして仲を改善させるのだが、今度はそれが災いし、二人と同じユニットのやよいが孤立し始めてしまった。
そこでPは思い切った“ある一計”を案じる。


2のギスギスシステムを題材にした百合ラブコメディ。
明らかにツッコミ役が足りていない、カイザーP節が絶好調な作品です。
【アイドル探検隊】 ののワの山脈にて

 

765プロと876プロで南極圏の共同捜査を行う事になり、後発隊の春香、雪歩、やよいの三人はPと一緒に先発隊の愛の後を追いかける。
そして調査を進めていくにつれ、彼女達は高度な知的生物の存在を知る事に…


作品のベースとなっているのはH・P・ラヴクラフトの『狂気の山脈にて』
相変わらずいちゃいちゃするはるゆきと、辛辣なツッコミを入れまくるやよいというある種バランスのとれた三人で構成されたカオスなギャグ短編です。
友達以上からはるいお 序章


勇気を出して春香に告白した伊織。
最初は伊織からの告白を単に遊びの誘いと解釈していた春香だが、後で雪歩と真から愛の告白だったことを知り、“友達以上恋人未満”から始めるのだった。
しかし春香との普段のデートが友人付き合いのソレと変わらないため、伊織はフラストレーションを溜め込んでしまう……


『第五次ウソm@s祭り』投稿作品であり、まさかの非はるゆきノベな百合m@s。
はるいお推しな焼き肉Pに向けた一作とのことです。
いつものカイザーP作品とは異なり、鈍感な面が目立つ春香さん。伊織の恋の行方やいかに……?
世界の中心で太鼓を叩いたやよい


やよいは家庭訪問に来た社長に「幼くも元気溌剌で素直なアイドルである君はペガーナ神話を勉強するべきだ」と勧められ、他のアイドルからは隠れて異境の神話レッスンを受ける事になった。
それから数日後、神話の知識を得たやよいは、さっそくその知恵で同じ765プロアイドルに救いの手を差し伸べていく。


終盤のカオスな一枚絵と、もはや必然ともいえるはるゆきオチが目玉な一作。
というかなんだこれは。
やよゆき恋景色


今度大舞台に立つ雪歩を心配して、小鳥に思わず相談してしまうやよい。
しかし小鳥に「心配する理由はそれだけ?」と問われ、思わずうろたえてしまうのであった。


ちょっと珍しいカップリングの『やよゆき』
自分の気持ちと相手の気持ちに気付けない子供なやよいと、その感情が何なのかを教えてくれる少し大人な雪歩が描かれる、甘~い百合M@Sです。
はるゆきの愛と平和の歌


アイドルアルティメイト予選の会場に向かう途中、雪歩は天から神の声を聴く。
『雪歩よ、主なる神と社長に仕えるのではどちらが優れていますか』
「それはもちろん神です」と答える雪歩。
『では家に帰りなさい。あなたが何をすればよいかそこで示されるでしょう』
雪歩は神の声に従い家に帰り、人類の救いの為、神と人々の奉仕の為に生きることを決意。
765プロを退社し、ひとりのアイドルとして生きていくことを決めたのだった。


『アシジの聖フランシスコの第二伝記』が元になっている、前・中・後の全3篇からなるノベマス。
新興宗教兼アイドル事務所を設立した雪歩の物語。
聖書の教訓話のような複数のエピソードをシュールな雰囲気を醸し出しながら描かれていきます。
いちいち水着姿で謎ポーズを取りながら説法する雪歩の姿が妙にエロ面白い一作。
春香は雪歩に舐められたい


雪歩のマイディアヴァンパイアに『きゅんきゅん』きた春香は、社長に頼んで雪歩の衣装を手に入れる。
あとはいかにして雪歩に衣装を着てもらうかなのだが、考えを張り巡らせた結果、彼女はある名案を思い付く。


『製糖派砂糖まつり』で投稿された濃厚なはるゆき動画。
春香が雪歩にExtend衣装・『マイディアヴァンパイア』を着せていちゃつくだけの内容。
いつも思うのですが、カイザーPの春香の表情チョイスは絶妙すぎます。
井戸のなかのもの


テキサス州の田舎町にある765プロに一人のシスター、萩原雪歩がやって来た。
彼女はそこで、プロデューサーを殺害した疑いをかけられ檻に入れられているやよいという少女に出会う。
やよいが言うには、自分が殺したのではなく、自分を守ろうとしたプロデューサーが逆に怪物に食い殺されてしまったのだという。
雪歩はその言葉を信じ、やよいを連れて事件が起こった現場に向かうのであった。


『クトゥm@s祭2』にて投稿された、ジョー・R・ランズデイルの『這いうねる空』がベースとなっている作品。
やたらセクシーな衣装に身を包んで戦う雪歩の活躍と、あいかわらずナチュラルにカオスな世界観が魅力の一作。
下着がくれた告白


春香になかなか想いを伝えられず、ずっと片思い中の雪歩。
そんなある日、事務所で「自分の想いを託したものを下着に付けると願いがかなう」というおまじないが流行っている事を知る。
さっそく実行に移す雪歩。果たしておまじないの効果は表れるのか…?


『はるゆきm@ster2』参加作品。
真面目な表情でカオスな下ネタ会話が繰り広げられるなんというかいつもどおりなカイザーPのはるゆき動画。
二人の愛がお寿司を救うと信じて!


トップアイドル、天海春香とアメリカの料理番組で共演することになった絵理。
絵理はさっそく厨房に立って調理に取り掛かろうとするが、瞬間、触手を備えた謎の生物に襲われた昔のトラウマがフラッシュバックする。
何故突然昔の記憶が掘り起こされたのかわからず困惑する絵理。その時、店の様子を覗きに行った春香の悲鳴が響く。
急いで声のした場所に駆けつけると、そこには驚きの光景が広がっていた。


キマシP主催の投稿企画『はるえりホームパーティー2014』の支援を兼ねている、クトゥルフネタのはるえりノベ。
原作はシェリー・プリーストの『悪い寿司』
(未邦訳作品。『The Book of Cthulhu: Tales Inspired by H. P. Lovecraft』に収録されており、原題は『Bad Sushi』となっています。)
絵理が引きこもりになった原因、一々インパクトのある春香さんの謎モーション、迫力の殺陣とはるえり要素。
約4分という尺に様々な名シーンが詰め込まれているシュールな一作です。
ありすと幸子の恋に至る序破急


幸子とユニットを組むことになったありす。
常に自信満々な発言を繰り返す幸子に対して最初はあまり良い印象を抱いてなかったありすだったが、何だかんだで二人で色々な仕事を順調にこなし、時には彼女に助けてもらうこともあった。
そんな日々を過ごしていくうちに、ありすは幸子にあこがれの感情を抱くようになっていく。


カイザーP初のデレマスノベであり、「ありさち」というやや珍しいカップリングが描かれる一作。
例によってシュールで独特なセリフ回しを挟みつつも甘々な展開に真っ直ぐ突き進んでいく安心の内容。
ずっとありすに対して余裕な態度を取っていた幸子だけれども、ラスト付近でのありすからのアプローチにはさすがに動揺しまくる画がもうほんと好き。

■関連リンク
【幻夢境】
【〈月出ずる彼方の土地〉】
【ザ・インタビューズ】
【pixiv】
【ツイッター】
【ロード・ダンセイニ】
【クトゥルフ神話】
【見過ごし通りのとある店(カイザーPの隠れ家)】
【ニコニコ静画】
関連記事

0 Comments

Leave a comment