ツルゴアXXX

ARTICLE PAGE

17 2012

介党鱈P

■概要
アイドル達が『ぷよぷよ』で激突する架空戦記『ぷよm@s』をメインに投稿されているニコマスP。
着目すべきなのはなんといってもシナリオのレベルの高さ。
介党鱈Pが描くその怒涛の展開は惹きこまれずにはいられないはず。

■作品
ぷよm@s

 

ある日の765プロ。
小鳥が亜美と真美にゲームで勝つため、『す~ぱ~ぷよぷよ』を事務所に持ち込んで対戦しているシーンから話は始まる。
あまりに他を寄せ付けない圧倒的な実力を見せつける小鳥は、アイドル達に「ぷよぷよで負けたらアイドルデビューする」という賭けをさせられる羽目になってしまうのであった!

こうしてある者は小鳥をデビューさせるために、ある者は純粋にぷよぷよの対戦を楽しむために、またある者はPに振り向いてもらうために、それぞれの思いを胸にして、765プロ内でのぷよぷよ対決の火蓋が切って落とされる事になったのである!


SFC『す~ぱ~ぷよぷよ』での対戦を題材とした架空戦記モノの作品。
この作品の素晴らしい点は、なんといっても数多くの連鎖法を用いた技術の競い合いを、熱い展開と熱い対戦動画を楽しむことができるという点。
各アイドルはそれぞれ特徴的な連鎖法を駆使して対戦していくため、様々な戦法のぶつかり合いを見ることができます。
一見するとシンプルなルールである『ぷよぷよ』が、極めるとここまで奥深い読みあいが要求される対戦パズルゲームだったとは…
視聴後は実際に『ぷよぷよ』をプレイしたくなること請け合い。

演出面も凝っており、ぷよ対戦中の選曲や、凝った改変立ち絵、有志による書き下ろしの一枚絵など、ぷよぷよ以外での盛り上げ要素も豊富です。


また、『ぷよm@s』内では実力に乏しいやよいをメインに据えた、初心者向けの講座動画も発表されています。
簡単な連鎖の組み方からスタートする丁寧で分かりやすい解説となっているので必見。
番外編とはいってもストーリーはしっかり繋がっているのでそういう意味でも。
プラネット☆ラヴ

 

その日やってきた転校生のやよいは、自分のことを「異星人」だと説明した。
彼女の目的は「地球のみなさんと仲良くなること」
やよいのあまりに電波な発言にクラスメイト達は当然距離を取ってしまい、転校初日にもかかわらず話しかけているのは彼女に興味津々な美希と、正直まともに相手をしたくないと考えている千早のみ。
しかし、そんなやよいと付き合っていくうちに、美希と千早は信じられないような出来事に巻き込まれていくのであった。


PV担当:deadblue238P、シナリオ担当:介党鱈P、デザイン担当:947daPの3名によって製作され、『シネ☆MAD3rd』にて発表されたノベマス。
『千早と美希の通う高校に、ある日転校してきたやよい。彼女は自分がエイリアンだと主張するが・・・』という掴みでスタートする大作SF全8話で動画時間も程良く纏まっており、なによりストーリー展開が秀逸!

ホントにもう商業レベルとしか思えない内容となっていました。個人的にはネタバレ対策として初見時はコメ非表示をお勧めします。
一本のSFジュブナイル映画を見ていたような感覚に陥りましたよ。

ちなみに、シナリオ担当の介党鱈Pによると、本作のシナリオは「エイリアンの大真実」という本の影響が強いのだとか。

■関連リンク
【ツイッター】
関連記事

0 Comments

Leave a comment