ツルゴアXXX

ARTICLE PAGE

07 2011

映画『ステキな金縛り』感想とか気になる邦訳アメコミ新刊情報

ステキな金縛り_convert_20111107023212
【公式サイト】

And now, the tale begins.
【そして、物語ははじまった。】


殺人事件の証人はただ一人…
落ち武者の幽霊。

失敗続きでもう後がない三流弁護士エミに、
ある被告人の弁護が持ち込まれる。
資産家の妻殺しの容疑で捕まった男。
だが彼にはアリバイがあった。
なんと事件があった夜、彼は旅館の一室で
金縛りに遭っていたというのだ。

無実を証明できるのは、
一晩中、彼の上にのし掛かっていた、
落ち武者の幽霊だけ。


エミは早速その旅館を訪れた。
その夜、エミも金縛りに遭う。
目を開けると、なんと!自分の上に落ち武者の姿が――!
その名は、更科六兵衛。
エミは思わず彼の手を掴むと、こう叫んだ。
「どうか、裁判で証言してください!」
前代未聞、幽霊が証言台に立つ
しかし、この六兵衛、全ての人に姿が見えるとは限らなかった。
更に、二人の前に立ちはだかるのは、
一切の超常現象を信じようとしない敏腕カタブツ検事――。
人生のどん詰まりに立たされたダメダメ弁護士と、
421年前に無念の死を迎えた落ち武者幽霊の奇妙な友情。

果たして、彼らは真実を
導き出すことが出来るのか?


◆『』感想
三谷幸喜監督最新作、『ステキな金縛り』を観てきました!
「コメディなんだけど、法廷サスペンスでもあり、最後は感動ドラマで終わる」
という、三谷作品らしいユーモアセンスが多分に盛り込まれた人間ドラマになっています。

先週の11月5日に放映されたドラマ『ステキな隠し撮り』という映画と同じキャストで(内容は映画と無関係)作られた特別ドラマが放送されていて、登場人物の一人として三谷幸喜監督自身が登場しており、映画の自虐ネタを披露していたのですが「最初のほうが長い」とかなんとか)、実際見てみると長い映画(計142分)とはいえ、登場してくるキャラクターを印象に残すためにとにかく個性的に描いてくれているのもあって、特にダレる事はありませんでした。
どのシーンも楽しくて無駄に感じる場面は無かったなぁ。

今回の映画は『THE 有頂天ホテル』『ザ・マジックアワー』と比べると演劇っぽさが薄れ映画らしさが増している感じです。
過去作品よりもカットを多く割っているのもあるのでしょうが、パンフの監督インタビューによると登場人物の日常生活を盛り込んだりCG合成が駆使されるようになった(過去作でも背景や一部修正に用いた事はアリ)のが理由の一つだとか。
この辺の新鮮さも面白く感じたポイント。

今回の映画にも『有頂天ホテル』『マジックアワー』のキャラクターがちょこっと登場。
過去作を見ているとニヤリとする要素でした。
とにかくめっちゃ面白い法廷コメディ作品。イチオシの邦画ですよ!

師岡とおるさんの絵_convert_20111107023235
映画パンフには冒頭のシーンをアメコミ風にコミカライズしたもの収録。師岡とおる先生の作品


◆邦訳予定のアメコミ
World+s+Greatest+Super-heroes_convert_20111107025407.jpg

こっからアメコミ話。
つい最近創刊された『月刊ヒーローズHEROS』という雑誌に、
アレックス・ロス&ポール・ディニ『グレイテスト・スーパーヒーロー(仮)』という邦訳アメコミが小プロから冬に発売されるという予告が載っていたとか。
タイトルやアーティスト的に『World's Greatest Super-heroes』というタイトルの邦訳である可能性が高いらしいです。アレックス・ロスがアートを手がけた様々なヒーローの作品が読める一冊。

掲載作品は、
『SUPERMAN: PEACE ON EARTH』
『Batman: War on Crime』
『Shazam!: Power of Hope』
『Wonder Woman: Spirit of Truth』
『JLA: Secret Origins』
『JLA: Liberty and Justice』

の6作品。

実は『Shazam!: Power of Hope』『Wonder Woman: Spirit of Truth』を除く4作品は既に小プロやJIVEが邦訳して出版しているため、かなり前から邦訳アメコミに手を出していた人からしたら『いきなりお得な合本版が出た』という感じかもしれません…。

※邦訳版のタイトル
『スーパーマン:ピース・オン・アース』(小プロ)
『バットマン:ウォー・オン・クライム』(小プロ)
『JLA リバティ&ジャスティス(JLA シークレットオリジンも収録)(JIVE)


僕自身は四作品とも未見な上、どの邦訳もすっかりプレミア価格で手が出せないのでありがたい邦訳です。

ところで、大分前から予告されてる
『クライシス・オン・インフィニット・アース』の発売はまだですか?

クライシス
突然翻訳が決まったタイトルの発売のほうが早かったりしてやきもき。


※こちらは原書版
関連記事

0 Comments

Leave a comment