ツルゴアXXX

ARTICLE PAGE

02 2011

今、フルアニMAXが熱い

2008年ごろにペンギン娘やらサンレッドやらを配信し、
その後本格的に多くのアニメチャンネルが開設され、ニコニコ動画でアニメが配信されるようになって随分経ちます。

その数多くの○○チャンネルのなかでも、
よりニコニコ的に盛り上がれる作品を配信しているチャンネルがあります。

それが『フルアニMAX』
毎週月曜~金曜の夕方6時に配信中のアニメの最新話を配信している(第一話はずっと無料配信)のですが、
そのアニメのチョイスが絶妙で、僕も今現在このチャンネルで配信されているアニメをメインに視聴しています。

【月曜日に配信】【黄金バット】
毎週登録タグをチェックするバットさん_convert_20111102030559
毎週登録タグをチェックするバットさん

第一話配信時にもちょっと取り上げたのですが改めて紹介。
1930年に誕生し、子供たちを夢中にさせた紙芝居作品に登場する日本最古のヒーローです。
フルアニで配信されているアニメ版でもその黄金バットさんのあまりにチートじみた強さが逆に広く受け入れられ、この2011年になってまた新たに多くの子供達や大きな子供達を熱狂させています。
話の流れや作画は今観ると古過ぎてシュールに写る光景が散見されるものの、黄金バットさんが絶対に勝つというテンプレ展開以外はかなり読みづらいものになっていて逆に新鮮に写るという今のアニメではなかなか観られない独特な面白さを持っています。
さらにヒーロー物として盛り上げていく演出もしっかり盛り込まれているのでニコ厨に毎度のように神回認定を受けるという高評価っぷり。
古い作品というのもあって悪意のあるネタバレが湧きにくく皆で新鮮な話を楽しめるという状況も盛り上がりを続ける要因にもなっています。
今イチオシのアニメ。



【火曜日に配信】【メダロット】
涙を見せちゃいけないよ(そのとおり!)_convert_20111102030607
涙を見せちゃいけないよ(そのとおり)

2011年10月25日に第一話が配信されたと思われたものの、実は権利調整が終わらないままタイマーで設定した時間に公開されてしまったとの事で、その後一旦非公開に。
しかし今月11月1日に無事再配信されたアニメです。
コミックボンボンで連載された漫画、かつ同名ゲームのアニメですが、実際の内容とは結構異なるのだとか。
ゲームもマンガも未見で、アニメも小さい頃にちょこっと見ただけなのでこの機会に観始めました。
とにかくよく動く&ノリが明るくテンポ良い作品で面白いです。
第一話から個性的なキャラクターが多くて今後どう展開していくのか楽しみ。



【木曜日に配信】【Get Ride! アムドライバー】
アムドライバー_convert_20111102030551
主人公の『やっちゃるぜ!』など、妙に頭に残る台詞回しが多いアニメ

こちらも新たに配信されたアニメ。一時期コナミが熱を入れていた子供向け作品です。
中身はヒーロー物のアニメ。
シナリオがとにかく高評価という事で観始めたのですが、さすがに第一話はキャラ紹介的な軽い内容に留まっています。
なんでも十話あたりから一気に内容が加速していくのだとか。
現在それに期待して見始めた状況な僕。
ただ一話にしてキャラの立っている人らが多かったりするので今後どう行動していくのかだけでも楽しみ。



【金曜日に配信】【人造昆虫カブトボーグ V×V】
ボーグ_convert_20111102030906
テレ東に放送拒否られた伝説のアニメ

先月10月21日に最終話が配信されたのに、
また第2話から配信されるというとんでもない高待遇のネタアニメ。
すっかりボーグ脳になってしまった視聴者はこの無限ループに飲み込まれる事態に。
このアニメはカブトボーグというおもちゃの販促アニメなのに、放送開始時にはボーグが生産終了してしまい、しかも放送がBSのみというひどい状況に立たされてしまい、スポンサーが「もう好きにやっていい」といった旨の発言をしたために脚本家達が暴走して屈指のネタアニメに変貌したという経緯を持つ作品なのです。
笑いの面では「狙っている」というのが他のネタアニメとはちょっぴり異なる特殊なネタアニメですが、「ここまで自由な脚本が許されたのか」と思わせられるスゴイ作品です。
(とはいえ46話あたりからはスポンサーにストップがかかってしまい、脚本が当初の構想から変わってしまったようですが)


そんなわけで今、ニコニコ動画でのアニメ視聴が熱いです!
なんかもう今はニコニコでアニメを観る事のが多くなってきた気がする。

普通のアニメチャンネルで配信されているアニメだと、ニコニコのコメントは茶々に感じてしまってコメ消ししちゃうことが多いのですが、フルアニMAXが配信するアニメはコメント含めて楽しむ事のできるモノをチョイスしてくれるのでホント堪らないです。
関連記事

0 Comments

Leave a comment