ツルゴアXXX

ARTICLE PAGE

16 2018

スパイダーマン:ホームカミング

スパイダーマンホームカミング予告編スパイダーマン:ホームカミング
【原題】Spider-Man: Homecoming 2017年【米】


ベルリンでのアベンジャーズの戦いに参加し、キャプテン・アメリカからシールドを奪って大興奮していたスパイダーマン=ピーター・パーカー。昼間は15歳の普通の高校生としてスクールライフをエンジョイし、放課後は憧れのトニー・スターク=アイアンマンから貰った特製スーツに身を包み、NYの街を救うべく、ご近所パトロールの日々。そんなピーターの目標はアベンジャーズの仲間入りをし、一人前の<ヒーロー>として認められること。
ある日、スタークに恨みを抱く宿敵“バルチャー”が、巨大な翼を装着しNYを危機に陥れる。アベンジャーズに任せておけと言うスタークの忠告も聞かずに、ピーターはたった一人、戦いに挑むが―。

***

『マーベル・シネマティック・ユニバース』第16作目の作品であり、映画『スパイダーマン』としては第6作目、かつ再リブートした新たな映画スパイダーマンシリーズの第1作目となる映画。なんかややこしいな!

ソニーピクチャーズはこれまでサム・ライミ監督の映画『スパイダーマン』を3作、次にリブート作品『アメイジング・スパイダーマン』を2作製作していたのですが、このアメイジング・スパイダーマンの興行収入が予想を大きく下回ったため続編とスピンオフの製作を中止、マーベル・スタジオとのパートナーシップを締結したことでスパイダーマンがMCUに合流し、『シビル・ウォー/キャプテン・アメリカ』に登場、そしてこの本作の製作に至ったとの事。

【なぜ『スパイダーマン4』の製作が頓挫したか…サム・ライミ監督が語る】

本作のスパイダーマンはもう過去に何度もオリジンが語られてきたのもあって、その辺の下りはばっさりカット!
映画の序盤からスマホをいじって自分の活躍を納めたyoutube動画を見たりするイマドキの子っぽさ、そして街のパトロールをするも結構ドジを踏むことも多いなど、15歳の未熟なスーパーヒーロー・スパイダーマンの姿をかなり明るいノリで描いてってます。

ピーターのおせっかいな父親的なポジションとして何度か顔を見せるトニー・スターク、そしてピーターのお目付け役であるハッピー・ホーガン、これまではヒロイン(メリー・ジェーンとかグウェン・ステイシー)とジョック(フラッシュ)ばかりを目立たせてきたクラスメイトも個性的な面々が増え、かなり学園コメディ的な様相を呈していたり。
おまけにメイおばさんがハチャメチャに若返ってなおかつセクシーな女性になっており、なんかもうとことんイマドキのコミックって感じの設定が目白押し!

あと本作に登場するヴィランのバルチャーがコミックのデザインからは大きくリデザインされ、メカメカしい飛行スーツに見を纏った敵としてスパイダーマンの前に立ちはだかるのですがこれがすっごくカッコイイ。
MCUのヴィランは結構原作コミックから大きくアレンジされていることが多いけれど、このバルチャーは特にツボなデザインでした。
バルチャーがメインヴィランというのは、なんだか頓挫したサム・ライミ監督の『スパイダーマン4』や『アメイジング・スパイダーマン3』を意識しているような感じがしなくもない。

【実現しなかった幻の「スパイダーマン4」のストーリーボード】
【幻のスパイダーマン : 片桐裕司ハリウッド映画のお仕事】
【ヴァルチャー、『スパイダーマン:ホームカミング』のヴィランに迫る!【アイアンマンとの因縁も!?】】

こんな何度もリブートされると流石にマンネリになるのではと思いきや新鮮味のある設定で固めて、なおかつスパイダーマンらしさも失わない絶妙なバランスで作られていて、加えて暗いストーリーになりがちだった映画スパイダーマンの雰囲気をガラッと変えて、初々しい青春コメディとスーパーヒーロー物のシリアスさを両立させておりました。
とはいえスパイダーマンらしく、ピーター・ラックを思わせる重い展開もきっちりあるのですが。

本作はすぐスパイダーマンのネガティブキャンペーンに走るJ・ジョナ・ジェイムソンが登場しないというのも快活な作風の後押しになっているかもしれない。
若干MCUの事前知識が求められる作りではありますが、新たな映画スパイダーマンシリーズ第1作としても、一本の作品としても非常にハイクオリティな一作でした。オススメ!

【トリビア満載!『スパイダーマン:ホームカミング』究極のイースターエッグ・小ネタまとめ】
【『スパイダーマン:ホームカミング』キャプテン・アメリカの未公開シーン多数!監督「ブルーレイに入れる」】

関連記事

1 Comments

No Name  

No title

マイケル・キートン大好き。
現役の役者ン中で一番好きかも。

2018/02/17 (Sat) 11:06 | EDIT | REPLY |   

Leave a comment