ツルゴアXXX

ARTICLE PAGE

24 2018

マジンガーZ / INFINITY

マジンガーZインフィニティ予告編マジンガーZ / INFINITY
2018年【日】


かつて世界征服を目論む悪の天才科学者Dr.ヘルによって滅亡の危機に瀕した人類。しかし“くろがねの城”と呼ばれたスーパーロボット“マジンガーZ”を操る兜甲児とその仲間の活躍により、平和な時を取り戻していた。
そして世紀の戦いから10年──。
パイロットを離れ科学者となっていた兜甲児はある日、富士山地中に埋まった超巨大遺跡インフィニティと、そこから現れた謎の生命体リサに遭遇する。そして、時を同じくして謎の復活を遂げたDr.ヘル。彼は無限の可能性を秘めるインフィニティで、かつての野望を完遂しようとしていた。
有史以来最大の危機、絶体絶命の状況の中、伝説のパイロットがマジンガーZと共に再び立ち上がる。

***

永井豪の画業50周年、そしてマジンガーZ放映開始45周年を記念して制作された、永井豪原作の『マジンガーZ』の劇場アニメ作品。
日本では2018年1月公開ですが、世界先行公開としてローマ国際映画祭でのワールドプレミアにてイタリア、フランスでは2017年10月、11月に公開されていました。
世界観はなんとアニメ版マジンガーZを引き継いでおり、シリーズ最終話から10年後を舞台とした設定となっています。それもあってグレートマジンガーの鉄矢やジュンも登場!ただし『グレンダイザー』関係の設定については一切言及されていません。まあ全部拾おうとすると脚本がとっ散らかるというのもあるのかもしれない。

水木一郎による新録版『マジンガーZ』の主題歌が流れたり、エンディングを吉川晃司が書き下ろしていたり、マジンガーシリーズの大ファンであるという宮迫博之があしゅら男爵の男性側の声を担当していたりなど、有名声優だけでなく著名人も参加しているのがミソ。
【「劇場版マジンガーZ」宮迫博之があしゅら男爵に声当てる、おかずクラブも参加】

声優は一新されていますが、アニメで兜甲児を演じた石丸博也氏は統合軍の艦隊を率いる司令官役を、そして弓さやかを演じた松島みのり氏は列車内アナウンスの声を担当しておりニヤリとさせられる一幕もあります。
今風の新キャラな人型アンドロイドのリサがストーリーに絡み、マジンガーZも若干デザインがリファインされていたりなど今どきなアプローチを織り交ぜつつ、続編としてしっかりTVアニメ版の設定を色々踏襲したり、過去の名シーンを挿入したり想起させたりする演出も盛り込んでいて胸が熱くなる!

ストーリーはもう小難しい内容とかもなく熱血展開一直線で、納得できるようなカオスなようなSF理論が入る上で大迫力の機械獣との連戦につぐ連戦が行われ、Dr.ヘル(地獄大元帥)との決戦に赴くというもの。かと思えばエンディングで若干の皮肉がこもったシーンもあり、シンプルでアツい物語の中にメッセージ性もこもっていて唸らされる。
個人的にDr.ヘルが世界を破壊する目的や、ラストバトルでの甲児との会話は印象深いシーンでした。

永井豪作品が、そしてマジンガーZが好きな人には間違いなくオススメだし、マジンガーZ知識に乏しくてもスーパーロボット愛があれば十二分に楽しめるロボットアニメ映画です。イチオシだ!!
【『パシフィック・リム』最新作、『マジンガーZ』とのコラボアート解禁】

 
関連記事

0 Comments

Leave a comment