ツルゴアXXX

ARTICLE PAGE

15 2011

『新ゲッターロボ』感想

新ゲ

【公式サイト】

OVAゲッターの3作品目にあたる『新ゲッターロボ』を全話観ました。
全13話、2004年の作品です。

この作品は『ゲッターロボ』の漫画版のようなバイオレンスな作風となっていて、
(前2作も『ゲッターロボ號』の要素があったりしたけど)
もっと言うと石川賢先生の作品のような展開で進んでいく内容でした。

ゲッターチームの顔つきも今作が一番石川絵に近い気がします。
その再現度たるや、公式サイトでも「ヒーローにして兇悪顔!」と言われるほど。

ストーリー

突如、人類に牙を剥いた者達がいた。その姿は古来から伝わる伝説の生き物「鬼」そのものであった。ゲッター線研究の第一人者である早乙女博士は、鬼達に対抗するべくゲッター線を動力とする巨大ロボット・ゲッターロボを開発するが、試作型のゲッターロボでは鬼に太刀打ち出来なかった為、新型のゲッターロボの開発とそれを乗りこなせるパイロットの選定を急ぐ事にした。

一方、東京・新宿で借金の取り立て人を相手に喧嘩に明け暮れる一人の男がいた。彼の名は流竜馬。後に自分がゲッターロボのパイロットとして鬼との壮絶な戦いに巻き込まれる事になろうとは、この時まだ知る由も無かった。


2011y08m15d_035922585_convert_20110815040232.jpg
マトモといえる登場人物が殆どいない新ゲッターロボ。
そもそもパイロットたちが超人的に強いというのもあって余計に人間離れしている感が見られます。

特にゲッター1のパイロットで主人公の竜馬は本作品では主役にしてもかなり目立っている印象。
戦闘シーンでもゲッター1の出番が圧倒的に多いです。

隼人と弁慶も充分に出番があるのですが、それを差し引いても竜馬の目立ちっぷりが凄いです。
企画段階から『流竜馬を主人公とした新しい「ゲッター」を作る』というコンセプトがあったのだとか。
2011y08m15d_035929411_convert_20110815040250.jpg
ゲッター2のパイロット、神隼人は、漫画版では学生運動の過激派グループを率いる存在でしたが、本作ではテロリストのリーダーとしてゲッター線に目をつけて早乙女研究所を襲撃するという役回りに。
漫画版の名シーン、『部下を粛清する隼人』が映像化されています。
名台詞と共に。
目だ耳だ鼻_convert_20110815042358
ちなみに序盤の頃こそ頭のネジが外れているかのような狂人っぷりを見せ付けますが、
割とすぐにクール系のキャラに移行するのも漫画版と同じ。
なんでこの人はすぐにイケメン化するんだろう。
2011y08m15d_035939090_convert_20110815040301.jpg
ゲッター3のパイロット、武蔵坊弁慶
本作の常識人ポジション。常識人なのにゲッターのパイロットに選ばれているのにはちゃんと理由があります。

完全新規のキャラクターですが、名前を見て分かるとおり、
原作のゲッター3のパイロットの『巴武蔵と車弁慶の名前を合体させたもの』となっています。
常識人ポジとはいえ、女好きで暴れん坊というどうしようもない性格となっていて、
相対的に他よりマシに見えるだけな気がせんでもないですが。
初登場シーンは『村を襲撃して捕まえた村の娘とよろしくヤル』というとんでもないもの。
その後旅の僧に改心させられ、その僧が住職を務める寺で修行を積んでいるという。
武蔵とも弁慶とも違うなかなか新しいキャラ付けで面白いです。

他にも早乙女博士完全にマッドサイエンティストなキャラクターとなっていたり、
ヒロインのミチルさんがそれまでの作品とは全く異なる、外見を含めてキツめな感じキャラクターとなっていたり、
(回想シーンではTV版風の外見だった)
主要キャラは徹底して悪人面だらけとなっています。
2011y08m15d_035900581_convert_20110815040154.jpg
本作のゲッター(新ゲッター)真ゲッター成分が濃く、旧ゲッターを少し混ぜたようなデザインとなっています。
暴力的な戦いっぷりが顕著。

3人が駆るゲッターの他にもプロトタイプゲッター(従来作品のゲッターロボ)ゲッター聖(セイント)ドラゴン(ゲッターの進化の行き着く先の一つで、ゲッターと人間が融合した異世界で竜馬が出会うゲッター)が登場。
2011y08m15d_040012219_convert_20110815040310.jpg
今回の敵は『鬼』
鬼といってもゲッターロボGの敵、『百鬼帝国』ではなく、
知性のようなものはあまり感じられない純粋な怪物キャラとして襲い掛かってきます。
しかもコイツに人間が噛まれると『鬼』になってしまうとかいうどちらかといえばゾンビ寄りな設定付き。
追い詰められると鬼獣なる巨大ロボを召還、コイツを倒すときはゲッターロボを駆る事に。

ストーリーの中盤では、
いきなり平安時代に飛び(パラレル的な世界観ですが)
そこで源頼光と協力して戦ったり、
平安時代で鬼達を統括する安部晴明と戦うという斜め上のストーリーが待っています。

この超展開っぷりも石川賢っぽい…かな?
ちなみに本作にも石川賢の作品が元になっているキャラクターや設定が登場します。
『柳生十兵衛死す』とか『虚無戦記』とか。
今までのゲッターには無かった『和風』の世界観が混ざり、(OP曲にも和風サウンドが)
熱いロボットアニメに多いはずの『正義』『愛』などの要素がまるで感じられない過激な作風が魅力的な『新ゲッターロボ』。

武蔵の守り刀・童子切丸というストーリーに関わる伏線安倍清明がゲッターと戦いたがる明確な理由、
全てを投げ出したかのようなラストシーンなど、
とにかく説明不足な描写が多いですが、その辺全てをひっくるめて気にせずに『熱ければよし!』と言える度量がいる感じはします。

僕は「OVAゲッターロボは狂気とバイオレンスを、そして理屈云々ではなくぶっとんだところを楽しむものだ!」と考えているので楽しめました。
ていうかきっと石川賢先生の作風を意識してるんだよ!

だから、ゲッターロボ&石川賢作品好きならおススメ。
そうでない人にはただただ暴力的なアニメにしか映らないかも。

【バンダイチャンネル ダイジェスト映像】


過激な言動や演出と、時空を超えたり平行世界に飛んだりする展開が多かったので、現時点で唯一のスパロボ参戦作品、
『スーパーロボット大戦NEO』ではストーリーがどう再現されてたのかが気になる。

スパロボNEOは小学生が主役の参戦作品が多いんですけど、
やっぱり鬼と化した人々を子供達の目の前で引き裂いてトラウマを植え付けたりしてたんでしょうか。
【祝参戦】子供たちの手本となる大人【新ゲッターロボ】

関連記事

4 Comments

久仁彦  

「フッフフ、清明など我らの中でも一番の小物に過ぎぬ」

我ら、の中にも入ってないか清明は。

>新ゲッター
コレ熱いですよね。
これ以外でゲッターに触れたことがない人間ですが、独特の禍々しさと熱気にヤラれたクチです。
隼人が2話目のキャラのまんまで進んだらどういう展開になっていたんだろう…。
特典映像でも石川先生や監督・声優を毎回呼んでて面白かったですねえ。

あと石川先生の漫画ですと「超護流符伝ハルカ」が凄かった覚えが。
ケン・イシカワにゴルフ漫画を描かせるなんて英断を下した編集部はバカか天才かどちらかです(おそらく前者)。

2011/08/15 (Mon) 18:03 | EDIT | REPLY |   

michael  

>久仁彦さん

>これ以外でゲッターに触れたことがない人間ですが、独特の禍々しさと熱気にヤラれたクチです。
さっそく記事の最後の文面否定されちゃった!なんか安心しました。
もうなんか石川ゲッターのノリをそのまま盛り込んじゃったような内容でしたがダイナミック系好きには堪らない話運びと演出でしたよ。

「超護流符伝ハルカ」は全く未見なのでレビューサイトをググってみました。
いきなり怪物がぶち殺されている画像が出てきてめまいがしました。

僕が初めて触れた石川先生の漫画は『餓狼伝説 -戦慄の魔王街-』という作品です。
格闘ゲームが原作なんですがすさまじい原作クラッシュぶりを見せ付けてくれました。
というか完全に石川漫画そのものと化していました。
石川先生にゲームのコミカライズをさせるのは無茶だったんだよ…

2011/08/16 (Tue) 01:46 | EDIT | REPLY |   

流浪牙  

俺も石川賢先生作品は好きですし、当作品も基本的には好きなのですが、
武蔵の守り刀・童子切丸というストーリーに関わる伏線や安倍清明がゲッターと戦いたがる明確な理由

の説明描写不足についてはチョット興褪め感というものを感じてしまいましたね(ラストシーンについては
それほど違和感を感じなかったのですけど)。いくら熱さ激しさが魅力の作品だからって、そういう所がおざなりだと
何だかなァ……と。ケン・イシカワ作品だって其の辺りは基本的にしっかりとしてたハズ、なのでして。

とりあえず俺としては石川賢によるアメコミ作品のカバー漫画を是非に実現して貰いたかったですね――と
今更ながらに惜しまれてならないのです。たとえば石川賢版バットマン石川賢版アイアンマンなど、
間違いなく最適であったはずなのに。

2013/05/05 (Sun) 08:11 | EDIT | REPLY |   

michael  

>>流浪牙さん
>石川賢版アイアンマン
石川賢先生にエクストリミス辺りのエピソードをカバーさせたら、きっと社長がアイアンマンに取り込まれたかのような描写が出てくるんだろうなあ(妄想)

2013/05/05 (Sun) 18:27 | EDIT | REPLY |   

Leave a comment