ツルゴアXXX

ARTICLE PAGE

26 2018

バットマンの電子ゲームを遊んでみた

消滅したWEBページを閲覧できる『インターネット・アーカイブ』がなんと、ブラウザ上で『たまごっち』『パックマン』などといった電子ゲーム(LSIゲーム)をアーカイブし、ブラウザ上で遊べるようにするという試みを行っております。

2018y03m26d_172405718.jpg
【Handheld History : Free Software : Download & Streaming : Internet Archive】


インターネット・アーカイブでは以前にも最初期のマッキントッシュのソフトウェア(1984年~1989年まで)をブラウザ上で利用できるようにしていたりと、今となっては現物に触れることすら難しいソフトを保管してくれているため、普段から消滅したゲームサイトを閲覧したりなどして遊んだりするレトロゲームに興味のある自分としては、インターネット・アーカイブにはもうなんというか足を向けて寝られない状態であります。

2018y03m26d_172651612.jpg
【Software Library: Macintosh : Free Software : Download & Streaming : Internet Archive】

マック版プリンス・オブ・ペルシャ

んでもってマック版『プリンス・オブ・ペルシャ』をちょっと触ってみたりしていたのですが、いきなりゲームが起動するわけではなく、まず自分でOSを操作してソフトを起動させる必要があるのが味わい深かったりしました。

……話が脇道に逸れてしまった。
サービスがスタートした電子ゲームの方ですが、とりあえずバットマンとかスペースハリアー、まさかのスワンプシングのゲームにMCハマーのダンスゲームなど、色々ラインナップが充実していたので手当たり次第にプレイ。MCハマーのやつは多分、『最初にお手本を見て指示通りのダンスを踊る』というルールだと思われるんですが妙に難しい。

バットマンとかスワンプシングとか

バットマンの電子ゲームのやつは、どうやら1989年のティム・バートンの映画『バットマン』が公開された頃に発売したゲームみたいです。
発売元は『タイガー・エレクトロニクス社』な模様。

バットマンのLSIゲーム
【MAME: Batman (handheld) [tbatman]】

時に壁に張り付いたりして攻撃を避けつつ、バットラングを投げて敵を倒していくと最後にジョーカーが現れ、彼も倒すと次のステージへ、という構成。
1面から結構敵の攻撃が激しいのですが、3面以降は敵の攻撃がよりキツくなり、1~2面までは使う必要がなかった『前進』も駆使して敵の攻撃やトラップを避ける必要が出てきます。
っていうかホントに難易度高くて3面までしか到達できないんですけど!

例えば敵の鉄球を投げてくる攻撃とかは無駄に画面上に長く残る時があって、避けるタイミングが悪いと残っていた鉄球に接触してやられることがある。
それとジョーカーの毒ガス攻撃は攻撃位置が変に高いのもあって、初見時立ったまま回避するものかと思って何回も死亡した。
(実際は壁に張り付いて避ける)

2018y03m26d_170802588.jpg

しかしこういうルールが単純な電子ゲームって妙に没頭してプレイしてしまいますね……
ゲーム本編そっちのけで寄り道のミニゲームにハマッてしまうという家庭用ゲームあるあるのヤツだ……!

……まあそれはそれとして、操作説明にある『Pick: Left CTRL Key』がゲーム内でどういう意味を持っているのかがなんかイマイチよく分からないので誰か教えて下さい。
  
関連記事

0 Comments

Leave a comment