ツルゴアXXX

ARTICLE PAGE

24 2011

PSP版『俺の屍を越えてゆけ』

oreshika_0001.jpeg

1999年6月18日にオリジナル版が発売、アーカイブスでの再発売が2007年2月22日に行われ、
そしてリメイク版が今年11月10日に発売された『俺の屍を越えてゆけ』。
現在進行形でプレイしまくっています。

oreshika_0045.jpeg
一族の無念を朱点童子を討つことで晴らすのだ

平安時代、京の都は朱点童子を頭目とする鬼たちの襲撃によって壊滅寸前に追い込まれた。
事態を重く見た帝は勇士達を集め、朱点童子の住む大江山へと討伐に向かわせるが、朱点童子に指一本触れることなく、ことごとく戦死した。

そうした中、お輪と源太という一組の夫婦が朱点童子の居城・朱点閣へと迫っていった。
2人は奮闘するも、源太は朱点の罠にかかって討ち死にし、お輪も幼い我が子をタテに捕らわれてしまう。

さらに朱点童子は一人残された幼子に2つの呪いをかける。
1つは常人よりも数倍のスピードで成長し、生後わずか1年半から2年以内に死亡する「短命の呪い」であり、もう1つは人と交わり、子を生すことができない「種絶の呪い」である。

一方で、地上の様子を憂いていた神々がこの一部始終を見て、呪いをかけられた源太とお輪の子供に力を貸すことを決めていた。

神々によって助けられた源太とお輪の子は天界から派遣された、イツ花のサポートを受けつつ、神との間に子を生すことになる。
そして、その一族は朱点童子打倒の悲願を達成するまで戦い続ける。


このストーリー解説にもある『短命の呪い』
主人公たちはこの呪いのために長くて2年ちょっとで死亡してしまいます。
そのため、普通のRPGのように一人のキャラクターを延々と育成しつづけて最強のキャラを作るなんてことはできません。
さらに人と交わり、子を生すことができない『種絶の呪い』にも罹っているため、
代わりに神様と交わって子孫を残していくことになります。
その代では力がなくても、何世代も続くうちに強敵にも立ち向かえるようになっていくというモノになっています。

oreshika_0033.jpeg
リメイクでは一族の個人情報に趣味や特技の欄が追加されて個性が増した感じに

誰が初めに言い出したか、『人間ダビスタ』非常に分かりやすく例えられることが多い基本システム。
このシステムで面白いのが、あくまで引き継ぐのは親の遺伝情報のみな点。
親をいくら育てようが、親がずっと出撃しない寝太郎だろうが子孫の能力に与える影響に差はないのです。

oreshika_0054.jpeg
そこはかとなくエロい『交神』システム

キャラクターのパラメータは心・技・体で構成されており、さらに火・水・土・風という遺伝情報が設定されています。
子作りをする相手の神にも得手不得手の遺伝情報が設定されており、育成方針に合わせて相手の神を選ぶことも大事になってきます。
さらに交神には『奉納点』なるポイントも必要で、強力な神ほど要求されるポイントも多め。
まあ深く考えず、好みで選んで勝手に個性的な能力値になった子孫でプレイするのも楽しいですけどね!

oreshika_0018.jpeg
よほど強化していないかぎりしっかり作戦立てて戦わないとすぐ敗走してしまうタイトなバランス

俺屍は月単位でゲームが進行します。
ダンジョンに潜り込み、奥に控えるボスを討伐しに行くもよし、3月と8月に開催される選考試合に参加するもよし、神様と交神するもよし、その月は休養を取って次の月から本気を出すのもよし。
なかなか選択肢が多いのですが、忘れちゃいけないのが短命の呪い。
ゲームには『健康度』という要素があり、戦闘で倒れたり、奥義の使用で減少したり、単純に老化で減少するパラメーター。
これが減るとキャラの能力が全体的に下がったり死亡の原因になったりするためチェックが非常に大事。

毎月どのような行動を取るかある程度計画的に考えて動く必要があります。

◆PSP版の俺屍
oreshika_0055.jpeg
ゲームが進むと突入できるダンジョンも増加

リメイクされたPSP版俺屍。
PS版からさらに快適に遊べるようになり、細かい違いが非常に多いです。
とりあえず大きな違いをざっと挙げると、

・PS版で異様に長かったセーブにかかる時間の改善
・遺言の数の増加
・主要キャラ以外の声優が変更
・ソフトリセット不可能
・アイテムドロップ率UPの熱狂の赤い炎の出現タイミングが数ヶ月先まで固定(いわゆる乱数保存)
・PS版のマス目単位のようなマップの座標の区切りが細分化されて操作性アップ
・家系図が見やすくなった
・奥義の健康消費度が抑えめに&それに伴い養老水が非売品に
・序章での源太が切りつけられて血飛沫が出るシーンがSEのみの演出に変化
etc…


ぶっちゃけ挙げるとキリがないほど多いのですが後はバランス調整といった感じの変更。
PS版に比べて溜まりにくかった奉納点のやりくりが楽になったり、「術の併せ効果」が強化されたり、奥義使用時の健康消費度が減少したりとPS版で少し不満だった理不尽な難しさは取り除かれゲームとして楽しめる難しさがさらに増した感じです。

あと、アニメーションはPS版のものを使っているようなんですが(上下カットではないがそのまま拡大しているため映像が荒い)、これが異様にヌルヌル動くんですよ。
思わずアーカイブス版のほうで見直したんですけども明らかに動きに差がありました。
60fps化とかそういうヤツなんでしょうか?詳しくないんですけども。

そして豊富な新要素。

・アドホック通信を利用した一族同士での「結魂」によって子孫を残す
・新しい神様の追加
・同じ神様と交神を繰り返すことで、神様の階位と遺伝情報、必要奉納点が上昇
・季節や天候、討伐先の環境によって術や属性武器の効果が強化・弱体化するように
・「奥義の併せ」が追加された。
・オリジナルの刀を鍛冶屋に発注でき、命名や強化も可能に
クリア後のモードとして「裏京都」が追加
etc…


こっちも挙げるとキリがないのですが、大きな追加要素はこんな感じ。
同じ神様でも何度も交神することで強力になるという要素は様々な神と交わる理由が出来てありがたいですね。
PS版の頃はゲームが進んでいくと弱い神と交神する必要性は無くなってきますから。

そして職業のバランス改善。

剣士:前列一体しか攻撃できないが他職業の武器が弱体化したなか攻撃力が高いまま。また新要素「オリジナル刀」により破壊力が抜群の職業に。

薙刀士:前列一列をまるまる攻撃できる便利な職。ただし武器攻撃力が低下したため後半に進むと威力が物足りない感じに…

弓使い:攻撃時に後列1体を狙える職。奥義の連弾弓の威力が弱体化した上に単発という調整がデカイ。代わりに奥義を覚えるスピードが速いです。

槍使い:バランスの良い奥義と直線状に並んだ敵をまとめて攻撃できる強力さを備える職業。しかしこいつも攻撃力が(ry

拳法家:前列にいると後列を攻撃可能に、また連続攻撃の確率も上昇。クリティカルや回避率が高めなのでなかなか強力な職業の一つです。

壊し屋:攻撃力が非常に高いかわりに当て辛く、また術ダメージが大きめというピーキー職。それでもPS版に比べて攻撃が当たる確率が増えた気はします(体感)。また、奥義の『脳潰し』という敵を気絶させる技はボスにも効く為、使いにくさを補って余りある強さを兼ね備えています。

大筒士:散弾銃で敵を全員攻撃できるのが強力。ボス戦では威力の高い普通の銃に持ち替えるなどして使うと非常に使いやすいです。

踊り屋:技の成長にボーナスが付き、回避率も高い。さらに武器は範囲攻撃モノという強力さ。
ただし武器攻撃力は非常に低いので属性付きをうまく使う必要あり。
それでもステータスがどんどん上がっていくので強力な職な事には間違いないです。


手広く攻撃できないという弱点を持つ不遇だった剣士が優遇されてる感じになってます。
というよりは職業間の格差を小さくした調整に。
PS版で猛威をふるった槍使いや薙刀士はそれでも使いやすく強力ですけど。

oreshika_0071.jpeg
刀には好きな名前がつけられる

オリジナルの刀の作成という新システムは、PS版で不遇だった剣士の強化要素になっていて非常にありがたい。
所有者がLvUpした際に攻撃力が成長し、さらに刀の所有者が他界した際に付属効果も追加されたりして使えば使うほどメチャ強力な武器に。
PS版の剣士が『敵前列一体しか攻撃できないバランス型』というだけだったのはやっぱアレでしたからね。

あと、家系図が見やすくなったのはやっぱり嬉しい。

oreshika_0081.jpeg
眺めるだけでニヤニヤしちゃう

PS版では逐一ページを切り替えて見ていく仕様だったので、どういう風に系図がつながっているか確認するには実際に紙に描いてみないと分かりにくい感じになっていましたから。
僕が過去に雑記で触れた希望する改善点の一つだったのですが、やっぱり希望する声が多かったのか見直されたのがありがたい変更点です。

で、結局改善されなくて残念なのが『一族が256人で強制的にエンディングを迎える』という点と『セーブデータは一つだけ』という点。

セーブデータが一つだけしか作れないのは通信関連での不正を防ぐためとかいろいろ理由は想像できるものの、強制エンディングの仕様が変更されなかったのは残念。

とはいえ基本的に普通に遊んでいると100人も行かずにクリアするんですけどね。
実質時間制限付きとはいえ、そこまでプレッシャーに感じる必要は無い数ではあります。

ただ、追加ストーリーの『裏京都』まで進んでもこの制限は付きまとうらしいですが。

無制限は現実的ではないにしても上限は増やしてほしかった…(悲)
PS版の頃はこの仕様があるせいでクリア後のデータを使うことに抵抗があったんですけどねー。

◆DLC関連
oreshika_0012.jpeg

ここ最近非常に多いDLC。俺屍もDLCが非常に豊富です。
豊富すぎて少しヒンシュクを買ってしまっているぐらいです。

まず、かなり初期に発表された上記のDLCの追加神様、桃果仙は体験版クリア後のDL特典で入手できます。
しかし、他のDLCの条件がちょっとアコギというか…

『愛宕屋 モミジ』『十文字 聖夜』という追加神様はUMD版初回特典として付属。
つまり、DL版では入手が不可能です。

さらに、今後発売予定の攻略本にも新たな追加神様のコードが付属されると予告されています。

今後も追加神様は合計13柱まで何かしらの方法で配布されるため、ゲットできなくても今後フォローがあるのか、それとも本格的に限定の神様にするつもりなのか分からないために悶々とさせられているユーザーもちらほら…
※2012年2月18日追記:一定期間を置いて無料開放されるとの事です。良かった。

俺つぶ_convert_20111124041056
【俺つぶ公式】

PSP版発売のちょっと前から、『俺のつぶやきを越えてゆけ』というツイッターとの連動企画も開始。

ツイッターを介したつぶやきに応じてポイントが加算され一定のポイントが溜まると限定アイテムや追加神様のプロダクトコードが配布というモノです。

これが開始当初は1つぶやきするごとに5ポイント加算というどうかしている仕様であったために、1文字ツイートでポイントを稼ぐ輩が後を絶ちませんでした。
しかも追加神様ゲットには1000ポイント必要という果てしなく長い道のり。

そもそもツイッターをやっていない人には追加要素が入手すらできない企画であるために不満も続出。

ポイント周りの仕様もどうかしている上、肝心のサイトが重い&すぐにタイムアウトするという開始早々すさまじいまでのグダグダっぷりを見せつけてくれました。

結局企画参加者の不満の声が大きくなったため、現在ではポイント周りの仕様が見直され、俺つぶで開催される企画に参加するとポイント配布(今のところ100~200)追加アイテムはとにかく登録だけしているとDL可能に、追加神様は1000ポイント達成するか12月26日以降に配布開始されるものでゲットという仕様に変更されました。
サイトも割と軽くなりました。

結局ツイッターに登録していないとDLCはゲットできないものの、企画に参加せずとも登録しておけばそのうちDLC可能というものになったおかげでかなりハードルは下がったのではないでしょうか。

oreshika_0057.jpeg

oreshika_0056.jpeg
追加アイテムは正直微妙。ゲーム序盤でもないと使うことはなさそうです

ちなみに、俺つぶでの開催企画は以下のような内容。

11/11 神様総選挙
11/17 イラスト選手権
11/24 プレイ日記
12/01 うちの子自慢
12/08 俺屍あるある&失敗談
12/15 創作遺言
12/22 最後の???


ちなみに僕は今の所全て参加しているのですが、
絵を描かない僕にとって『イラスト選手権』のハードルの高さったら半端なかったです。

あと、12/15に控える『創作遺言』ツイッターのTL上に流れることを思うと恥ずかしくて血を吐きそう。

◆雑感
【PS版→PSP版の俺屍CM】

ゲームをプレイしたこと無い人も絶対印象に残っているんじゃないかと思うPS版のCM。
なんと、PSP版のCMはPS版の頃と全く同じキャストなんだとか。
しかもCMの内容は12年前の続編になっています。
当時息子役をしていた方はとっくに引退していたものの、このCMのためだけに探し出して出演交渉をしたというのだから驚き。

oreshika_0049.jpeg

PSP版俺屍は、必要以上に手を加えすぎず、改善してほしい部分や新しく入れてほしい内容が盛り込まれている良リメイクだと思いました。
やはり全体的に快適さが増したのが大きい。
既プレイの人が『俺屍を再プレイしようかな』と考えているのなら、僕はリメイクされた本作を強く勧めたいです。
もちろん、これから俺屍をプレイしようと思っている人にもPSP版の方をお勧めします。

oreshika_0050.jpeg

ついでに言うと、想像力(妄想力?)豊かな人ならもっとお勧め。
基本的にプレイヤーの操る主人公たちはドラクエ型主人公のように無口なため、ステータスに表示される些細なコメントからしかキャラクターを想像できません。

しかし、使い続けているうちにどんどんキャラに思い入れが増していくはず。
さらにキャラの臨終の際には、そのキャラの経歴が表示されたあとに「遺言」フルボイスで残してくれます。これがまた印象に残るものが多く、そのキャラをプレイヤーの記憶に強く残してくれることでしょう。

DLC関連にちょっと不満はあるものの、
非常に味わい深い演出が多いこのRPG、イチオシの作品です。

oreshika_0005.jpeg

◆『俺屍』裏京都突入!
※2011年12月7日加筆

oreshika_0218.jpeg
世界が反転している裏京都

PSP版『俺の屍を越えてゆけ』に、『クリア後のお楽しみ要素』として追加された『裏京都モード』
PS版をプレイ済みのプレイヤーからすればここからが真の本番といったところでしょうか。

というわけで完全新モードの裏京都をちょこちょこプレイした雑感などを。
※ネタバレ注意!

oreshika_0195.jpeg
なんちゅうダメージ量…

ラスボスをリメイクで追加された『奥義の併せ』あっさりと葬り、エンディングに突入。
スタッフロールも見終わると、PS版にはなかった謎の選択肢が現れます。

oreshika_0203.jpeg

俺屍のエンディングを見たことで、迷わず左を選択する人の方が多いのではないでしょうか。

単純に「何かしら起こりそう」というのもありますが、
俺屍は『主人公一族は黄川人を殺させるためだけに神々に利用された』という事実がストーリーで判明しても、その辺の鬱憤をぶつけることができないままラスボス戦に、撃破してEDを見てもスタッフロールに突入するため、なにかモヤモヤしたままゲームが終了してしまいますから…
結局短命の呪いも解けてないし。

【分かりやすいストーリーまとめ】
2ch【鬱になる話のゲーム  その3】より
元スレ:http://game2.2ch.net/test/read.cgi/gamerpg/1067654062/

166 :名無しさん@お腹いっぱい。:03/11/14 07:35 ID:lfrpDWUh
京都に朱点童子(便宜上、以降、鬼朱点と呼びます)と言う鬼がいて京都で暴れまくっていました。
当然、帝も放っておく訳も無く、何人もの武士が鬼朱点のすむ大江山に派遣されましたが
人間が勝てるはずも無く、ことごとく返り打ちにあってしまいました。

そんな中、子供が産んだばかりの夫婦、源太とお輪がついに鬼朱点の寝床にまで辿り着く事ができました。
ところが鬼朱点の卑怯な罠で源太はあっさり死亡。
京都においてきたはずの子供を人質に取られ、お輪もなすがままにどこかに連れ去られてしまいます。

そこで鬼朱点はお輪との約束通り、その子供を殺さず、見のがしてくれます。
(ただし、復讐を恐れて人と交わって子孫が残せない呪いと
 長くても2年しか生きられない呪いをかけられてしまいます。)

それを哀れに思った天界の最高権力者、大照天昼子が
その子供に力を貸し、神様と交わり子孫を残せるようにしてくれます。
この子供が主人公です。寿命がすぐ来て呆気なく死にますが。
そして神様と交わり、子孫がいつか仇の朱天童子を討つ、というのがOPです。

167 :名無しさん@お腹いっぱい。:03/11/14 08:17 ID:lfrpDWUh
ここまでは上にも書いてある通り、単純な勧善懲悪物です。ただ、鬼朱点を倒す事で状況が一変します。
また、このゲームには数多くのダンジョンが存在し、そこにいるボスにまで深い意味があります。
とりあえず鬼朱点を倒すまでの状況は以下。

     主人公の回りの人
お輪…主人公の母親。行方不明。
黄川人…ダンジョンに入るごとに現れる案内役の少年。そのダンジョンの由来について説明してくれる。
    鬼朱天に呪いをかけられたらしく、この世に実体が無い。
大照天昼子…一番偉い神様。善意で主人公を助けてくれた。
      実はつい最近、大照天夕子の力添えで天界のトップになった。

   ダンジョンの由来とボス
相翼院…心無い人間に子供を奪われた天女が化けて出る場所。
 ボス…片羽のお業。子供を奪われ、見せ物小屋を引きずり回された天女が鬼になったもの。
鳥居千万宮…子供のできない女がお百度参りの末、子供を拾った。
      その後、次々幸運が訪れたが旦那に捨てられ、その鳥居で首を吊った。
   ボス…九尾吊りお紺。首を吊った女が鬼になったもの。
九重楼…天界に無断で人に風と火の使い方を教えた神様が幽閉されている塔。
   ボス…雷電五郎、太刀風五郎。
      人が風と火で戦争をしている事を憂い、今では人と関わるのを嫌っている。
白骨城…大江山で朱点童子に殺され、成仏できない霊がさまよっている。
   ボス…大江ノ捨丸。自分達は見殺しにされたのに
      何故か神様に救われた主人公一族を逆恨みしている。
大江山…朱点童子の住処。
   ボス…鬼朱点。主人公一族の仇。

170 :165:03/11/14 10:38 ID:rVMdv8of
そしてようやく鬼朱点を倒すと幾人かの神様が何故か解放され、
同時に中から本物の朱点童子(黄川人)が出てきます。

大まかな事の真相を言うと、昔、片羽ノお業が地上で人間との間に2人、子供を産みました。
(神と人間の間に生まれた子供は何故か神をも超える素質を備えており、
 神と人の子を天界では「朱点童子」と呼ぶようになりました。)

この事は天界でも問題になり、この子供二人をどうするかが協議され、
天界の意見はまっぷたつに割れました。
朱点童子は危険なので抹殺しようと言う保守派。
逆に朱点童子を人間達の王にしようという革新派。
長い議論の末、時の権力者の大照天夕子が革新派だった事で
一応、天界としては、この二人の子供を人間達の新しい王様にする事に決まりました。

そして色んな人間にこの二人の朱点童子を王として祭り上げるよう神託を与えました。
神託を信じた人間はすぐさま朱点童子達の暮らす大江山へと集まり、
一つの村を形成しはじめました。(大江山に行くと朽ちた家などそのなごりが多数あります)

しかし、それを快く思わない保守派の神様は、当時、人間達の王だった
時の帝に朱点童子達が幼いうちに討て、と神託を与えました。
そして神託を信じた時の帝は大江山に向け挙兵。大江山にすむ信者ともども
片羽のお業は捕まり、そして朱点童子のうちの一人である女の子も殺されてしまいます。
もうひとりの朱点童子(黄川人)は信者達の手により逃げのび、
鳥居千万宮に放置された所を九尾吊りお紺に保護されます。

172 :165:03/11/14 11:03 ID:rVMdv8of
そしてこの事態に大照天夕子は一つの決断をくだします。
強力な力を持つ、死んでしまった黄川人の姉の朱点童子を神として天界に上げ、
「大照天昼子」と名付け、自らを後見人に天界のトップに置きました。

そして大照天昼子は自らを快く思わない保守派の神様を
天界から追放し、そのほとんどが鬼へと身を落としました。
(書き忘れましたが色んなダンジョンには鬼になってしまった神がいますが
 このほとんどが保守派の神様であると予測されます)

そしてその頃、九尾吊りお紺に保護された黄川人は恩返しのつもりか
お紺に富くじの当たり券など多くの幸運を授けますが、そのせいで旦那が他所に女を作り、
金を全て持ち逃げしてしまい、悲観したお紺は鳥居で首を吊り死んでしまいます。

途方にくれさまよう黄川人は天界を追放された最強の男神、氷の皇子に出会い、保護されます。
しかし、乳を与えようにも男神である氷の皇子から乳が出るはずも無く
やむなく氷の皇子は自分の血を与えてしまいます。
そして氷の皇子の血で成長した黄川人は膨大な力を元に時の帝に復讐を始めます。

173 :165:03/11/14 11:28 ID:rVMdv8of
黄川人は大江山を根城に本格的に京都を焼き払いました。
天界としても人間達に復讐を始めた黄川人を放置しておく訳にもいかず
黄川人を抹殺すべく、総掛かりで黄川人に挑み、
なんとか黄川人を手下の鬼の中に封じ込める事が出来ましたが、
同時に幾人かの強力な神様も道連れにされ、黄川人と一緒に封印されてしまいました。
(鬼朱点を倒した時に解放された神様がそうです。)

それでも黄川人は幽体として世間に干渉する力を残しており、
封印されてしまった神様ともどもこのままでは良くないと思った大照天昼子は一つの計画を立ち上げます。
「計画的に朱点童子を作り、そいつらに黄川人を殺させる」

そして白刃の矢が立ったのは片羽のお業の姉妹、「お輪」。
お輪は地上に降り、源太という人間との間に子を作り、鬼朱点に挑みます。
源太とお輪にとって鬼朱点にやられる事は計画的であったかどうかは定かではありませんが
天界にとっては計画どおりだったようです。
そして二人の子供(主人公)は計画通りに大照天昼子に助けられ、
計画通り、親の仇として、鬼朱点を倒す事を目指します。

この事は封印を解くチャンスなので黄川人にとっても都合が良く、
主人公を見のがし、主人公一族の道先案内人をかって出たと言う訳です。
(ただし主人公達があまり強くならないように短命の呪いをつけて)

174 :165:03/11/14 11:47 ID:rVMdv8of
軽くまとめると、

主人公一族…黄川人を殺すために作られた朱点童子。
源太…ただの強い人間。
お輪…神の一人。片羽ノお業の為に計画に賛同。
   ちなみにラストダンジョンの最深部に行くと、
   今まで倒してきた雑魚敵が全て黄川人がお輪に産ませた怪物である事が判明する。
   つまり今まで倒してきた雑魚敵は全部、異父兄弟。
黄川人…最強の朱点童子。片羽ノお業の息子で大照天昼子の弟。
大照天昼子…片羽ノお業の娘で黄川人の姉。朱点童子で天界最高権力者。
片羽ノお業…大照天昼子、黄川人の母親。
九尾吊りお紺…黄川人の育ての親。自害。
雷電五郎、太刀風五郎…大照天昼子に天界復帰を条件に主人公達を鍛えていた。
大江ノ捨丸…大照天昼子に主人公一族を全滅させれば神にしてやる、と言われ、
      最後に結局自分が主人公一族を鍛えるために利用されていたと悟る。
      小説版では片羽ノお業を捕まえ、大照天昼子を殺害した張本人。
氷の皇子…黄川人の育ての親。力を黄川人に奪われた。

175 :165:03/11/14 11:50 ID:rVMdv8of
ざっとまとめてこんなところです。
不老不死の妙薬として人間に散々騙され、体を切り刻まれた可哀相な人魚に
主人公達のあまりの利用されっぷりに逆に同情されたり、まだまだ鬱な部分は沢山あります。


そんなわけで黄川人の問いに「納得できない」を選択することにします。

oreshika_0204.jpeg

oreshika_0210.jpeg

黒幕と戦うことができるようになる裏京都に突入できます。
『一度裏京都に行くと普通の京都には戻れない』ちょっぴり不安を煽るような事を言ってきますが
基本的には大江山以外の迷宮に変化は無い状態なので気にせずセーブデータを上書き!

oreshika_0212.jpeg

oreshika_0213.jpeg

交神出来る神様から『太照天 昼子』居なくなり、代わりに『片羽のお輪』『朱星ノ皇子』が追加されます。
oreshika_0216.jpeg

oreshika_0215.jpeg

裏京都に入ると各迷宮の最深部に「髪」が復活していたりするのですが、黄川人は天界に戻っているため地獄巡りの最深部に行ってもラスボス戦は楽しめないようです。

まあ、それは置いといて裏大江山に突入!

oreshika_0264.jpeg

出現する鬼や戦利品が変化しており、また常に熱狂の赤い火が灯っているというウハウハな迷宮に変わっています。
戦利品では貴重な名品珍品が入手しやすくなっておりお金稼ぎにはうってつけ。
復興があっさり終了する勢いで稼げます。

奉納点は地獄巡りの脱衣婆・三途の渡し&蛇喰らい狩りお金稼ぎは裏大江山という感じになりました。

最深部に進むと昼子が待ち受けています。

oreshika_0242.jpeg

oreshika_0243.jpeg


oreshika_0259.jpeg

自軍を太照天で強化することで、相手を眠らせるくららがかなりの確率でかかります。
これでハメてしまうのが一番楽な撃破方法なんでしょう。

oreshika_0247.jpeg

まあ負けたんですけど。
起きている状態だと2回行動、3回行動で自軍がすぐに崩壊してしまいます。
今現在、自軍全員が太照天を使えるステータスになっていないのでくららをかけ続けるのが困難でした。

ちなみに、この昼子戦は普段のボス戦とは違い、敗走しても健康度は減少せず昼子戦で使用したアイテムも全て元通りになってます。
親切設計。

oreshika_0263.jpeg

また、一度戦闘すると一気に最深部へ移動できるワープ装置も解放。とことん親切です。

oreshika_0266.jpeg

昼子戦で一定条件を満たすと新たな姿絵が貰えるようで。
全部貰えるのはいつになるかなぁ(汗)

現在町の復興も終了し、地獄巡りで奉納点稼ぎ&自軍のレベルアップ→選考会参加→昼子戦ループ状態に入りました。
さすがにこれが続くとちょっと飽きてきそうなんで、できるだけ早くに昼子を撃破できるところまで強化したいですね。

ところで短命の呪いとかは何で解けてないの?

oreshika_0232.jpeg

oreshika_0233.jpeg

◆俺つぶ近況
俺つぶ

ツイート企画で優秀賞に選ばれたりなんかして、なんとか1000ポイント到達。
ゲットしました紅梅白梅童子

紅梅白梅童子1

紅梅白梅童子2

この男神と交神すると、高確率で双子に恵まれます
奉納点をケチりつつ一族を増やしたいときにはありがたい神様ですね。

これで俺つぶ企画で貰えるプレゼントは全部貰ったことになるんですけど、まだ企画は3つも残ってるんですよね~。
せっかくだからまだ参加を続けるつもりです。

◆『俺屍』裏京都ボス撃破!
※2011年12月18日加筆

ようやく裏京都ボスを撃破しましたー!!
いわゆる必勝法ってヤツでらくらく勝利!

ゴルリオ
「ガハハハ・・・全く勝負ならんわ!」

…嘘です、かなり危ない勝利でした。

ストーリー自体は終了しており、さすがに「京に帰還して代を重ねて力をつけてから再挑戦!」…なんてのはもはや作業プレイ状態精神的にしんどくなってたため、勝つまで何度もリセットして再挑戦していました。

oreshika_0269.jpeg
太照天昼子:体力45500

まず、第一手は「速鳥」2回、つぎに「太照天」2回をかけます。
昼子はこの時点では打撃攻撃ぐらいしかしてこないので1発貰ってもスルーで。
第二手に「石猿」2回、「梵ピン」2回をかけます。

つぎに「白鏡」もっとも能力の高いキャラクターを味方全員に映します。
これによって全員が最高能力の一族で挑む事が出来ます。

これで準備はOK!

あとはとにかく「くらら」!
これで昼子を眠らせることができます。
さらに眠っているときは技が通りやすくなるので、壊し屋の「天誅打○○」混乱させておきます。
うっかり昼子を起こしてしまっても「混乱」によりもう少し時間を稼ぐことが可能です。

あとは昼子を起こさないよう「くらら」を重ねがけしながらダメージを与えていくだけ!
僕は「太照天」を重ねがけした事によりダメージ量が跳ね上がっている踊り屋の「○○花吹雪」(敵全員に全属性のダメージを与える )がメイン攻撃でした。
(2500~3000程度のダメージが出た)

…こう書くと簡単そうですけどね。

「くらら」を重ねがけし続けようにも時間経過とともに「太照天」「白鏡」の効果が切れるため、昼子が起きたついでに「太照天」などの効果が薄くなったり「白鏡」が切れたりして「くらら」を再度かけるのに手間がかかることがしばしばありました。

いかに「状態」でステータスを把握し続けるかがカギ。

HPが少なくなると昼子の攻撃は激しくなるため、「くらら」切れの後の行動で失敗すると最悪パーティが一瞬で半壊します。
毎回それが原因で京に敗走する羽目になってました。

で、今回は昼子のHPの少なくなった後半戦からは、思い切って「梵ピン」「石猿」で普通に戦いました。
昼子の攻撃はこの時点で2回行動、3回行動で大ダメージ必死なので大甘露や卑弥呼での回復は最優先、隙を見て強化術をかけていき、奥義を放っていきました。

oreshika_0270.jpeg
かなり時間がかかった…

勝利後には「京に還る」「終戦を告げる」という選択肢が現れますが、
なんか怖かったので「京に還る」を選択しました。
「終戦を告げる」とどうもED(通常のEDで流れた家系図とスタッフロールのみ)に突入するらしいです。

で、姿絵を貰って帰還と。

oreshika_0273.jpeg

参考までに、挑戦した一族のステータスはこんな感じ。
(撃破後に撮ったので1レベルあがっちゃいましたが)

oreshika_0273 (2)

oreshika_0274.jpeg

oreshika_0275.jpeg

oreshika_0276.jpeg

なんとか撃破はしたものの、昼子チャレンジで貰える姿絵はまだまだ残っている状況。
「被ダメ10000以内に撃破」とか「10回挑戦」とか「100手以内に倒す」とか「合計50000以上昼子にダメージ」とかハードルの高いモノも多め。
さすがにここまでくると一族をより強化せざるを得ないですね…

oreshika_0271.jpeg

  
関連記事

2 Comments

No Name  

感心しながらこの記事を読ませてもらいました。
このゲームに思い入れのない僕からしたら面倒くさくて敵わなさそうな昼子攻略を楽しそうにやっていて本当に俺屍が好きだという事が伝わってきました。
結局昼子チャレンジを全てクリアされたのかな?だとしたら本当にすごい。
書きたい内容がまとまらずにすみません。読んでいて面白い記事だったのでコメントさせてもらいました。

2014/05/12 (Mon) 23:57 | EDIT | REPLY |   

michael  

>>No Nameさん
コメントありがとうございます!
俺屍はPSアーカイブスで初めて触れてドハマりしたゲームだったので、リメイク版もどっぷり遊んでました。
…実を言うと昼子チャレンジ全制覇は途中で諦めてしまったんですけども(小声)。
あれ制覇した人はすごいと思います。根気とか。

僕は追加神様が全て無料開放されたのもあって、セーブデータのバックアップを取ってまた最初から再プレイしてましたねー。
vitaを持っていないのですぐには買わないと思いますが、その内『俺屍2』も遊びたいところです。

2014/05/13 (Tue) 01:17 | EDIT | REPLY |   

Leave a comment