ツルゴアXXX

ARTICLE PAGE

22 2012

個人的に気になったゲームニュース2つ

嬉しいニュースが飛び込んできましたよー。

まずは、PSアーカイブスに『私立ジャスティス学園』の配信が来たーーっ!
スムージング降る画面_convert_20120222212226

さっそくDL購入してプレイ。
ついでにスムージングをかけてフル画面に設定してます。
これがかなり綺麗な映像になるんでおススメ。擬似HD版。

PS移植版はアーケードの移植版+α(ストーリー会話のフルボイス化など)である『アーケードDISC』伝説の熱血青春日記モード収録『エボリューションDISC』の2枚組みとなっているのですが、
僕はもうアーケードDISCそっちのけ『エボリューションDISC』の熱血青春日記ばっかやってます。

格ゲー要素と学園生活シミュレーション要素が一緒になったこのモード。
メインはオリジナルキャラクターのエディットなのですが、ゲームの登場キャラと友情やら愛情やらまで深めることが出来る実に凝りまくったモードなのです。
同姓カップルでエンディングを迎えることまで出来るすさまじい内容。
熱血青春1_convert_20120222213151

女性主人公にしてこんなシチュエーションに持っていくことも可能です。
逆に男同士でも可能です。
ちょっと性別に問題がある気がしますが、逆に言えば性別ぐらいしか問題はないですよね?

さらに自作したキャラは実際に対戦モードでも使用可能。
自作キャラ_convert_20120222213358

雛子_convert_20120222213409

初プレイでは突き出しをメインに蹴り技も用いて戦う変な女性キャラが出来上がりました。
ま、まあ個性があって良いか!

今日のアーカイブス配信は実に嬉しい内容でした。
何しろ『権利関係が複雑で配信は絶望的』なんて噂が立ってたくらいのゲームですから。
(ゲーム内に実在の企業の広告や版権キャラクターが登場するため)
しかし、今回ありがたいことに配信が叶ったというわけで。
アーカイブスは『あのゲームは絶対来ない』と言われていたゲームが来る事が増えてきましたねー。スパロボとかガンパレとか。

とはいえ、このゲームを配信するためにかなり奔走しまくったのは事実なようです。
以下『カプコン レトロゲーム担当 @capcom_retro』のツイートより引用。

ここからは余談です。実はこのタイトルを配信するのには、ゲームの中で使われている沢山の権利関係を確認整理して、権利者様に配信販売について改めて許諾頂く必要がありました。

先代レゲたんはアンケート結果の好評を盾に社内を駆け回り、現在も取引がある部署に権利者様との調整をお願いをしたり。既に取引が無い権利者様は直接広報窓口から問い合わせたり。JASRAC様にも楽曲の利用申請をしたり。

現存しない権利者様はその権利を受け継いだ企業様を探したり。こうして各所にお尋ねしたところ、権利者の皆様ご快諾下さいまして、お手続きを経てついに! 本日配信に至ったんだそうです。

社内外の皆様方のご協力ならびにお客様の「熱い」ご要望なくしては、今日という日を迎えることはできませんでした。本当に有難うございました。心から厚く御礼申し上げます。(元レゲ)

みなさま、長らくお待たせいたしましたこと、深くお詫び申し上げます。申し訳ありません。やっと配信できましたよ!楽しんで下さいねっ♪(元レゲ)

嬉しい話ですねー。

そして、こちらはカプコンの公式ブログの記事となります。
【ゲームアーカイブス「私立ジャスティス学園 LEGION OF HEROES」とは!】
記事の最後に謝辞がありますね。

兎にも角にも待ちに待った作品の配信、さっそくプレイしまくりたいと思います!
そのうち『熱血青春日記2』の方も配信して欲しいなー(こっちはプレイ済み)
次はちょっと残念なニュース。
『ULTIMATE MARVEL VS. CAPCOM 3』ではDLCとして様々な衣装が配信されているのですが、そのうち3月6日に配信予定であったマグニートーのDLコスチュームだけ配信中止という事態になりました。
ハウスオブM_convert_20120222215100

『ハウス・オブ・M』で披露したあの衣装です。

僕は最期に配信される予定の『全部入りパック』を買うつもりなのですが、
この謎の配信中止によってマグニートーのみDLコスチューム無しという半端な状態になってしまいますね。
しかしどういう理由で中止になったのやら。
【『アルティメット マーヴル VS. カプコン 3』のダウンロードコンテンツ最新情報】
最後は別にニュースでもなんでもないですが、
ここ最近アイマスSPもプレイし始めました。
オーディション_convert_20120222215615

思っていた以上に頭使うゲームでかなり楽しんでいます。
アイドルの能力が低くても工夫次第で高ランク向けのオーディションでも勝つことが出来るという絶妙なバランスが面白い!
アイマスDSのオーディションはホントにぬるい内容だったことを改めて思い知らされてます。
本格的にプレイを始めるまで、『アイドルとイチャイチャするのを楽しむゲーム』だと思い込んでました。
アイマスSP_convert_20120222215626

そろそろ「ここの管理人はギャルゲーばっかプレイしてるな」と思われていないか不安になってきましたよ…!
関連記事

0 Comments

Leave a comment