ツルゴアXXX

ARTICLE PAGE

03 2012

ブラック・ジャックの未収録エピソード

現在、GyaO!にて『ブラック・ジャック21』が配信されているのを視聴中というのもあり、BJ熱が再燃しはじめたmichaelです。

BJ21_convert_20120103182502.jpg
原作のエピソードを改変して繋ぎ合わせ長編オリジナルストーリーにしているBJ21

そういうわけで、帰省ついでにBJのコミックスを5冊ほど持って帰ってきました。

120103_152616_convert_20120103181833.jpg

BJには現在刊行されている愛蔵版や文庫版、新装版などに収録されていないエピソードが多数存在する(BJに限らず、昔の漫画はやれ表現がどうやら抗議が来たやらでそのまま闇に葬られ、欠番扱いにされるという話が多いのですが)のは有名な話。
あと手塚先生の意向で未収録だったりもするため、現在見られない作品があるのはやむなしだったり…
しかしこの5冊の単行本には、現在再版されているコミックスには収録されていないエピソードがちょこちょこ収録されているのです。

今回のエントリーではそんな未収録エピソードたちを取り上げていこうと思います。

◆血がとまらない
血がとまらない_convert_20120103183617

青森から東京へ上京してきた少年、博。駅のロッカーで由紀という少女に出会い、二人は恋に落ちる。
付き合い始めて一年して、博は由紀に対してプロポーズを行なうが、由紀は自分が血友病であることを告白し、遺伝病であることを理由に博のプロポーズを断ってしまう。
そこで博はBJに由紀の手術を頼むのだが、BJは「遺伝病は治すことが出来ない」と拒否。
それでも由紀と結ばれたい博は、BJに「ウソの手術を行なって治ったと思い込ませてほしい」と依頼する。
血友病は女には症状が現れないというのもあり、由紀自身は安全なのである。
BJは輸血可能かどうか調べるため、博の血液を採取し、彼の申し出を受けることにした。
博が帰った後、彼の母親に電話をかけるBJ。
血液検査の結果、なんと博は悪性貧血にかかっていることがわかり、さらに博の母親からの電話であと一年半の命だったという事が判明する。
次の日、BJは由紀に対してウソの手術を行い、博を待合室で待機させる。
だが博はその手術中に寿命が来てしまい死去してしまう。
由紀の退院後、BJは博からあずかっていたロッカーの鍵を渡す。
ロッカーの中には、博が由紀に宛てた別れの手紙が入っていた…


チャンピオンコミックス3巻に収録。
そんなに悪いエピソードには思えないのですが、血友病には治療法が存在することや、彼女にウソの手術を行なった事が彼女の幸せにつながるのかどうか微妙という点があって未だ未収録なんでしょうか?
結局由紀が子供を作れば、しかも生まれた子が男であればその子は発症してしまうわけですからね。
BJが博の血液検査を行なう理由が「輸血」というのもちょっぴり妙で、どうも全体的にストーリーが荒いです。

◆しずむ女
しずむ女_convert_20120103190519

工場の垂れ流し廃液により晦日市病という公害病が蔓延。工場側は全ての患者の治療費を補償することを発表した。
しかし、ヨーコという名の精薄の少女のみ、役人が精薄である事に付け込んだために治療費が支給されなかった。
BJはたまたま町でみかけたヨーコを見かねて病院を借りて彼女の手術を行い、そして役員に対して晦日市病は脳をも侵している事を主張し、彼女の治療費を出すべきだとかけ合う。
役員は「ヨーコはもともと字も書けないバカだった」と言い返す。「字が書けたらどうする?」と問うBJに対し、役員は「そしたら信じましょう、治療費も出そうじゃないですか!」と言うのであった。
ある夜、ヨーコはBJに「オサカナトッテキマス」という手紙を残し、治りきっていない膝で海に出てしまう。
急いでBJはヨーコの後を追うが、彼女はすでに溺れ死んでいた後だった…


チャンピオンコミックス4巻に収録。
※追記:ブラック・ジャック(4) (手塚治虫文庫全集)にも収録されていました

BJでは公害を取り扱ったエピソードが多く存在しており、本作もその一つとなっています。
再版されているコミックでは未収録ですが、ブラック・ジャック(OVA)シリーズのカルテⅩがなんと本作を原作としたエピソードになっています。

OVA_convert_20120103204744.jpg

◆水頭症
水頭症_convert_20120103205308

水頭症の少年・洋一は手術すれば完治はするが一生白痴、手術しなければこのまままともな知能でいられるが二年余りで脳が破壊されて死亡してしまうという状態になっていた。
しかし陽気な性格の洋一は手術を望まず、一生人を笑わせて残りの人生を生きたいとBJに主張する。
死を目の前にして諦めきって笑っている洋一に対して腹を立てるBJ。
BJは彼のあらゆるデータを手塚医師から受け取り、ある術式を提案し、手塚医師にオペを任せることにした。
次の日、電話で手塚医師から『手術の自身が無くなったので途中で抜け出してきた』というとんでもない連絡を受け、急いで病院に向かうBJ。
しかし実はさっきの電話は洋一のモノマネだった事を知り、改めて洋一から出世払いで手術を依頼される。
そしてBJは彼の手術を開始するのであった。


チャンピオンコミックス6巻に収録。
※追記:ブラック・ジャック(6) (手塚治虫文庫全集)にも収録されていました

洋一のキャラクターが面白く、またBJの名言も飛び出すなかなかの良エピソード。
「おれという人間は 死を目の前にしてあきらめきって笑っている病人をみると腹が立ってくるんだ!」

◆最後に残る者
最後に残る者_convert_20120103212018

西ドイツ・ハンブルクに近い郊外の農家で六つ子が生まれた。
しかしその六つ子はいずれも七カ月の未熟児でひどく衰弱しており、生存が危ぶまれている状態であった。
しかも、その中でもっとも元気な子が一番最後に生まれた胎児のままの姿の未熟児だったのである。
ニッシェ医師は悩みぬいた末、ドクター・キリコに安楽死を依頼する。
飛行機で移動するドクター・キリコ。そこで偶然にもBJと出会う。
その後なんとキリコはBJの密告により税関で捕まってしまい、代わりにBJが六つ子の元に向かうのであった。
一人また一人と息を引き取る未熟児たち。
BJは一番元気な奇形児を生存させるため、息を引き取った未熟児の体を使って最後の子をまともな姿に作り替える手術を行なう。


チャンピオンコミックス13巻に収録。
テーマは伝わりやすいものとなっており、生きようと必死でもがいている、この子にも生きる権利があるんだと主張するような内容となっています。
最後にニッシェ医師がようやく病院に来たキリコに対して言った台詞は「かれがこの病院へこなくっても…わたしはやっぱりこの子を殺すことは思いとどまったでしょうね…あなたにはきこえませんか…あの声が…」というもの。
外では必死に赤ん坊を応援している市民の声が描かれて終わる印象的なエピソードです。

◆魔女裁判
魔女裁判_convert_20120103212028

手術の依頼を受けてとある国に来たものの、無免許医である事を理由にその依頼者に追い返されてしまうBJ。そこでBJは世界一の外科医として有名なハリス・エンゲル医師に会う。
そして、BJが通って来た道には反キリスト者の悪魔の使徒が居ることを聞かされる。
気になってその悪魔の使徒とやらが住む場所へ向かうBJ。
そこには公害病の影響で生まれた奇形児と、ゾロアスター教徒である母親が貧しく生活していたのであった。
手術道具一式は持ってきているBJ。目の位置を正しく整形し、片方には義眼を入れる手術を行なうことにするのであった。
しかしそこへエンゲル医師と神父、そして村人たちがこの子供と母親を悪魔の手先と思い込みリンチを決行するために踏み込んできた。
「この親子は公害病患者だ そして異教徒だ あんたたち 石アタマの信者は…別の宗教はみんな邪宗で悪魔あつかいするのか!?」と怒るBJ。
医者として心を動かされたエンゲル医師は村人たちを追い返し、手術を続けるBJのその手腕を見届けるのであった。


チャンピオンコミックス17巻に収録。
未だ迷信に囚われている民衆たちという宗教的な頑迷さと公害病がテーマとなっている一作。
ストーリーも手堅くまとめられていて何故未だに未収録なのかよく分からない作品です(『2人のジャン』が一時未収録扱いになりつつも今では普通に収録されているあたり難しくなさそうなんですが)
ちなみに本エピソードはかの有名なセベソ事故が元ネタだとか何とか。

◆〆
ブラック・ジャック愛蔵版(もしくは文庫版)1~17巻とBLACK JACK Treasure Book(『壁』と『落下物』、ついでに『2人のジャン』と『ブラック・ジャック病』収録)、そしてこのチャンピオンコミックス5冊を購入すればBJの大体のエピソードは読むことが可能です。
どれも通販や古本屋などで入手が容易なのがポイント。
僕の持ってるチャンピオンコミックスなんて平成7年の版だったりしますからね。

今なお閲覧が難しいエピソードは『快楽の座』『植物人間』(チャンピオンコミックス第4巻の1977年頃の版までなら収録)『指』(『刻印』の改作前)『ある監督の記録』(『フィルムは二つあった』の改作前)『恐怖菌』(『死に神の化身』の改作前)でしょうか。
いや最近は遠隔複写サービスなんてモノもありますから見ようと思えばそんなに難しくは無いのですが。

最近は火の鳥のオリジナル版の復刊やら何やらがありますから、なんとか未収録作品をまとめた単行本が出版されてほしい今日この頃。

◆おまけ


指1

指2
左は『指』、右は改稿作の『刻印』

快楽の座

快楽の座

    

※2012年8月追記

復刊ドットコムより9月から連続して『第28話「指」、第41話「植物人間」、第58話「快楽の座」を除く全エピソードを収録予定』『ブラックジャック大全集』なる本が刊行されるため、今から全巻集めるのならこの本が一番おススメかと思われます。
関連記事

4 Comments

久仁彦  

BJは単行本で集めて、後年文庫だけで収録されてる話があると聞いて損した気分になりましたが
「単行本だけ」の話もあるとは初耳でした。
どこかしらで完全版みたいのを出してくれれば絶対売れると思いますがやっぱり難しいんだろうなあ。

2012/01/04 (Wed) 19:20 | EDIT | REPLY |   

六実  

あけましておめでとうございます!
今年もよろしくお願いいたします!

今年もゲームからアメコミまで
面白情報楽しみにしております!

>ブラックジャック
未収録エピソードが結構あるんですねぇ。
今回取り上げられているどのエピソードも
気になるものばかりで、古本屋を巡ってみたくなりました。

2012/01/04 (Wed) 20:28 | EDIT | REPLY |   

michael  

>>久仁彦さん
集めるならチャンピオンコミックス(新書版)の単行本がベターなのは確かです(セリフの修正が少なく、最も多くのエピソードが収録されているコミックスなんで)。
新書版の単行本が全巻集まっているのであれば文庫版17巻&トレジャーブックのみの購入で一部の未収録分のエピソードは読めるはずですよー。

>どこかしらで完全版みたいのを出してくれれば絶対売れると思いますがやっぱり難しいんだろうなあ。
さっき調べてみたら最近出ている手塚治虫文庫全集ではこれまで再版されたコミックスに未収録だったエピソード(「しずむ女」と「水頭症」)が収録されているんですって。
(ですんでちょっと記事修正しました…)
この単行本、「ほぼ」雑誌掲載順で、なおかつ扉絵収録&『今現在収録できる作品』は全て網羅という内容らしいです。
これが今出せる範囲での完全版なのかなー。

>>六実さん
あけましておめでとうございます!
今年も気ままに運営していきたいと思っています~。
まだまだ書きたいことはいっぱいあるんで!

>古本屋を巡ってみたくなりました。
多分すぐに発見できますよー。新書版の単行本はホントに多く出回っていますから。
というか刷られ過ぎてて未だにAmazonに新品の在庫があったりしますから。

2012/01/05 (Thu) 00:17 | EDIT | REPLY |   

なんてこった・・・・・  

新装版ブラックジャックは未収録エピソードがほぼ全部載ってない。こんな事ならよく調べて文庫版買えば良かった。

2012/12/25 (Tue) 00:40 | EDIT | REPLY |   

Leave a comment