ツルゴアXXX

ARTICLE PAGE

14 2019

ヘレディタリー/継承

ヘレディタリー予告編ヘレディタリー/継承
【原題】Hereditary 2018年【米】


グラハム家の祖母・エレンが亡くなった。エレンは気難しく、謎の多い人物だった。エレンの遺品が入った箱には、「私を憎まないで」 というメモが挟んであった。エレンの娘アニーは、過去の出来事がきっかけでエレンに愛憎入り交じる感情を抱いていた。自らの人生を精巧なミニチュアで表現するアーティストであるアニーは、エレンとの暗い思い出をミニチュアにし、セラピーにも通っている。アニーは夫・スティーブン、内気な高校生の息子・ピーター、そして人付き合いが苦手な娘・チャーリーと共に家族を亡くした哀しみを乗り越えようとする。自分たちがエレンから忌まわしい“何か”を受け継いでいたことに気づかぬまま……。
やがて奇妙な出来事がグラハム家に頻発。不思議な光が部屋を走る、誰かの話し声がする、暗闇に誰かの気配がする……。祖母に溺愛されていたチャーリーは、彼女が遺した“何か”を感じているのか、不気味な表情で虚空を見つめ、次第に異常な行動を取り始める。まるで狂ったかのように……。
そして最悪な出来事が起こり、一家は修復不能なまでに崩壊。そして想像を絶する恐怖が一家を襲う。
“受け継いだら死ぬ”祖母が家族に遺したものは一体何なのか?

***

本作が長編映画デビュー作となる、アリ・アスター監督が手掛けるホラー映画。
新人監督の作品でありながら、サンダンス映画祭で発表されるとその恐怖描写と物語展開の緻密さから「ホラーの常識を覆した最高傑作」「現代ホラーの頂点」と批評家から最高評価を受けまくった話題作です。

本作は怪現象で恐怖を与える描写よりも、じわじわと家庭崩壊が進んでいく様がキツくて見ている側の精神に来るっていう作りです。作中で家族が見舞われる『あんな事故』が起こっても、家族だから一緒に生活しなきゃいけないのがもう……し、しんどい……!!それまでは「なんかずーっと不穏な雰囲気が漂ってるな」ぐらいの感じだったのですが、『事故』が起こってからの家族の雰囲気はまさに“地獄”の一言。

ホラー映画って何かしら不気味な怪物が現れたり、グロテスクな遺体を見せるなり、もしくは怪現象に大きなリアクションを見せてビックリさせたりとかするのが基本形なんですが、本作で登場人物が取るリアクションはもっと生々しい。
家族がだんだんバラバラになっていくこの現状に対してどうすればいいかわからなくなり、皆が精神的に疲弊していく様が実にリアルに描かれていくのです。
ホラーの歴史は長く、これだけ作品の数が多くなってくると真新しさを出すのが難しくなっていくものだと思うんですが、まだこういう切り口があったかと驚かされます。

それと本作は物語の序盤から緻密に伏線が張られており、エグすぎる結末に向かって少しずつ回収していくその構成がまた見事。
公式サイトでは本編に張り巡らされた「謎」についても詳しく解説されているので、鑑賞後に閲覧するのがオススメ。
※パスワード入力欄で「見る」と入力する必要アリ。
【観た人限定完全解析ページ | 映画『へレディタリー/継承』公式サイト】

で、本作は悪魔崇拝的な要素も盛り込まれてるんですけど、個人的に「悪魔崇拝」とか「悪魔憑き」を題材にしたホラーって日本の怖い話のジャンルだと馴染みが薄いのと、どうにもファンタジーな印象が強くて正直入り込めない事が多かったんですね。
でもヘレディタリーでのこれらの描写はめっちゃくちゃに気味が悪くて怖かったです。
少なくとも2018年のホラー映画の中では全てにおいてこの『ヘレディタリー/継承』がトップクラスなんじゃないかと思える出来でした。上映時間が2時間以上とホラーにしては結構ボリュームのある作りですが、カメラワークや演出、そして何度も言うようにストーリー展開が巧みなのでダレる事なく身終えてしまった。超オススメの一作!!

【21世紀最恐のホラー映画『へレディタリー/継承』:アリ・アスター監督が明かす制作秘話 - i-D】
【『へレディタリー/継承』主演アレックス・ウォルフが体験した地獄 - i-D】

 
関連記事

0 Comments

Leave a comment